カテゴリー「ニッポンブラタカシ(東京、沖縄以外)」の200件の記事

2022-06-15

水海道の町並みをぶらぶら(下)

水海道の町でも銀行や商店が並ぶ中心部は「大通り」だが、歴史的な町並みは本町のあたりに集中している。

五木宗レンガ蔵

鬼怒川沿いに残る「五木宗レンガ蔵」。水運で栄えた当時の繁栄を今に伝える。

長田屋陶器店

五木宗レンガ蔵から100メートルほど、これまた赤煉瓦が印象的な「長田屋陶器店」。
ここを右に入ると、大通りに戻る。

220615c

昔はその名の通り栄えていたに違いない栄町だが、ご多分に洩れず、現在はシャッターが閉じ、看板が消された商家が並ぶ。

北川質店

栄町の中央にデンと立つ「北川質店」。すでに営業はしていないようだが、最近になって漆喰を塗り直したとのことで、白い外壁が美しい。

栄町の商家

更地をはさんで北川質店と並んだところにある商家。すでに営業をしていない。
正面はごく普通の看板建築だが、奥のほうまでおそらく母屋、蔵と続いている。

高田歯科医院

大通りと直行する「プラザ通り」は片側2車線で歩道もある広い道。
この建物は「高田歯科医院」。ドラマに出てきそうだ。

味わい深い商店建築

ここも営業はしていないが、こぢんまりしているが味わい深い商店建築だ。
左が商店で右が蔵、その間にある小さな門(?)のバランスがいい。左奥にちらりと見えるのが母屋か。

居酒屋から出てきたネコ

思いのほか、興味深い町並みがあったので、当初の見込みよりもずいぶん時間がかかった。
蒸し暑いなかをかなり歩いたので、裏通りを通って駅へ戻る。
すると、居酒屋から出てきたネコににらまれた。

常総線水海道駅

構内踏切が残る関東鉄道常総線水海道駅。何十年も前に車両基地があった駅裏には、ホテル・ルートインが建っていた。

2022-06-13

水海道の町並みをぶらぶら(上)

利根川の小堀(おおほり)の渡しが定休日だった5月25日水曜日、そのまま帰るのも惜しいので、関東鉄道常総線に乗って茨城県常総市水海道(みつかいどう)に向かった。鬼怒川の水運で栄えた町である。
常総線の写真を撮りに降りたことは何度もあったが、こんなに渋い町並みがあるとは不覚にも知らなかった。

220612a

水海道駅前から線路に直角に伸びる駅通りの途中にあった「岩見石版印刷所」。
横から見るとごく普通の日本家屋なのだが、この正面が異彩を放っている。

220612f

さらに進むと、駐車場の壁から隣の店から、昔の映画のポスターがびっしり。
どうやら、昔ここにあった「宝来館」という映画館を偲ぶものらしい。

220612b

昔は栄えただろうこの商店街も、今やシャッターが閉まったままの店が大半を占めている。
突き当たりを左右に走る「大通り」が見えてきたあたりに、駅通り商店街華やかなりしころを偲ばせるアーチが架かっていた。

220612c

大通りにある江戸屋薬舗は、江戸時代から薬草をはじめとしてさまざまな商品を取り扱った廻船問屋。この建物は、1859年に建てられたものとのことで、外壁は1階が煉瓦貼りで、2階が黒漆喰仕上げなのがおしゃれだ。

220612d

これも大通りに面した旧報徳銀行水海道支店。報徳銀行は統廃合を経て関東つくば銀行となって、この建物は常総市が譲り受けたとのこと。関東つくば銀行はその後の合併で筑波銀行となっている。

(つづく)

2022-06-12

水戸街道 取手宿の残り香

利根川を渡る小堀(おおほり)の渡しに乗ったのは、6月2日の木曜日。
実は、その前の週にも出かけたのだが、なんと水曜日が渡し船の休業日であった。すでに地元の足ではなく、観光用であるからしかたない。
せっかく取手までやってきたのだからと、水戸街道の取手宿をぶらぶらすることにした。

取手駅東口近く

 上の写真は宿場とは関係なく、取手駅から旧水戸街道に向かう途中にあった看板建築の連続。
飲み屋が多かったが、この写真のように不動産屋もあった。

取手駅東口近く

背後の小高い丘には長禅寺という臨済宗の寺がある。その丘の縁に、こんな建物が一皮分だけずらりと並んでいるわけだ。
もしかすると、この丘は古くは古墳だったのかもしれないと、勝手に想像をめぐらしてみる。
北関東には、意外に小規模な古墳が点在しており、その跡が寺や神社になっていたりする。

新六本店と田中酒造店

そして、旧水戸街道へ。この区間は常磐線とほぼ直角に走っており、現在の江戸川と並行している。
写真の左側の建物は奈良漬の「新六 本店」、右が「田中酒造店」。並んで建っているのだから、古くは親戚だったのかと、また勝手に想像をめぐらせてみる。
新六の建物の背後には蔵が並んでいた。

旧水戸街道

古い宿場の面影を残す建物としては、旧本陣が残っている。茅葺き屋根の立派な建物だが、内部の見学は金~日曜日だけとのこと。
上の写真は看板建築の商店なので、せいぜい昭和になってからの建築だが、それでもここでは古い建物になっていた。
おそらく、昭和の終わりごろまでは、この道沿いにこうした商家が並んでいたのだろう。

林に飲み込まれそうな建物

長禅寺の丘の周囲をぐるりとまわり、取手ブラタカシも終わろうとしていたところに目に入ってきたこの建物。
沖縄料理店だった。背後の林に建物が飲み込まれようとしているみたいだ。

2022-06-10

取手の飛び地、小堀(おおほり)をぶらぶら

取手の「ふれあい桟橋」から渡し船に乗って小堀(おおほり)に到着。
三日月形をしたこの集落は、利根川の流路変更によって新利根川と旧利根川にはさまれてしまった土地だ。
そして、市境(取手市と我孫子市)も県境(茨城県と千葉県)も昔のままだから、結果的に小堀は取手市の飛び地になってしまった。
つまり、(新)利根川の南岸にあって茨城県であり、周囲を我孫子市に囲まれている。
そんなおもしろい土地だから、かねてから足を運んでみたいと思っていたわけだ。

古利根沼

上の写真は、利根川の流路変更で取り残された古利根沼。蛇行していた川が氾濫によって短絡して、昔の川跡が三日月湖になるのだが、これは人工的にできた三日月湖である。
確かに今の利根川より幅は狭いが、どことなく味わい深い。

小堀の寺

小堀は、かつては利根川の水運で栄えた土地である。川が蛇行していたからこそ積み込み、積み出しに便利だったのだろう。
江戸時代は、ここ小堀と上流の関宿が港として栄えたのだという。

今の集落を歩いていても、昔を偲ばせる商家があるわけではないが、それでも由緒ありそうな寺を発見した。

小堀の寺

寺の敷地に入ると、なにやら不思議な形の灯籠が!
帽子のようにして乗っている石は、ごつごつして穴があいているので溶岩ではないかと思う。

小堀のネコ

梅雨入り直前の晴れ間のなか、さらに小堀をブラタカシ。あじさいが咲きはじめた家の前で、地元のおネコさまにごあいさつした。

さて、古利根沼の南側は千葉県我孫子市になる。成田線湖北駅方面に向かう古利根通りを歩いていると、分かれ道に「足尾山神社」という標識を発見。その先は急な坂道になっていて2、3秒ほど逡巡したが、せっかくだからと坂を登ることにした。

足尾山神社

民家の間を通り抜けて、意外にすぐのところにあったのがこの社殿。実にいい雰囲気だ。

足尾山神社

足尾山神社は、足の病やけがに効験あらたかとのことで、わらじ、靴、サンダル、松葉杖などが奉納(?)されていた。
ここから湖北駅までは20分ほどの道のりである。

2022-06-07

利根川の小堀(おおほり)の渡しに初乗船

あらゆる締め切りから久しぶりに解放された6月2日、前週に水曜運休と知らずに訪れた茨城県取手市の「小堀(おおほり)の渡し」に再挑戦した。小堀と書いて「おおほり」と読む不思議さもさることながら、小堀の集落が利根川の南側にありながら、千葉県ではなくて茨城県取手市の飛び地になっているのが興味深い。

小堀の渡し

小堀が飛び地になったのは、明治末から大正9年(1920年)に行われた利根川改修工事によるものだ。蛇行していた利根川がまっすぐに流れるようになったことで、小堀地区は南岸に取り残された形になってしまった。
そこで、不便を感じた地元の人たちが、対岸の取手市との間に渡し船の運航をはじめたのだという。
上の写真は、利根川北岸にある「取手ふれあい桟橋」という、ちょっと気恥ずかしい名前の乗り場である。

小堀の渡し

渡し船は何か所かで運航されていたが、戦後まで残った1本が1967年になってようやく市営化された。
その後、道路が整備されたことで地元の足としての役目を終え、近年では観光や小学生の社会見学に利用されているそうだ。
乗り場のすぐそばには常磐線の鉄橋が見える。

小堀の渡し

現在運行している船は、2020年に就航した新造船だ。甲板から階段を下りたところにエアコン完備の小さな船室も用意されている。
平日の日中ということもあって、14時35分発のこの便は乗客が私一人という貸し切り状態。200円を払って乗船した。
上の写真は、ちょっぴりアマゾン川の探検に似ていなくもない。

小堀の渡し

晴れた空のもと、10分たらずで小堀の桟橋に到着。ここは利根川の南岸なのに茨城県であり、千葉県我孫子市に囲まれている。

小堀の渡し

小堀乗り場にある小さな待合室。
1日7便が、昼休みを除く日中1時間おきに運航している。

遠くに筑波山を眺める

取手に引き返してもいいのだが、天気もいいし、せっかくなので、江戸時代に水運で栄えたという小堀を見学することにした。
堤防に上がると、遠くに筑波山が見える。この山は形が独特で、しかも周囲に山がない独立峰だから間違えることはない。

船の乗り場や時刻表など、小堀の渡しについて詳しくは、「取手市/小堀の渡し」をご覧ください。

2022-04-30

思いがけず出会った武生の見事な町並み

ながながと書いてきた4月はじめの福井への旅の最終回。米原経由で帰るので、福井駅から特急に乗ってもいいのだが、あえて福井市内から福井鉄道で武生へ。福井鉄道はこれまでも写真を撮ってきたし、今庄の町並みも20年ほど前に行ったことがあるので、今回は2時間あまりで武生をぶらぶらしようという計画である。

あまり期待せずに町を歩いていたら、次々と目の前に出現する古い商家や蔵に目がくらくらしてしまった。もっとアピールするべきだと思うのだが、新幹線の開通待ちかな。

福井鉄道越前武生駅

宿泊したホテルに近い大名町からは、わざわざ福井駅まで歩いてJRで武生に行くよりも、大名町から福井鉄道でそのまま武生に向かったほうが、やや時間はかかるが便利だ。運賃400円は安い。
そして、武生新……おっと駅名が変更された越前武生駅へ。新幹線が開通すると、また駅名が「たけふ新」になる予定とのことだ。

武生の町並み

駅から5分ほど歩いて町の中心部にて出ると、こんな商家がずらりと並んでいる。しかも、地方都市の例にもれず外を歩く人が少ないので、人を入れた写真がなかなか撮れない。看板が出ているのは「田中時計店」

武生の町並み

これは「小澤金物店」。金物屋のはずなのに、軒下にはなぜか薬の看板が並んでいる。

武生の喫茶店「884HAYASHI珈琲」

ちょっと疲れたので、蔵を改造した小さな喫茶店「884HAYASHI珈琲」に突入。先客は地元の高齢の方3人。女性2人と男性1人がよもやま話をしているのがいい雰囲気。コーヒーを飲みながら、センチメンタルな気分で旅を振り返った。

武生の喫茶店「884HAYASHI珈琲」

注文したのはコーヒーと水ようかんのセット。上品なコーヒーと甘みを抑えた水ようかんが、旅の疲れを癒してくれる。

武生の町並み

武生の町は、あちこちに古い町並みが残っている。北側の福井市は空襲や福井地震があり、南側の敦賀は軍港だったために大規模な空襲があったが、ここ武生は大規模な被害を受けずに今に至っているわけだ。
ここは、名産である箪笥の専門店が並ぶ、その名も「箪笥通り」。

武生の町並み

ひらがなの看板が味わい深い漆の店

武生の町並み

満艦飾の看板が楽しい「藤井善商店」
いつのまにか2時間がたち、日も傾いてきたので歩いてJR武生駅に戻ることにした。

(2022年4月 福井の旅・終)

2022-04-29

水路が心地よい福井市東郷の町並み

新装なった福井駅前のバス乗り場で、12時発の62系統東郷線の京福バスを待つ。一乗谷、朝倉館、復原町並みを経由するので、歴史好きらしい中高年のグループも見られる。やがて乗り場にやってきたのは、コミュニティバスのような小型バスだった。
「おや、途中で狭い山道でも通るのか?」と思いながら車上の人となった。

福井市東郷の町並み

東郷は福井市内にあって宿場町として栄えたのだと聞いていた。もっとも、古い民家や商家は少なく、それよりも街道の中央を走る水路が趣深いという情報を得ていた。

東郷の中心部では降りずに、中心部の東端に近い小安で下車。このあたりは普通の宿場町の町並みだ。上の写真の右にあるのは、ちょっと珍しい外観の造り酒屋。左は眼鏡屋である。

福井市東郷の町並み

バスを降りて中心部に戻ると、車窓からも見えた足羽川用水(堂田川)が現れる。
よくあるのは、旧街道の道の端近くにちょろちょろと流れる用水だが、ここはそれなりに交通量のある道のまんまんなかに、これだけの幅の水路が流れているのは珍しい。水路をはさんで道路はそれぞれ片側通行になっているから、大型バスじゃ通行できないわけだ。

福井市東郷の町並み

水路の両側は整備されて散歩道になっていた。右下には河童がコンクリート詰め(!)になっている。それとも風呂に入っているのか?
安全優先の日本には珍しく、水路に柵がないために景観はすこぶるよい。ただ、夜中に酔っぱらって歩いていると水路に落ちる恐れがないでもない。河童に引き込まれないようにという注意喚起……なのかも。

福井市東郷の町並み

水路には鯉も泳いでいた。水路は浅く、誤って落ちたとしても、よほどのことがなければ溺れることはないだろう。
道路の向こうの駐車場が京福バスの東郷停留所で、小型バスが1台待機している。

福井市東郷の町並み

東郷地区にはコミュニティバスも走っている。
「トックリ軒」とは、このバス停の前にある食堂。地元ではおいしいと評判の店だそうだ。バスの愛称になっている「おつくね」とは、おにぎりのことらしい。なぜ、おにぎりが名物になるのか不思議だったのだが、どうやらおいしい米がとれるかららしい。

越美北線の越前東郷駅

町はずれには越美北線の越前東郷駅もあるが、次の福井行きは2時間半後。停車中のタクシーは、福井から30分後に到着する下り電車を待っているのだろう。駅にも、「東郷名物おつくね」というステッカーが貼ってあった。

京福バス東郷線の小型バス

列車まで2時間半も待つわけにはいかないので、1時間おきに走っている福井駅前行きの京福バスに乗車。
やってきた小型バスの車内は、一乗谷観光帰りの中高年で満員だった。朝倉館近くに復元された「復原町並み」も見事らしいが、やはり実際に生活感のあるこの東郷の町並みは見てよかった。

2022-04-25

えちぜん鉄道 小舟渡駅の絶景

2022年4月初頭の旅のつづきである。前日、えちぜん鉄道永平寺勝山線の車窓から見た九頭竜川の風景が忘れられず、列車の走行写真を撮ってみようと小舟渡駅で下車した。

2日続けて同じ路線に長時間乗るのも面倒だとは思ったが、よく考えると山が雪化粧しているのは今のうちだからこそであり、川の流れが早いのは雪解け水で増水するこの季節だからこそだと考え直した。
たまっている仕事はあったが、朝早く起きてホテルの部屋で片づけ、眠い目をこすって福井駅からえちぜん鉄道の客になったのである。

えちぜん鉄道 小舟渡駅

小舟渡とは、ゆかしい駅名である。そういえば、東北には大船渡がある。
確かに対岸に集落があるから、小舟の渡しがあったのだろうか。今では駅のすぐそばに橋が架かっていた。
山の風景はといえば、前日よりはやや山が霞んでいたが、まあ十分に見える。山と川が織りなす絶景に、塵労に疲れた心が癒されるのであった。

えちぜん鉄道 小舟渡駅

対岸へ渡る橋は老朽化して、工事を待っているようだった。車両通行止めの立て看板が架かっていたので車は通れない。おかげで、車を気にすることなく、橋の上からのんびりと撮影できた。右手に小さく上り電車が見える。

えちぜん鉄道 小舟渡駅付近

次にやってきたのが下り電車。私が乗った次の電車だから、この駅に到着して30分後ということになる。小舟渡駅の発車直後のシーンである。日がべったりとあたった写真となった。

えちぜん鉄道 小舟渡駅付近

上の写真と同じ列車を、後追いで撮影。こちらの風景のほうがいいけれど、残念ながら前面には日が当たっていない。午後になればこちら側が順光になるのだが、そのころには山が霞んでいることだろう。

えちぜん鉄道 小舟渡駅付近

対岸へ渡る橋の上からサイドビューを撮影。1両しかない車両が、ぴったりと橋のトラスに収まった。

えちぜん鉄道 小舟渡駅待合室

この日は勝山には行かずに、小舟渡から福井にとんぼ返り。駅の小さな待合室の窓が、まるで風景画のように見えた。結局、昼前の上り2列車、下り2列車をこの駅で見たのだが、私以外に乗降客はなかった。川の流れる音だけが聞こえるなかで過ごした1時間は、かけがえのないひとときであった。

2022-04-23

福井鉄道にちょい乗りしてちょい撮り

JR越美北線で福井におとなしく戻ればいいのだが、その途中でふと思いついた。福井駅の1つ手前(そして書類上では越美北線の起点)である越前花堂(はなんどう)駅に降りてみようと考えた。
越前花堂から福井鉄道の花堂までは、歩いてすぐだとGoogle先生も示していた。降りたことのない駅で降りるのも楽しいし。

福井鉄道花堂駅付近

越前花堂駅の上には工事中の新幹線の高架橋がずらっと並び、圧迫感は相当のものであった。駅前も殺風景でちょっと残念。

福井鉄道の踏切近くには柵も障害物もないので、ちょっと待って走行写真を撮ることにした。
まずやってきたのは、元名鉄の880形である。後ろに見えるアーチ状の建造物は、分岐器を積雪から守るスノーシェッドのようなものだ、確か。

福井鉄道花堂駅

踏切から200mほど歩くと花堂駅に到着。急行は停車しないが、味わい深い駅であった。
やってきたのは広告電車で、これまた880形だった。

福井鉄道花堂駅

福井方面の普通列車を待っている間、武生方面行きのホームを通過して行った急行列車が、えちぜん鉄道所有の「キーボ」だった。
黄色い電車だし、運がいいということにした。

福井鉄道赤十字前駅

そのままホテル最寄りの福井城址大名町まで行こうと思っていたら、赤十字前駅で車窓にこのデキ11が飛び込んできた。
駅名で油断をしていた。旧名の「福井新」だったら、「何かおもしろい車両が停まっているかも」と注意していたのに……。
気づいたときにはすでに発車していたので、「次の木田四ツ辻で降りて歩いて戻ろう」と考え直す。
すると、その木田四ツ辻も名前が変更されていて、「商工会議所前」になっていたではないか。駅名が大幅に変わったことは知っていたが、実際に来てみると、もう何がなんだかわからない。

デキ11

とにもかくにも、福井新……じゃなくて赤十字前まで戻って、デキ11をなめるように見て写真を撮った。
まだ現役で残っていたとは知らなかったので、ちょっとばかり感動である。

福井鉄道赤十字前駅

これが残っていたことにも感動。福井鉄道といえば、やはりこれ!
色褪せていたけれど健在だった。
「警報機がジャンジャン鳴っている」と書かれているが、ごく一般的な警報機の音である。
昔はどうだったのかは記憶にない。

2022-04-22

美しき越美北線の車窓

大野市(越前大野)は家並みに加えて店の看板が興味深かった。
前回も書いたように、最近になって新調(復活?)したらしき看板もあれば、何十年も前のままに掲げられた看板もあって興味はつきない。

越前大野駅への道で

上の写真は、町の中心部から越美北線越前大野駅に向かう道沿いにあった看板。
「薬種 天産物問屋 澁谷貞作商店」とある。民間薬、漢方薬の材料の問屋だったのだろうか。
おばさんが植木に水をやっていた。

越前大野駅への道で

不思議な看板。「くろねこ」と書いてあるのは何を意味するのか?
アパートでもなさそうだし、ペット屋でもなさそう。
向こうに見えるのは「やまざき旅館」。駅前旅館というには、300mほど離れているが、昔ながらのたたずまいが趣深い。

越前大野駅

そして、やってきたのが町はずれにあるJR越美北線(愛称:九頭竜湖線)越前大野駅。
この4月からは、えちぜん鉄道勝山駅、越前大野駅と周辺観光地を結ぶミニバス(?)を運行する旨のポスターが駅に貼りだされていた。

越前大野駅

とはいえ、発着する列車がこれだけというのが寂しい。越美北線(愛称:九頭竜線)の時刻表。
福井方面(上り)が7本、九頭竜湖方面(下り)が5本である。しかも、うち1往復は工事のために運休する日があるという。
大野より人口が少ない勝山には、えちぜん鉄道の電車(電化されている)が30分おきに走っていたのに……。
福井駅前までの路線バスは日中も1時間に1本ほどが走っている。

越前大野駅

しばらくすると、JR西日本のローカル線でよく見るキハ120が1両で到着。
どうせ客が少ないのなら、もっと豪華で座り心地のよい座席にすれば、乗りたいと思う人も少しは増えると思うのだが。
もっとも、思ったより客は多く、地元の人のほうが多かった。車社会とはいっても、やはり公共の足は必要である。
福井までの所要時間はバスと大差ないが、運賃は鉄道のほうが安い。


列車の後ろのほうに乗ると、窓の外に絶景がひろがった。白山連峰の南側にあたる山々だろう。
思わず立ち上がり、スマホで動画を撮影。こういうとき、ワンマン列車だと車掌がいないので思う存分写せるのがいい。
昔だったら周囲の目が気になって照れくさいところだが、最近はカメラやスマホで撮影するハードルが下がったのが喜ばしい。

一乗谷駅

途中でこんな駅が。小さな駅ではあるが、歴史好きと思われる中高年のグループが何人も乗り込んできた。
福井までは約1時間の行程である。

国鉄時代の1982年には、逆コースで越美北線の終点九頭竜湖まで乗り、そこから国鉄バスで越美南線の北濃へ。そして越美南線で美濃まで乗って名鉄美濃線に乗り換えるという旅をしたことを思い出す。
いまは、越美北線と南線を結ぶバス路線もなくなってしまった。
下の2枚の写真は、そのときに撮ったものだ。上が越美南線北濃駅、下が越美北線九頭竜湖駅である。

1982年の越美南線北濃駅

1982年の越美北線九頭竜湖駅

より以前の記事一覧