カテゴリー「蔵出し旅写真(海外編)」の10件の記事

2012-02-11

ルーマニア サツマーレ 1985年

まだ、ルーマニアにチャウシェスクという独裁者がいたときの話である。
首都のブカレスト(ブクレシュチ)から夜行列車に乗って、終点のサツマーレ(サトゥマーレ)という町に向かった。サツマーレは、ルーマニア北部にある、やや大きな町である。

サツマーレ市内

なぜそんなところに行ったかというと、北部にあるマラムレシュ地方に行きたかったからだ。
マラムレシュでは、普段着として民族衣装を着た人たちが、昔ながらの生活をしているということは知っていた。だが、当時の日本ではルーマニアの田舎の情報などほとんどない。
もちろん、探せばブカレストからツアーがあったようだが、団体旅行じゃつまらない。
そこで、とりあえず近くにある大きめの町まで行ってみようと思ったわけだ。

サツマーレ市内

だが、サツマーレのバスターミナルに行ってがっかり。マラムレシュ行きのバスは朝6時ごろに出てしまっていた。次のバスは午後のようである。
マラムレシュに行くには、別の町であるバイアマーレのほうが便利だと知ったが、すでに後の祭りであった。

今だったら、計画を練り直して、日を改めてマラムレシュに行くだろうが、若かった私はもう面倒くさくなってきた。ホテルに荷物を置いて、その日は市内をぶらぶら散歩することにした。
サツマーレ市内は、適当に近代化された地方都市といった様子で、町自体には面白みがなかった。

サツマーレ市内

だが、おかしかったのは、町ですれ違う人、すれ違う人が、みんな私に興味津々の目を向けるのである。
どうやら、初めて東洋人をナマで見たという印象だった。
当時の私はまだ20代。そんなやつが、なんでこんな町に来て、カメラでパチパチ写真を撮っているのかと思ったのだろう。
私に向かってなにごとか呼びかける人、私の顔を見てぎょっと後ずさりする人、私に向かって空手のポーズをする人などなど。

サツマーレ市内

当時、すでにインドに行ったことのある友人が、同じような経験をしたと言っていたのを思い出した。だが、ここはいやしくもヨーロッパである。
まあ、けっして嫌な感じではなく、純粋に好奇心と驚きの感情から出たのであろう。
当時の日本の田舎でも、外国人が突然やってくれば、そんなことになるだろうと思って、私は苦笑いするしかなかった。

ところで、左の写真に見えるバスは、確かメタンガスを燃料にして走るもの。
屋根の左右に細長いガスタンクを載せている。


当時のルーマニア政府は、経済不振に対して徹底的な倹約という政策をとっていた。
だから、国民もめったに肉を食べることができず、耐乏生活を強いられていたという。
そして、輸出できるものは輸出して、なんとかやりくりしていたのである。
国民の生活はひどかったが、借金の額が少なかったおかげで、他の東ヨーロッパ諸国にくらべて、社会主義政権崩壊後の経済復興が比較的スムーズにいったとも聞いている。

メタンガスのバスも耐乏生活の一環だったろうが、今となってみると、最先端の省エネ技術のように思えてくる。

何はともあれ、当時のサツマーレの町を写した人なんて、ほとんどいないだろうから、ちょっと珍しい記録なのではないか。

サツマーレの蒸気機関車

そして、町はずれにある駅の近くにやってくると、ちょうど蒸気機関車が貨車の入れ替えをしていた。
社会主義国では露骨に鉄道施設なんかを撮っていると、警察に連行される恐れがある。
ちょっとビビッたが、これは千載一遇のチャンスである。
「撮らない手はないぞ。なんか言われたら、そのときのこと」と腹をくくって線路に近づいて撮影したのが、上の写真である。

サツマーレの蒸気機関車

撮影をしていたら、近くのスピーカーから、がなり声が聞こえてきた。
「ぎゃっ、見つかったか」と心配しつつも、ここで逃げたりしたら、かえって疑われてしまう。
しばらくそこに立ち尽くしていると、2、3分おきに声が出てくることに気がついた。
どうやら、機関車の入れ替えに対して、いろいろと指示を出していたらしい。
ほっとして、その場をそそくさと離れた私だった。

駅のそばの踏切にくると、荷馬車が、蒸気機関車の通過を待っているのが見えた。
最後の写真である。

その後、1989年にチャウシェスクが死んで新生ルーマニアが誕生。
1999年には、マラムレシュ地方にある木造教会群が世界遺産に指定された。
ルーマニアにやってくる観光客も、ケタ違いに増えただろう。

当時のマラムレシュに行かずに帰ってきたのは残念だが、サツマーレという町で普段着のルーマニアの地方都市の姿を見ることができたのは、いい体験だったと思っている。

2011-10-07

スペイン南部 鉄道の旅 1981年

久しぶりの「蔵出し旅写真(海外編)」。今回は、いまから30年前のスペインの旅である。
バルセロナ、マドリードからアンダルシア地方をめぐって、イベリア半島南部からポルトガルに抜けたときのこと。
今でこそ、スペインにも高速鉄道が快走しているが、当時は本線でさえ古めかしい車両がのんびりと走っていたものだった。

ウェルバ駅のタルゴ

そんななかにあって、日本の鉄道ファンにも知られた人気列車がこれ。南部のウェルバ(Huelva)駅に停車中の「タルゴ」だ。
レール幅の違うスペインとフランスを直通する、可変軌間対応の客車を使った寝台列車である。
ウェルバ駅は、現在近代化工事中という話を聞いた。もう、すっかり変わってしまっているだろう。

アルカサール駅

これはスペイン中南部のアルカサール(Alcazar)駅。『ドン・キホーテ』の舞台になった地方である。
特急の指定席が満席だったので、ローカル列車に揺られて途中下車してみた。
周囲は茫漠とした平原で、丘の上のところどころに、ドン・キホーテが突撃したような風車がまわっていた。

レールバス

一応、鉄道ファン、鉄道模型ファンのために、形式写真も撮りました。
プレートを見ると、ドイツ製の車両のようである。日本式にいえば、レールバスのようなタイプ。
ローカル線はもちろん、本線を走る普通列車の多くも、この車両が活躍していた。

トコン・イ・モンテフリオ駅

そんなローカル列車の車窓から撮影した小さな駅。
駅名は、「Tocon y Montefrio」(トコン・イ・モンテフリオ)と書かれている。
用事があるんだかないんだか、近所の親父が何人も、日なたでおしゃべりしている。
こんな駅は、生きている間に二度と見られないだろうと思っていたが、ネットの威力は絶大で、この駅の最近の姿を、ここ で見ることができる。

車内

これがレールバスの車内。まさにバスである。
ここで聞くスペイン語の響きは、それまで耳にしたイタリア語と似てはいたが、のどの奥から勢いよく空気を出す「ja」「jo」(強いハ・ホ)の音が耳に残った。

アヤモンテ駅

順番が前後したが、これがスペイン国鉄の南西端にあったアヤモンテ(Ayamonte)駅である。
ウェルバから何時間かかったか忘れたが、平原のなかを、はるばる揺られてきたという感じだった。
夕日に照らされた車両が印象的である。
今は、ウェルバ~アヤモンテの鉄道路線は、廃止になってしまったらしい。

終点のここで下車して、町の中を西に向かって歩き、10分ほどすると川に出る。
その川を小さなフェリーボートで渡ると、そこはポルトガルだった。

2011-02-18

ウランバートル駅 1985年

1981年のシベリア鉄道乗車(ナホトカ~モスクワ)に引き続いて、1985年にもシベリア鉄道に乗った。
ルートは北京発モンゴル経由モスクワ行き。1週間の行程である。
今回は、そのなかからウランバートル駅に停車中の写真。

ウランバートル駅

確か、1時間ほど停車していたと思う。
駅舎はがらんとしていたが、思っていたよりもずっと近代的だった。
そして、何よりも印象的だったのが、これ。

ウランバートル駅

人民服を着たおじさんたちが、駅舎をバックに楽しそうに記念写真を撮っている。
当時の中国で、国外に出て活動をするのだから、おそらくある程度高位の官僚ではないかと思う。
それまでは中国の役人というと、堅苦しくて融通が利かないという印象があったが、みんな子どもみたいにはしゃいでいた様子を見て、そんな先入観が一挙にくつがえされた。

ウランバートル駅前

駅のホームには改札はもちろん、塀も柵もなく、どこからでも外に出られる構造になっている。
そこで、さっそくカメラを持って駅前の写真をとることにした。

ウランバートル駅前

駅は町の端に位置するために、人通りも少なく、閑散とした印象があった。
ネットで写真を見ると、駅舎自体はほとんど変わっていないようだが、駅前はすっかり変わってしまっているようだ。再訪したらびっくりすることだろう。
みんながあまり記念写真を撮っているものだから、私もつられて同じ列車に乗り合わせた人に頼んで1枚撮ってもらった。

ウランバートル駅前

だんだんと大胆になって、同乗の人たちと一緒に、バックに写っている建物まで出かけていった。
そこではパンを売っていたので、買ってみたいと思ったが、モンゴルの金がない。
食堂車でドルで支払ったときのお釣りの小銭を思い出して、差し出したが、店員は受け取ろうとしない。
どうやら、あまりにも小銭すぎて買えないようである。
相手にしたら、モンゴル語もわからない外国人がやってきて、小銭を出してわいわい言うのだから、さぞ迷惑だっただろう。

ウランバートル駅

店の外に出ると、ウランバートル駅の全景が見える。
まるっきり逆光だったが、記念のためにと撮ったのがこの写真である。
駅舎の左横には、停車中の車両の影が見える。

さて、戻ろうかと思ったときに、たまたま通りかかったのが、下の写真のご夫婦(たぶん)である。

ウランバートル駅前

「カッコいい~」
思わず叫びそうになった。
まさに、写真でしか見たことのなかったモンゴルの衣装! 伝統的ながら新鮮。
そのまま、ファッションショーで使えそうな服である。帽子もいい。
素材もよさそうである。はたして、何か祝い事でもあったのか、それともほんの普段着なのかわからないが、失礼も省みず思わすパチリと写真を撮ったのであった。

2010-10-30

シンガポールの中華街 1989年

寒くなってくると思い出すのが暑い国を旅行したときのこと。
行ってみると、「もう暑いのは嫌だ」と思うのだが。

シンガポールの中華街

1989年3月、タイ、スリランカ、インド、ネパールを経てシンガポールにやってきた。
前もって聞いていたとおり、よくも悪くもきれいな町だったが、そんななかで心ひかれたのが昔ながらの中華街。上の写真のように、どこか絵のなかの世界のように見えた。

シンガポールの中華街

夕方になると人通りも多くなり、勤め帰りの人が次々と食堂に吸い込まれていく。
レストランというのではなく、まさしく食堂である。
広い間口はすべてドアが開け放され、通りから丸見えだ。店内には、まさに大衆食堂でよく見かける安っぽい4人用のテーブルが数えきれないほど不揃いに並び、そのテーブルの両側では満員の客がみないっしんに箸やスプーンを動かしている。

もちろん、私もぶらぶらと夕方の散歩をしたのち、客が少なくなったころを見計らって、その店で晩飯を食べた。
いわゆるチリソースの炒め物が、実にクリアで刺激的な味だったことを覚えている。

だが、時間がとまったような中華街も、まもなく姿を消すことは予備知識のない旅行者にも容易に想像できた。
周囲には近代的なビルが迫り、そうした新しい町との境界あたりでは活発に建築工事が行われている。
最後の写真にあるような、古い町並みには不似合いな歩道橋も建設中だった。

その後の情報によれば、古い中華街が取り壊されたのち、客寄せのために外見を真似た観光施設やショッピングセンターが建設されたという。
だが、地元の人にはあまり評判がよくないそうだ。まあ、そりゃそうだろうと思う。

2010-09-08

台北、中華商場 1991年

初めて台湾に足を踏み入れたのは、戒厳令が解除された4年後の1991年であった。
今の台湾になじんでいる人には信じられないかもしれないが、まだまだ、「謎の島・台湾」という時代だったのだ。
このときは台北とその周辺しか歩かなかったのだが、台北市内で感激したのは、萬華から龍山寺あたりの賑わいと中華商場の威容であった。

中華商場

台北駅から龍山寺に伸びる、台北のメインストリートの一つである中華路。その脇に、3階建ての商業ビルが延々と2キロに渡って続く--それが中華商場である。

中華商場

それは、ちょうど東京の古い都営アパートのような外観であった。
いくつもの棟が歩道橋でつながっていて、道路におりずに歩いていくことができる。
まあ、空中商店街といったところである。

中華商場から見た風景

その後、かなりたってから台湾を再訪したのだが、とうとうこのビルを見つけることができなかった。
それもそのはずで、私が最初に訪れた直後に取り壊されたのだそうだ。

中華商場

ちなみに落成は1961年のこと。当時の写真が、ここ に掲載されている。

中華商場

グーグルローカルのストリートビューを見ると、この中華商場が建っていたところも道路となって、広々とした中華路を車が行き交っている。
この写真を撮ったのは、たったの20年前のことだが、その間に台湾は大きく変わってしまったようだ。

2010-08-29

バンコク:フアランポーン駅 1989年

当時、バンコクの国際空港といえば、首都の北方20キロほどのところにあるドンムアン空港であった。
前日の真夜中に成田から到着した私は、空港そばのホテルを奮発。翌日の昼前にタイ航空機でスリランカのコロンボに向けて出発するはずだった。

ところが、チェックインをしてみたら出発は4時間遅れという。
そんなに時間があるならと、バンコクの市内まで行って帰ってこようと思い立ったのであった。

日本製のディーゼルカー

空港とホテルを結ぶ通路の下に線路が走っていて、小さなホームがあることは朝のうちに目にしていた。
「常識で考えればバンコクの都心に通じているはずだ」
都心までバスで行けることは知っていたが、それじゃおもしろくない。
やはり列車に乗っていきたいものである。

だが、書かれているのはタイ語の文字ばかり。
とほうにくれていると、タイ文字の山のなかに、「BANGKOK」という一語が矢印とともに目に入った。
「よし」とばかりに、出札口で「バンコク」と言って切符を買い、矢印に沿ってホームに出た。

客車

10分ほど待ったところで、いかにも日本製という端正なデザインのステンレス製ディーゼルカーがやってきた。
案の定、車内で確認すると、やはり「日立製作所」と記されていた。1枚目の写真の車両である。
それはいいのだが、春とはいえ、ほぼ満員の車内でエアコンなしはきつい。

それでも、退屈そうな地元のタイ人乗客のなかで、私はただ一人、好奇心丸出しで車窓を眺めていた。
田舎の風景から町のそれに変わり、ごちゃごちゃした市場らしきところを越えると、約30分で終点の立派な駅に到着した。
当時のバンコクの中央駅が、フアランポーンだかホアラムポーンだかと発音することを知ったのは、帰ってきてからのことである。
駅の周辺もぶらぶら歩いているはずなのだが、写真を撮っていない。覚えているのは、道がほこりっぽくて、ガソリン臭かったことだけである。
やはり飛行機の出発時間が気になっていたのだろう。帰りの列車の時刻は、着いてすぐに調べたはずだが。

フアランポーン駅

結局、このとき撮ったのは駅構内の写真が5枚だけ。ここに挙げたのがそのうちの3枚である。
ドームに覆われた姿はミラノ中央駅のようでもあり、泥臭い雰囲気は昔の上野駅のようでもあった。

もちろん、バンコクの町には新交通システムが走っておらず、高層ビルも建っていなかったころの話である。
ちなみに電車賃は片道5バーツ。ガイドブックによると、空港からの直行バスは約50バーツ、タクシーは約500バーツだったらしい。

2010-04-27

バハレイヤのシャンゼリゼと砂漠の冷凍魚 2001年

2001年エジプトの旅
カイロから路線バスで砂漠を4時間あまり、オアシスの町バハレイヤにやってきた。

町の中心地がこの写真である。
殺風景な通りに見えるが、商店が建ち並んでいる。
暑い日射しを避けるため、ちょっと引っ込んだつくりになっているのだ。

バハレイヤのシャンゼリゼ

もちろん、食堂もあれば果物屋も喫茶店も薬屋もある。
ここが、このオアシス随一の、いや唯一の繁華街なのだ。
町外れにある「ホットスプリングホテル」のオーナーであるドイツ人のペーターは、笑いながら「ここは、バハレイヤのシャンゼリゼなんだ」と教えてくれた。
ちなみに、彼の奥さんは日本人である。

町の人気者の彼がここを歩くと、10メートル進むごとに人に呼び止められ、そのたびに話好きのエジプト人に10分以上つかまってしまう。

商店街

バハレイヤのシャンゼリゼには、昔ながらの商店もあれば、この写真のように最近になってつくられたような店もある。
画面中央、赤い文字で書かれた看板がかかっている店は、大衆的な食堂である。

町にやってきてすぐ、このあたりをぶらぶらしていたら、中年の男性に1枚の紙を手渡された。
ざら紙に何やらアラビア語が書かれたチラシのようなもので、魚の絵が描いてある。

招かれるまま薄暗い小さな店に入ると、がらんとした店内に大きな箱が1つ置いてある。
彼がそのふたを開けた。

冷凍魚

見ると、冷凍された魚がぎっしりと詰まっているではないか。
新装開店の魚屋だったのだ。

「砂漠のまんまんなかで魚屋かあ!」

最初は驚いたが、よく考えてみれば、いい商売になるかもしれない。
ちょっとしたベンチャービジネスなんだろう。

砂漠の魚屋

翌日、車で町めぐりをしてくれるというペーターにそのことを話すと、彼は非常な興味を示す。
結局、行きがけに店に立ち寄ることになった。

で、その店の近くに車を停めたのだが、それからが大変だった。
店までは30メートルほどしかないのだが、例によって次々にエジプト人につかまる。

店に着くまで30分ほどもかかっただろうか。時速60メートルである。
さすがの私もただ茫然とするばかりだったが、奥さんは「いつもこうなのよ」と平然としていた。

契約は、どうやら即決であったらしい。
「ホテルのメニューに魚が加わるぞ」とペーターは喜んでいた。
もちろん、決まってからも、彼らが長々と世間話をしていたのは言うまでもない。

2010-04-24

ソ連で兵士を撮影したら 1981年

1981年ソ連、ハバロフスク。
ロシアじゃなくてソ連である。まだブレジネフ書記長が生きていた。
はじめての外国がソ連。これは、かなり珍しい体験かもしれない。
横浜から航路2泊3日、ナホトカから列車で夜行1泊、ハバロフスク市内で1泊したのち列車で6泊7日。
まるで、『魏志倭人伝』みたいだが、モスクワまでの行程である。現在は、ハバロフスクからモスクワまで5泊6日で行けるらしい。

ハバロフスク市街

ハバロフスクでは、ツアー参加者はホテルで食事をとっていた。だが、私は単独で旅行を手配していたので、せっかくだから町に出て見物がてらメシを食ってみたいと思い立った。

すると、スウェーデン在住という40代後半と見られる日本人が、私のあとについてくる。
「キミ、ロシア語が話せるんだって? 一緒に連れていってよ」
「い、いや。文字を見て発音できるだけで、意味はわからないんです……」
つまり、レストランといった外来語や、レーニンといった人名くらいはわかる程度なのである。
「ま、いいから、いいから、ハッハッハ」

ソ連は恐い国という印象があったから、最初は町の写真をおっかなびっくり撮っていたが、だんだんと大胆になってくる。
「お、兵隊がいるぞ。珍しいな。撮ろうじゃないか」
本当に大丈夫かと思ったが、こちらは初めての海外旅行の24歳。相手は海外在住の人生のベテランである。
そそのかされるまま、一緒に撮ったのが最初の写真である。

左から2番目の人がこちらを向いているのがわかる。
彼は、ゆっくりと私たちのところに近づいてくるではないか。
あせったが、ここで逃げるわけにもいかない。

ハバロフスク市街

30代とおぼしきその兵士は、私たちの顔を見てにっこりと笑い、わかりやすい英語でこう言った。
「私たちの写真は撮らないでくださいね。お願いします」
実に、紳士的で丁寧な態度であった。
フィルムでも抜かれたら大変だと思ったが、それは杞憂に終わった。

結局、その後もソ連のあちこちで、遠慮しながらも大胆に写真を撮ってきたが、声をかけられたのはこのときだけだった。
そして、例のスウェーデン在住の男性だが、結局その半日は彼に振り回されることになる。

2010-04-16

地元インド人用観光バスに便乗した話 1989年

1989年インド、オリッサ州
マドラス(チェンナイ)から夜行列車でやってきたインド東部オリッサ州のプリー。
海辺の宿に荷物を置いて、さて町歩きをしようか、それとも有名な太陽神寺院のあるコナーラクに行ってこようか迷っていると、なぜかそばに停まっていた観光バスから男が降りてきた。
「コナーラクに行くのか? 安くしておくよ。○○ルピーでどう?」

おう、その程度の金額ならば、バスターミナルまで行ってバスを待つ手間を考えれば安いもの。
即座にOKして乗り込んでみると、乗客の視線がひととき私に集中する。
どうやらお上りさんインド人観光客のためのバスだったようだ。
車掌にすれば、タバコ代くらいの小遣い稼ぎにはなったに違いない。

オリッサの海岸にて

言われるままに最前列に座ると、隣の席のおばあさんが、うさんくさげに私をちらちら見る。
しまいには、知人らしい近くの男性と席を代わってしまった。
男女席を同じうせずという教育で育ったのかもしれない。

バスはまもなく発車。コナーラクまでは約1時間の道のりなのだが、途中の海岸で20分ほどの休憩があった。
乗客はバスから降りて、海を見つめたり、ジュースを飲んだり。
私も、バラックのような売店で、少年が揚げているサモサを頬張った。

オリッサの海岸にて

そのとき撮ったのが、今回の2枚のエセ芸術風写真である。
カメラ2台を持参して、ミノルタの一眼レフにはカラーポジ、フジカGS645にはモノクロのブローニーフィルム。
今くらべてみると、やはりモノクロのほうが味わい深い。
それにしても、3月の暑い南インドで重いカメラを2台も持って(しかも交換レンズまで)歩き回っていたのだから、いやはや元気だった。

2010-04-15

北京の青空市場 1985年

このブログで「海外旅行」というとイタリアばかり取り上げているので、「こいつはなんとかの一つ覚えでイタリアしか行ったことがないのか」と思われている方も多いだろう。
それもちょっとシャクなので、ネガ箱、ポジ箱に眠っている写真を掘り起こして、「蔵出し旅写真(海外編)」のコーナーを設けることにした。

ホームページ本館の「とりあえず写真館 」と合わせて楽しんでいただければ幸いである。
写真は順不同。思いついた順に出していきます。
---------------------

記念すべき第一回は、1985年の中国、北京。
改革・開放政策が軌道に乗りはじめたころである。

北京市内1985年

泊まったのは町外れにある「華都飯店」という立派なホテル。
そこから、天安門広場まで、ぶらぶらと歩いて行ったときに撮った写真である。
道端に積み上げられているのはキャベツ。
この付近が、小さな青空青果市場となっていた。

北京市内1985年

天安門広場からさして遠くない場所と記憶している。
たしか、西に向かって歩いて30分くらいのところではないか。
今じゃ、道の両側に高層ビルが建ち並んでいるに違いない。