« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月の3件の記事

2023-12-22

水郷とウナギの町コマッキオへ

ラヴェンナでモザイクを大急ぎで見たあと、路線バスで訪れたのがポー川下流の水郷の町コマッキオである。
ヴェネツィアと同じく潟を埋め立ててできた町で、「小さなヴェネツィア」というニックネームがあるように、町のなかに運河が走る。

コマッキオの運河

ヴェネツィアから南に直線距離で50kmほどのところに位置しているが、ここにはあの喧騒はない。
もちろん、ヴェネツィアにくらべれば規模も小さく、観光ポイントも少ないが、その分だけのんびりと町歩きが楽しめた。

フェラーラのバスターミナル

さて、コマッキオ行きのバスが出るラヴェンナのバスターミナルは、町の東の端、駅の裏側にあった。宿泊地のフォルリからのバスは町の西の端から発着する。会社が違うからしかたがないかもしれないが、かなり迷った。
しかも、バスターミナルには何の表示も時刻表もなく、そばにいた人たちに聞いてもどこから乗るかわからず、心細いこと限りない。

時間になったら、遠くからバスがやってきた。乗り過ごすまいと構えていたらバスターミナルに入ってきて一安心。
何人かの女子高生が集まっていたので聞くと、そこがコマッキオ行きの乗り場だという。
いつもながら、イタリアの路線バスはハードルが高い。まあ、それがあるからうまく乗れたときの喜びが大きいわけだが。

コマッキオ近くの車窓

コマッキオまでは直線距離で30kmほどだが、あちこちの村に立ち寄っていくものだから、1時間以上もかかる。
沿道には海水浴場があって真夏には観光客で賑わうのだろう。ホテルや飲食店が並ぶ町も車窓から見えた。
コマッキオの近郊では、大きな松並木が続く。

漁師小屋トラブッコ

コマッキオが近づくと、車窓から見えたのが漁小屋トラブッコである。
アブルッツォやモリーゼでは観光用に残されているのを見たが、ここでは数多くのトラブッコが現役のようだ。
まるで東南アジアのような光景なのが興味深い。

コマッキオの運河

バスの運転手がこちらを振り返って、「ここで降りるといいよ」と教えてくれた。
バス停付近は殺風景だが、一歩町の中に入ると素晴らしい光景が広がっていた。
のどかな運河べりを仲良し4人組が楽しそうに話をしながら歩いていく。

サンピエトロ橋の近くで運河が分岐している。観光客が自転車でめぐっているが、ちょっと間違うと運河に落ちそうだ。 

トレッポンティ

これがコマッキオのシンボル。運河の交差点に架かる石造りの見事なトラッポンティ橋。スクランブル交差点の運河版である。

コマッキオ中心部

この町の名物はウナギ。日本のそれにくらべて丸々と太っているというが、残念ながらレストランはまだ空いておらず、食べることはできなかった。
上の写真の奥のレストランの店名は、Anguilla c'è(アングイッラ・チェ)。日本語にすると「ウナギあるよ」という意味だ。なんともストレートな名前である。
前日にフェッラーラでランチに入った海鮮料理のおいしい店は、この町に本店があった。距離は離れているけれども、同じフェッラーラ県なのでつながりが強いわけだ。

コマッキオ中心部

名物のうなぎは食べられなかったけれど、運河に浮かべた船がバールのテラス席になっており、冷やした地元の白ワイン、プロセッコが沁みた。

2023-12-20

ラヴェンナでモザイク三昧(下)

4世紀の末、ローマ帝国が東西に二分されたが、当初西ローマ帝国の首都だったミラノに代わって首都となったのがラヴェンナだった。
その後、西ローマ帝国は東ゴート王国に滅ぼされ、6世紀に入ると東ローマ帝国のユスティニアヌス帝がラヴェンナを制圧する。

そんな激動の時代につくられて、当時の繁栄を偲ぶよすがとなっているのがラヴェンナのモザイクなのだ。

サンヴィターレ聖堂

6世紀なかごろに完成したサンヴィターレ聖堂は、8角形をしたユニークな教会だ。イタリアでは珍しい存在で、東ローマ帝国内で栄えたビザンティン文化の影響だといわれている。

実は、ここには1981年に訪れたことがあった。写真が残っているのでわかったが、そのときは中で結婚式をしていたことを思い出した。

サンヴィターレ聖堂

ここもまた色鮮やかなモザイクを見ることができる。とくに、緑色が印象的だった。

サンヴィターレ聖堂

創建当時のモザイクが残されているのは一部に限られているが、注目は内部の構造である。
ほかのイタリアの教会と違って、祭壇を取り囲むようにいくつものアーチが連なり、独特の雰囲気をかもしだしていた。

ガッラ・プラキディア廟堂

さて、このラヴェンナ訪問のメイン・イベントが、このガッラ・プラキディア廟堂である。
サンヴィターレ聖堂と同じ敷地内にあるが、その素朴な外観からもわかるように建てられたのはずっと古く、キリスト教が西ローマ帝国の国教とされた直後の430年ごろという。

ガッラ・プラキディア廟堂

小さな建物のなかに一歩入ると、そこにはめくるめく世界が広がっていた。
皇帝の母だったガッラ・プラキディアの墓所といわれてきたが、どうやら字が読めない人たちのために、キリスト教の教えを絵解きする礼拝堂だったらしい。

ガッラ・プラキディア廟堂

内部には聖書に関する象徴的な図柄が、鮮やかなモザイクで描かれている。

それにしても、1981年にはすぐそばのサンヴィターレ聖堂に入ったのに、ここは見ていない。
当時はラヴェンナに関する日本語の情報なんてほとんどなかったからしかたないが、なんとも惜しいことである。

ガッラ・プラキディア廟堂

ところで、ネットで購入した5つの建物の入場券を見ると、ほかの教会や博物館は日付が指定されているだけだったが、ここと前回紹介したネオニア洗礼堂だけは、15分刻みで入場時間が指定されていた。
だが、次の目的地にいくためには、その時間まで待っているとバスに乗れない。

指定された時刻の1時間近く前だったが、とにかくトライしてみることにした。
入口でチェックしているおばちゃんに何かいわれたら、泣き落としするしかないと覚悟していたが、おばちゃんはQRコードを手元のタブレットで読み取ると、あっさりと入れてくれた。

そんな融通が利くのもイタリアのいいところである。観光客が集中する8月だったら、そうはいかなかったかもしれないが。、

サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂

最後に訪れたのは、中心部から少し離れたサンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂である。
建物の前まで来てわかったのだが、ここにも40年近く前に訪れて写真を撮ったことがある。

サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂

長方形の聖堂の内部の片側には初期の聖人たちが、もう一方には殉教者たちがずらりと並んでいて壮観である。
もちろん、すべてモザイクだ。

サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂

まさにラヴェンナはモザイクの町である。
あとから知ったことだが、幸運にも東ローマ帝国の支配が弱まったために、偶像破壊運動を免れてラヴェンナにこれだけのモザイクが残されたのだそうだ。歴史の綾を感じるエピソードである。

2023-12-14

ラヴェンナでモザイク三昧(上)

フォルリ滞在の3日目の日中に向かったのはモザイクで有名な世界遺産の町ラヴェンナ(Ravenna)である。
ラヴェンナへは、フォルリからの路線バスが1時間に1本ほどあることは調べがついていた。

だが、フォルリからのバスはラヴェンナの町の南側までしか入らないので、そこから旧市街まで7、8分ほど歩かなくてはならない。
そんなことがわかるのもグーグルストリートビューのおかげである。

ポポロ広場

 ラヴェンナの旧市街の中心にあるポポロ広場。フォルリの広場のほうがずっと広くて立派だが、こちらはなんといっても世界遺産の町である。そこはかとない風格が感じられる。

ポポロ広場

ラヴェンナの町は、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)の主要都市で、5世紀から6世紀にかけて、ビザンツ芸術の最高峰とされるモザイクが数多く残された。モザイクファンにとっては巡礼の町である。

オーバーツーリズムが問題になっている今日、もしかするとモザイクが見られる教会も予約制だといけないので、フォルリ出発前にネットで調べておいた。すると、華麗なモザイクが見られる市内の5カ所の教会や博物館をまわれる周遊パスを見つけることができた。
現地で当日券を買うこともできるそうだが、前もってネットで購入しておくことで手間が省けてよかった。

ダンテの墓

モザイク巡礼の前に、ダンテの墓にお参り。「神曲」の作者としてイタリアでは知らない人はいない大詩人である。
私は大学生時代に冒頭の一節を覚えたおかげで、イタリアでそれを暗唱するとかなりウケる。まあ、外国人が日本にきて「源氏物語」や「平家物語」の冒頭を語るようなものだろう。
ちょっとあざといが、そんな武器も持っておくとイタリア人との距離がグンと縮まるのだ。

ネオニア洗礼堂

まず入場したのが、ネオニア洗礼堂である。上の写真の右側の建物だ。八角形の外観が印象的である。
入口にいる係員が、スマホにダウンロードしたQRコードを読み取って中に入れてくれる。

ネオニア洗礼堂

内部の天井には、天使の姿や聖書に登場する人物が描かれている。
フレスコ画と違って、モザイクは年月がたっても輝きを保ち続けている。

ネオニア洗礼堂

椅子に座って天井を眺める人びと。壁にもさまざまな絵が描かれている。
もっとじっくり見ていたいのだが、先を急ぐのでほどほどにして外に出た。

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

著書

  • 社会人に絶対必要な語彙力が身につく本[ペンネーム](だいわ文庫)
  • 『ようこそシベリア鉄道へ』(天夢人)
  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)
無料ブログはココログ

.