« 予讃線(海線)に乗って伊予長浜へ | トップページ | ブレンナー峠を越えてイタリアへ »

2023-08-27

夕刻に訪れた伊予長浜 瑞龍寺

ながながと続いてきた2022年春の四国の旅は、やっと最終回。伊予長浜の町をぶらぶらしているうちに、日が傾いてきた。

瑞龍寺

肱川の対岸にある瑞龍寺でしばし休息。全然知らなかったのだが、映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」のロケ地だったそうで、一時はたくさんの観光客が訪れたのだという。境内の鐘楼の横には、牛の石像とお釈迦様の涅槃像(牛の左側)があった。

瑞龍寺

瑞龍寺の山門で出迎えてくれたのは、素朴でユーモラスな仁王像だった。

瑞龍寺

これも牛の像だろうか。エジプトの壁画に描かれていて不思議ではない。

伊予長浜駅

海岸で日没を愛でたのちは、肱川を渡って伊予長浜駅に戻る。

伊予長浜駅

2時間に1本の予讃線(海線)の列車で松山へ戻ったのであった。

« 予讃線(海線)に乗って伊予長浜へ | トップページ | ブレンナー峠を越えてイタリアへ »

ニッポンぶらぶら歩き(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

鉄道、乗り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予讃線(海線)に乗って伊予長浜へ | トップページ | ブレンナー峠を越えてイタリアへ »

著書

  • 社会人に絶対必要な語彙力が身につく本[ペンネーム](だいわ文庫)
  • 『ようこそシベリア鉄道へ』(天夢人)
  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)
無料ブログはココログ

.