« 神戸 三宮駅高架下「さんらく」 | トップページ | 神戸 三宮高架商店街「ピアザkobe」とイタリア語の話 »

2023-02-23

神戸 三宮駅高架下「さんらく」のイル カピターノ ニシオカ

前回紹介した三宮駅高架下2階「さんらく」の片隅に、その店はある。

カピターノニシオカ

碁会所の真向かいにあるこの扉。店名は書いてあるが、いかにも入りにくい。
イタリアレストランの「イル カピターノ ニシオカ」だ。英語にすれば「キャプテン・ニシオカ」
最後に訪れたのは6、7年前だろうか。ドアが閉まっているように見えたが、ランチ時間のはずでる。

カピターノニシオカ

ドアがわずかに開いているので、思い切って開けて入ってみると営業中だった。
最初に訪れたのは20年以上前だったろうか。パソコン通信(!)のオフ会(!)である。
それ以後、神戸に来るたびに何度か訪れたが、ランチは初訪問である。
それにしても、ドアの外と内の落差にいつもながら感動する。

カピターノニシオカ

昼なので西岡シェフは不在だったが、おいしい料理と店の人との会話で楽しいひとときを過ごすことができた。
軽いランチで済ますつもりが、つい肉までのコースを注文し、グラスの赤ワインを2杯。

カピターノニシオカ

元町のガード下が再開発と聞いて、奈良の旅のついで(笑)にやってきたが、こちらはそうした計画はないとのこと。
安心して、デザートまでゆったりとした気分で味わうことができた。

« 神戸 三宮駅高架下「さんらく」 | トップページ | 神戸 三宮高架商店街「ピアザkobe」とイタリア語の話 »

ニッポンぶらぶら歩き(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸 三宮駅高架下「さんらく」 | トップページ | 神戸 三宮高架商店街「ピアザkobe」とイタリア語の話 »

著書

  • 社会人に絶対必要な語彙力が身につく本[ペンネーム](だいわ文庫)
  • 『ようこそシベリア鉄道へ』(天夢人)
  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)
無料ブログはココログ

.