« 燕のクラシックな町並み | トップページ | 庭園の郷・保内から加茂まで三国街道中通りを歩いてみた(2) »

2022-12-04

庭園の郷・保内から加茂まで三国街道中通りを歩いてみた(1)

新潟から三条に行く途中で、信越線のローカル列車の車窓から味わい深そうな町並みが目に入ってきた。
加茂~保内(ほない)の間で、線路から数百mほど離れたあたりを並行している道のあたりである。

信越線保内駅

さっそくGoogleマップ先生で調べてみると、「三国街道中通り」とのこと。
新潟への帰る途中、まだ日没までは時間があったので、保内駅で下車して1駅4kmあまりを歩くことにした。

信越線保内駅

ぽつんと立つ保内駅。駅前も酒屋が一軒あるだけで静かである。
下車したのは私のほかに中年女性が1人だけ。彼女は自転車に乗って帰っていった。

三国街道中通り

駅から2分ほど歩くと三国街道中通りに出る。そこから加茂に向かって歩きはじめた。
駅前の看板によると保内は「庭園の郷」なのだそうで、確かに旧街道沿いに数多くの園芸業者が建ち並んでいる。

保内の五葉松

て保内が属する三条市の「市の樹」は五葉松だとか。保内駅に近い沿道のあちこちで見ることができた。
この園芸業者の庭には、何十本という五葉松が植えてあった。

五葉松のマンホール

なんとマンホールにも五葉松が!
(つづく)

« 燕のクラシックな町並み | トップページ | 庭園の郷・保内から加茂まで三国街道中通りを歩いてみた(2) »

ニッポンぶらぶら歩き(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 燕のクラシックな町並み | トップページ | 庭園の郷・保内から加茂まで三国街道中通りを歩いてみた(2) »

著書

  • 『ようこそシベリア鉄道へ』(天夢人)
  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)
無料ブログはココログ

.