« 昭和レトロの香り漂う豊栄の町 | トップページ | 昭和が香る祐徳バス鹿島バスセンター »

2022-12-13

新潟市中心部に残る味わい深い建物

2泊3日の新潟の旅を、だらだら紹介した記録もこれが最終回。
中条(胎内市)、豊栄から戻って、帰りの新幹線の時間まで新潟の中心部をぶらぶら。
ずいぶん近代化されたと思っていた本町、古町あたりの中心部だが、目をこらすと興味深い建物がまだまだ残っていました。

鍋茶屋通り

古町にあった花街の面影を残す鍋茶屋通り。ここは新潟で最も格式の高い料亭「鍋茶屋」

鍋茶屋

料亭「鍋茶屋」の全景。ビルが建ち並ぶ東堀通りに堂々とそびえたっている。

人情横丁こと本町中央市場商店街

古町から本町あたりをひたすらぶらぶらしていたら、こんな昭和レトロ(また口走ってしまった)感たっぷりの一角に出た。
下調べもしないでこうした風景に遭遇すると、うれしさもひとしおだ。

人情横丁こと本町中央市場商店街

その人情横丁こと本町中央市場商店街。昭和20年代からあるとのことで、魚屋をはじめとする生鮮食品を取り扱う店が中心だがラーメン屋やそば屋もある。
この写真の手前側にも商店街が続いており、右端に写っているのは商店街を見守る白龍大権現。

本町通りアーケード街

人情横丁と表通りの間をつなぐ本町通りアーケード街では、露天市が開かれていた。

(2022年11月 新潟の旅 終わり)

« 昭和レトロの香り漂う豊栄の町 | トップページ | 昭和が香る祐徳バス鹿島バスセンター »

ニッポンぶらぶら歩き(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和レトロの香り漂う豊栄の町 | トップページ | 昭和が香る祐徳バス鹿島バスセンター »

著書

  • 『ようこそシベリア鉄道へ』(天夢人)
  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)
無料ブログはココログ

.