« 燕市吉田町の町並み(2)雁木のある商店街 | トップページ | 三条市 神明町~本町の町並み »

2022-11-27

越後線と弥彦線が交差する吉田駅

吉田町の目抜き通りをぶらぶら歩き、JR吉田駅に到着したころにはかなり日が傾いていた。
あとは宿泊地の新潟市中心部に戻るだけである。

吉田駅の駅舎

吉田駅は越後線と弥彦線が交差する駅で、幹線の駅ではないが駅舎は大きい。
駅前にはタクシーが何台も客待ちをしていた。

吉田駅の駅名票

2つの路線が交差するために、駅名票もこんな感じ。
越後線、弥彦線とも、吉田を始発・終点とする列車も多い。

吉田駅の構内

かつては長編成の列車も発着したのだろう。ホームはかなり長い。
新潟市内や三条市内へ通勤通学している人も多いようだ。
帰りの新潟行きは、夕方ということもあってかなりの乗車率。新潟到着前に超満員となった。

新潟駅前の富寿司にて

晩飯は新潟駅前のすし屋へ。
いきたいと思っていた店が満員で、結局何度も行ったことがある「富寿司」へ。
ここはかなりの広さの店で、一人でも気軽に食べられるのがいい。タブレットで注文するシステムになっていた。
翌日は、三条、燕へのぶらぶら歩きである。

« 燕市吉田町の町並み(2)雁木のある商店街 | トップページ | 三条市 神明町~本町の町並み »

ニッポンぶらぶら歩き(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

鉄道、乗り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 燕市吉田町の町並み(2)雁木のある商店街 | トップページ | 三条市 神明町~本町の町並み »

著書

  • 『ようこそシベリア鉄道へ』(天夢人)
  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)
無料ブログはココログ

.