« 水海道の町並みをぶらぶら(上) | トップページ | 『旅と鉄道』2022年9月号に寄稿しました »

2022-06-15

水海道の町並みをぶらぶら(下)

水海道の町でも銀行や商店が並ぶ中心部は「大通り」だが、歴史的な町並みは本町のあたりに集中している。

五木宗レンガ蔵

鬼怒川沿いに残る「五木宗レンガ蔵」。水運で栄えた当時の繁栄を今に伝える。

長田屋陶器店

五木宗レンガ蔵から100メートルほど、これまた赤煉瓦が印象的な「長田屋陶器店」。
ここを右に入ると、大通りに戻る。

220615c

昔はその名の通り栄えていたに違いない栄町だが、ご多分に洩れず、現在はシャッターが閉じ、看板が消された商家が並ぶ。

北川質店

栄町の中央にデンと立つ「北川質店」。すでに営業はしていないようだが、最近になって漆喰を塗り直したとのことで、白い外壁が美しい。

栄町の商家

更地をはさんで北川質店と並んだところにある商家。すでに営業をしていない。
正面はごく普通の看板建築だが、奥のほうまでおそらく母屋、蔵と続いている。

高田歯科医院

大通りと直行する「プラザ通り」は片側2車線で歩道もある広い道。
この建物は「高田歯科医院」。ドラマに出てきそうだ。

味わい深い商店建築

ここも営業はしていないが、こぢんまりしているが味わい深い商店建築だ。
左が商店で右が蔵、その間にある小さな門(?)のバランスがいい。左奥にちらりと見えるのが母屋か。

居酒屋から出てきたネコ

思いのほか、興味深い町並みがあったので、当初の見込みよりもずいぶん時間がかかった。
蒸し暑いなかをかなり歩いたので、裏通りを通って駅へ戻る。
すると、居酒屋から出てきたネコににらまれた。

常総線水海道駅

構内踏切が残る関東鉄道常総線水海道駅。何十年も前に車両基地があった駅裏には、ホテル・ルートインが建っていた。

« 水海道の町並みをぶらぶら(上) | トップページ | 『旅と鉄道』2022年9月号に寄稿しました »

ニッポンブラタカシ(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水海道の町並みをぶらぶら(上) | トップページ | 『旅と鉄道』2022年9月号に寄稿しました »