« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月の2件の記事

2021-11-29

ガンジの町の遠景写真と60体のミイラ

イタリアに丘上都市は数あれど、ガンジほどの規模でびっしりと丘上を覆っている町は見たことがない。
しかも、そこに多くの人が住んでいて、近代的な暮らしをしているのが興味深い。
そんなガンジの外観を写真に撮ろうと丘を下っていったのだが、下の写真が撮れる場所まで往復するのが大変だった。ほとんど登山といっていいくらいだ。
宿(旅行者用アパート)はこの中腹に位置する。

ガンジ

下の写真は、宿の窓から撮ったもの。
いくつもの部屋があって清潔で新しい! しかも、目の前の通りが町一番の目抜き通りだった。
この写真の遠くに見えるふもとまで往復したのである。

ガンジ

当たり前だけど下りは楽だった。
町を横切る車道はかなりの坂道で、丘の頂上からふもとまで、いくつもヘアピンカーブを描いている。
そんなカーブに駐車していたフィアット500。

ガンジ

車道とは別に、歩行者用の階段の道もある。
9月だからシチリアはまだまだ真夏。さすがにバテた。
ちなみに、妻は疲れが出たのか、風邪気味だというのでアパートで昼寝をしている。

ようやくふもと近くまで降りてきたのが下の写真。
確か、もう1、2回ヘアピンカーブを曲がると、パレルモ行きのバスが通う国道になる。

ガンジ

そして、ようやくガンジの全体像が見えるようになった。
あまりに感動して、山ほど写真を撮ってしまった。フィルム時代だったら大変なことになっただろう。

ガンジ

さらに全景を撮ろうと歩いていると、馬がやってくるではないか。
「この土地ではまだ馬が現役なのか!?」と思ったが、そうではなかった。乗馬クラブの人たちらしい。
あちらも、こんな場所で東洋人にいきなりカメラを向けられて、さぞ驚いたことだろう。

ガンジ

夕方のパレルモ行きバスの時刻まで宿を使っていいというので、午後も荷物を置いて町を上から下までなめるように一周した。
妻も元気が出てきたというので、午後の散歩に同行。
下の写真は、前日に結婚式が行われていたた聖ニコロ教会。

ガンジ

内陣の装飾も立派なのだが、なんといっても度肝を抜かれたのが、地下にあるクリプタ(地下聖堂)である。
そこだけは有料になっているのだが、なんとそこには歴代の司祭60人のミイラが安置されていた。

ガンジ

しかも上のポスターのように、服を着て立った姿で収まっているのだ。
ミイラ好きな妻はいたく気に入ったようである。ちなみに、地下聖堂は撮影禁止。
ポルトガルで見たしゃれこうべ満載の聖堂も驚いたが、ここはそれ以上の不気味さであった。

| | コメント (0)

2021-11-21

丘上都市ガンジで遭遇した結婚式

間があいてしまったが、2017年のシチリアの旅の続き。
ニコジーアの次に向かったのは、ニコジーアから西に20kmほどに位置するガンジの町である。

201030a

ここは、実に見事な丘上都市なのだ。左右1km、奥行き500mくらいの丘の上に、家がびっしりと建っている。遠くから眺めると、まるでジオラマかミニチュアのよう。丘上都市はイタリアに数あれど、ここは規模といい美しさといいベストの部類に属するといっていい。

201030b

行政区分でいうと、ニコジーアやスペルリンガはカターニア県だったが、ここガンジはパレルモ県である。
ニコジーアとガンジを結ぶ路線バスがあるので移動は問題ないと安心していたら、日中にガンジに向かう便は、学校のある日だけ運行することが判明。まだ9月初旬で夏休みだったので、バスは動いていなかったのだ。
ニコジーアのB&Bのオーナーに相談して、ガソリン代プラスアルファくらいの値段で乗せてもらい移動することができた。

201030g

ホテルは丘の中腹にあった。まさに町の中心部である。
時刻は午後3時すぎ。宿に荷物を置いて散歩に出ると、なにやら教会の周辺がすごい人出である。

201030c

ビシッとスーツやドレスに身を包んだ人が行き来しているのを見て、結婚式だとわかった。
だが、いくら待ってもなかなか教会の中から人が出てこない。しびれをきらして近くを散歩して戻ってくるころになると、なんとなくあたりが騒がしくなった。

201030d

この写真は、教会の前でコメで絵を描く女性。
そして、ようやく新郎新婦が教会から現れると、クラッカーが鳴って大騒ぎである。

201030e

このあとに、新郎新婦の写真撮影などがあって、まだまだ興奮は続くようであった。
教会を取り囲む人びとは、みな関係者かと思っていたら、新郎新婦の登場を見たところで少しずつ散っていった。単に結婚式を見物に来ていた人が多かったようだ。

201030f

上の写真は、たぶん結婚式があろうがなかろうが、教会の前に集まって世間話をしているヒマな親爺軍団である。+

さて、ここガンジには1泊だけの予定である。時間がもったいないので、日が出ているうちに丘の頂上までひたすら散歩してみた。

201030h

前日までの曇り空から一転して、ようやく晴れた。
傾いた太陽がガンジの町を照らすなか、ホテルのある中腹と丘の上を2往復ほどした私たちであった。

201030i

 

 

 

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »