2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著書

  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 17人乗りのプロペラ機で秘境ムスタンへ | トップページ | チベット仏教の寺院にアポなし突入 »

2020-07-19

ムスタンの玄関口ジョムソンをぶらぶら

宿に荷物をおいてひと休みしてから、ムスタンの玄関口ジョムソンの小さな町、というか村をひとめぐり。

ムスタンの街道

空港に並行した道を北へ進むと、こんな門柱が。
荷物を背負ったおばさんを見ると、ここははたして21世紀なのかと一瞬思った……のだが、この人が道端に腰を下ろしてスマホで会話をはじめたのを見ると、やはり21世紀のようである。

街道沿いの家

ジョムソンは空港があるので、もうかなり都会化してしまっているのかと想像していたが、こんな格好のおばさんが普通に道を歩いていて、とってもいとおしくなった。

街道沿いの家

この道が、ムスタンからチベットへ続く街道である。バックの雪山がまぶしい。
沿道の家は、売店だったり、巡礼や商人の宿だったりする。
屋根には、冬に備えて薪が積んである。

売店と3人娘

どこの国でも若い女の子が3人揃うとかしましい。
売店で楽しそうに何を買っているのだろうか。

売店の内部

売店はだいたいこんな感じで、飲み物やお菓子が多い。
ビールも売っている。

ジョムソンの学校

これは村の学校。立派な造りになっている。
ちょうど学校の昼休みだったのか、子どもたちが門の付近にいた。

学校の生徒たち

門の外にいた子たちの写真を撮る。ネパールでは、写真を快くとらせてくれる。
そして思う。ピースサインが似合うのは、やはり20歳までだと。

ジョムソンの町外れ

10分も歩くと、町外れになる。牛がうろついていた。
背後の建物には、牛だかヤクだかの頭蓋骨が屋根の上に飾って(?)ある。

楽しいジョムソンぶらぶら散歩はまだまだ続く。

« 17人乗りのプロペラ機で秘境ムスタンへ | トップページ | チベット仏教の寺院にアポなし突入 »

南アジアの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 17人乗りのプロペラ機で秘境ムスタンへ | トップページ | チベット仏教の寺院にアポなし突入 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日