2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書

  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 30年ぶりのネパール訪問から1年がたって | トップページ | 丘上のスワヤンブナート仏塔への散歩 »

2020-05-06

カトマンドゥ定点写真──30年前と地震後

カトマンドゥというと、2015年4月に起きた地震が記憶に新しい。
とはいえ、空港から町にやってくるまでは、地震の被害を感じさせるものはなかった。
町なかでも、一般の住宅には被害がほとんが見られなかったのだが、旧王宮を中心とする世界遺産のダルバール広場には、地震の爪痕がくっきりと残っていたのである。

そこで、せっかく30年前に写真を撮っていたので、1989年と2019年のカトマンドゥ定点写真にチャレンジしてみた。
ネパールではGoogleストリートビューがほとんどなく、旅行前に事前に場所をチェックできなかったため、広場をうろうろしながら撮影場所を探すハメになった。

1組目の写真の右側に写っているシヴァ・パールヴァーティー寺院は、傷んでいるものの健在。
だが、左側の3層の建物が倒壊してしまった。

1989年のシヴァ・パールヴァーティー寺院

2019年のシヴァ・パールヴァーティー寺院

2組目の写真。左側の9段の基壇の上に建つのがシヴァ寺院だが地震で倒壊。
右奥の建物の姿もない。

1989年のシヴァ寺院前

2019年のシヴァ寺院前

3組目。左にあるヴィシュヌ神を祀るナラヤン寺院は倒壊。
ただ、ヴィシュヌの乗り物であるガルーダの像が残った……とは帰ってから知った。

1989年のナラヤン寺院前

2019年のナラヤン寺院前

最後は、王宮の中庭。当時はビレンドラ国王が健在で、この建物の中も見学ができた。上層部から見た町の風景が印象的だったのだが……。再び登れる日を期待したい。
王宮も地震の被害から修復中で、日本(JICA)と中国が分担して修復している。
ただ、中国のほうが宣伝上手で、どれだけ中国が貢献しているのかが、嫌というほどパネルで紹介されていた。日本は謙虚すぎる。

1989年の王宮

2019年の王宮

« 30年ぶりのネパール訪問から1年がたって | トップページ | 丘上のスワヤンブナート仏塔への散歩 »

南アジアの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30年ぶりのネパール訪問から1年がたって | トップページ | 丘上のスワヤンブナート仏塔への散歩 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日