2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著書

  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« パクタプル30年の定点写真(町外れ編) | トップページ | ミニバスで巨大仏塔のあるボダナートへ »

2020-05-21

パクタプル30年の定点写真(中心部編)

1989年と2019年のパクタプルの比較の続き。
激変した周辺部にくらべて、町の中心部はそれほど大きく変化しているわけではない。
とはいえ、世界遺産に指定されている遺跡や広場は別として、まわりの建物や道ゆく人びとの格好は、かなり近代化されていた。

まずは、ニャタポーラ寺院の東側に延びる繁華街の比較。
上(1989年)の写真では、インドの偉大な歌姫ラター・マンゲーシュカルによるコンサートの横断幕が見える。
下(2019年)の写真を見ると、沿道はすっかり土産物屋ばかりになっていることがわかる。

1989年のバクタプル繁華街

2019年のバクタプル繁華街

賑やかだった道も、ずっと東に進んでいくとだんだんと人通りが少なくなっていった。
ペプシコーラの看板が印象的。まるで西部劇に出てきそうな光景だ。
現在では、ここまで来ても人通りは絶えない。

1989年のバクタプル繁華街東端

2019年のバクタプル繁華街東端

以前のダッタトラヤ寺院は、内も外も暇そうなおじさんたちが、座り込んでおしゃべりをしていた。
2019年には、そんなおじさんの数は激減して、学生たちやおしゃれな男女が行き交っていた。

1989年のダッタトラヤ寺院前

2019年のダッタトラヤ寺院前

王宮のあるダルバート広場の東側。広場の建物のいくつかは地震で崩壊してしまった。
修復工事を待っている様子だったが、どれだけ時間がかかるだろうか。

1989年のダルバート広場東側

2019年のダルバート広場東側

最後の写真は、ニャタポーラ寺院のあるタウマディ広場に戻る。
右奥にちらりとニャタポーラ寺院が見えている。
中央の建物は、当時から外国人に人気だった喫茶店。看板には、カフェ・ニャタポーラと書かれている。
現在も喫茶店として営業していた。

1989年のタウマディ広場

2019年のタウマディ広場

 

« パクタプル30年の定点写真(町外れ編) | トップページ | ミニバスで巨大仏塔のあるボダナートへ »

南アジアの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パクタプル30年の定点写真(町外れ編) | トップページ | ミニバスで巨大仏塔のあるボダナートへ »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日