« 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(2) 三次~備後落合 | トップページ | 『日本懐かし駅舎大全』刊行 »

2018-06-20

中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(3) 備後落合駅

三次から1時間20分、森と渓谷を抜けて、備後落合駅に到着。
1988年に急行「はくと」に乗ったままで見て以来、30年ぶりの訪問である。
いや、あのときはホームに降りて駅のおでんうどんを食べたっけ。

写真の左側が、これまで乗ってきた三次からの列車。
右側が、これから乗る新見行きである。乗り換えになるが、やはり芸備線である。
発車まで10分ほどあるので、駅舎の写真を撮ったり、周辺をぶらぶらしてみた。

備後落合駅

30年前に乗った急行「はくと」は、米子発木次線経由広島行きだった。
夜行の連続で頭がぼーっとしていたので、あまり記憶はないのだが、いやというほど森や林の中を走り続けたあとで、山の中に思いのほか大きな駅があって印象的であった。

20180528_086_

だが、それから30年の月日がたち、駅はすでに無人になっており、ホームにあった売店兼そば屋も姿を消した。
例によって、30年前に撮ったのと同じアングルで撮影してみた。

0644r013008_

20180528_070__2

やけにすっきりしてしまったのが寂しい。

ちなみに、この駅の名物だった環翠楼の「おでんうどん」は、近くのドライブインで今も食べることができるらしい。
現在、この駅を発着する列車は、芸備線三次方面5本、新見方面3本、木次線3本のみ。
30年前は、現在の3倍ほどの本数があった。さらにさかのぼると、何本もの急行が走り、貨物列車もあり、蒸気機関車のための機関区もあったのだ。町は鉄道関係の人でにぎわっていたとか。
それが今では、まるで秘境駅である。

次の写真は、30年前に乗った急行「はくと」。
その下の写真は、同じアングルからの写真を撮りそこねてしまったが、似たような方向である。

0644r013009_

20180528_100_

遠くに停まっているのは木次線の列車。
ちょうど、14時20分過ぎになると、3方向からの列車が集まり、そして接続して次々に発車していくのだ。
もっとも、地元の人でこの路線を使う人は、ほとんどゼロに近く、鉄道マニアかマニアックな観光客だけである。

« 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(2) 三次~備後落合 | トップページ | 『日本懐かし駅舎大全』刊行 »

ニッポン旅ごころ(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

鉄道、乗り物」カテゴリの記事

コメント

少なくとも、私が乗った平日の午後の列車には、学生(というか地元の人)はゼロでした。それでも、三次~備後落合は6往復走っているので、通学生がいるかもしれません。
一方、木次線と芸備線新見方面は1日3往復しかなく、しかも早朝と昼過ぎと夜なので果たして通学に使えるのかどうか。

ローカル線の乗客と言えば、通学の高校生が主役という印象ですが、この路線は彼らもいないのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(2) 三次~備後落合 | トップページ | 『日本懐かし駅舎大全』刊行 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日