« 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(1) 広島~三次 | トップページ | 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(3) 備後落合駅 »

2018-06-15

中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(2) 三次~備後落合

同じ芸備線ではあるが、三次駅で乗り換え。
三次駅は、このようにディーゼルカーだらけという印象。
ここからは、かなり閑散区間となり、キハ120が単行で走る。

三次駅

塩町までは福山に向かう福塩線と共用になるので、1日に14往復もあるが、そこを過ぎると備後庄原までが8往復、備後落合までは6往復である。

塩町駅

塩町は福塩線の終点だから、そこそこ大きな駅だと思っていたら大間違い。田舎の小駅だった。
30年以上前にここで乗り換えたはずなのだが、すっかり記憶から抜け落ちていた。
現在、福塩線の塩町折り返しの列車はなく、すべて三次へ直通である。そもそも、数は少ないが。

備後庄原~高駅

三次~備後落合の間でもっとも大きな町は備後庄原駅周辺。
その備後庄原駅を過ぎると、もうすべて山の中。ヒバゴンが出てきそうな比婆山の中を進んでいく。
こんな山の中ではあるが、一応庄原市なのだそうだ。

芸備線キハ120の車内

それにしても、キハ120は本当に経済性第一の車両なのだろう。お世辞にも乗り心地がいいとはいえない。
ボックスシートが1両に4つあったほかは、すべてロングシート。これで2時間近く乗っているのはつらい。
しかも、空いたからと思ってボックスシートに座ってみたら、なんとも座り心地が悪くてくつろげなかった。

比婆山~備後落合駅

さて、この写真は比婆山と備後落合の間。
川を渡っているのではなく、線路が川に張り出している箇所である。
ガードレールもなく、ちょっと恐い。
同乗していたおばさんの団体は、スリル満点の風景に大声をあげて喜んでいた。

備後落合駅付近

そして、いい加減、山の中を走るのに飽きたころ、となりに別の線路が寄り添ってくる。木次線である。
三次から1時間20分。広島からだと約3時間。まもなく、山の中のジャンクション備後落合駅に到着だ。

« 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(1) 広島~三次 | トップページ | 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(3) 備後落合駅 »

ニッポン旅ごころ(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

鉄道、乗り物」カテゴリの記事

コメント

おー、そうでしたか。
全然くつろげないですよね。
10分で背中と腰が痛くなりました。
ロングシートの端に、ぐたっとしているほうがましでした。

キハ120には何度も乗っていますが、おっしゃる通り、特にボックスシートの座り心地が良くないと感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(1) 広島~三次 | トップページ | 中国山地ローカル線乗り歩き 芸備線(3) 備後落合駅 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告