2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著書

  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 浅草: 六区の裏にあるワイルドなアーケード街「ひさご通り」 | トップページ | 稲荷町~田原町あたり »

2013-07-28

市谷薬王寺町の路地

極多忙の1か月あまり、ほとんど家を出ることなく、ブログの更新をする暇もなくて失礼しました。
まずは、リハビリついでの1本。
打ち合わせの帰りに、ぶらぶらと歩いているうちに行き当たった市谷薬王寺町の路地から。

市谷薬王寺町の路地

5月末であったが、すでに蒸し暑い日であった。
それでも、仕事で煮詰まった頭を冷やすために、大久保通りの脇道を神楽坂に向かっていると、味わい深い階段に行き当たったのである。

一見、階段の上はそのまま民家の敷地に入っていきそうだったが、どうやら路地になっていることがわかった。趣深い路地というのは、たいていが通るのがはばかられるように見えるのだ。

市谷薬王寺町の路地

この写真は、階段を上りきって後ろを振り返ったところ。
路地に咲くツツジが美しい。

市谷薬王寺町の路地

板張りの塀、凝灰岩のブロック、舗装されていない道に敷かれた石──この石はかつての都電の敷石にも見えるがどうなんだろう──など、パーフェクトとは言えないまでも、路地歩きの心を満たしてくれる素材にあふれている。

市谷薬王寺町の路地

自宅を出たら、すぐにこんな路地があるような生活はいいなあ。
住んでいる人にとっては、いろいろと不便があるだろうが、少なくとも子どもの情操面にはプラスになるような気がする。なによりも、飛び出したとたんに車にはねられる心配はないね。

« 浅草: 六区の裏にあるワイルドなアーケード街「ひさご通り」 | トップページ | 稲荷町~田原町あたり »

東京ぶらぶら散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅草: 六区の裏にあるワイルドなアーケード街「ひさご通り」 | トップページ | 稲荷町~田原町あたり »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日