« 雪残る雑司が谷界隈(3) 雑二ストアー | トップページ | 久しぶりの浅草松屋屋上は狭かった »

2013-03-04

地下鉄浅草駅に残る超時代的な地下街

東京メトロの地下街というと、表参道のおしゃれなそれや、新宿、渋谷、そして最近拡張された池袋のような賑やかで大規模なものを思い浮かべる人が多いかもしれない。

だが、銀座線浅草駅の地下街はそのどれとも違う。それは、レトロというような安っぽいことばでは表すことのできない、時代を超越した味わい深い空間なのである。

地下街の入口

その地下街の西側の入口は、浅草松屋の前から横断歩道を渡り、新仲見世に入ってすぐのところにある。
入口に理髪店を示すクルクルまわる赤と青のサインポールがあるので、何事かと思うかもしれないが、単に階段を下りるとすぐに理髪店があるだけのことだ。
ここが、超時代的な不思議空間の入口である。

私が子どもだったころは、入口の左側の店に今川焼きを「オートメーション」でつくる機械があって、飽きずに眺めていたっけ。今から思うに、半世紀近くも前に、あんな機械を考案した人がいたというのが驚きである。つい最近まで残っていたように記憶しているが、今回は目に入らなかった。

浅草駅の地下街

地下に潜り、理髪店の横を通ると、整体院に突き当たる。
施術中のおばさん先生と目が合ってしまったが、正面に位置する店に向かって歩くようにできているのだからしかたがない。

その突き当たりが三叉路になっていて、その左右に地下街が広がっている。
右に行くと、10メートルあまりで行き止まりになってしまうので、必然的に左に曲がるしかない。
もちろん、駅は左のほうにある。

浅草駅の地下街

この地下街は全長がせいぜい数十メートルほどだが、密度が実に濃い。
上下の写真を見ればわかるように、寿司屋もあれば、占いもあり、「気導術」という看板を出している店もある。
その向こうには、向かい合ってタイ料理とベトナム料理が仲良く店を出している。

浅草駅の地下街

さらに進むと、居酒屋があり、その向こうには「気功」と書かれた看板の店が。
こんな狭いところに、整体院があって気導術というのがあって気功もある。
まるで東洋医学銀座とでもいうような賑わいである。

過当競争なのか、それとも似た店が固まっていることで相乗効果があるのか。
単なる散歩者の私には想像もつかない世界が存在するに違いない。

浅草駅の地下街

やがて、この短くも味わい深い旅も、いよいよフィナーレが近づいてくる。
左の開放的な店は酒も飲めるラーメン屋のようだが、以前は本格的な飲み屋だったと記憶している。
かつては浅草駅の改札を出たあたりから、その店から漂ってくる異臭を感じたものだった。
しかも、その臭いは何十年もかけて地下街の壁にべっりとこびりついたような印象を受け、少なくとも食欲をそそることは一度もなかったと記憶している。

そんな年季の入った臭いがしなくなったということは、かなり隅から隅まで掃除をしたのだろうか。
ちなみに、店内の壁に、石原裕次郎のポスターが貼ってある。

130303f

そして、立ち食いそばが横目に見えると、浅草駅の改札口はもうすぐ。
いつからか、最後のカーブの内側では、中古DVDが売られている。
反対側にも何軒か店があったと思うが、今はシャッターが閉まっていた。

20年くらい前までは、地下街には昼間から酔っぱらっているおっさんがたむろしていて、とても写真を撮る気になれなかったものだが、時代は変わったものである。

やはり異臭の漂っていた銀座線上野駅の地下街が消毒されたようにきれいになり、整然とはしていたが古めかしかった神田駅の地下街が姿を消した今、いつまでこの超時代的な浅草の地下街は残ることができるのだろうか。
いずれにしても、この地下街がある限り、私は浅草に来るたびに時のたつ早さと遅さを感じながら、遠回りをしてでもこの通路を通るのである。

« 雪残る雑司が谷界隈(3) 雑二ストアー | トップページ | 久しぶりの浅草松屋屋上は狭かった »

東京ぶらぶら散歩」カテゴリの記事

コメント

ikeさんも、ここはご存じでしたか。
学生のころは、地下鉄浅草駅を通ると、改札横の小さなジュース売り場(ミキサーを使っていた)でよくジュースを飲んでいたものでした。
その後、20年ぶりくらいに、ジュース売りのおじさんと再会して、また何度かジュースを飲んでいたのですが、数年前に店を閉じてしまいました。

-JW-さん、そういえば浅草の鳥瞰写真をブログにアップしていましたね。iビルというのは、雷門の前にできたビルのことですか。
確か、設計段階で浅草寺ともめていたやつですね。
松屋が改装されて、屋上に上れるようになっていました。
何十年かぶりの登頂(笑)
昔のような遊具はなくて残念ですが、眺めはよかったですよ。
あ、それもアップしようかな。

この地下街、かつて東京に住んでた頃は、何度も通過したことのある場所です。
まだ、こんな雰囲気が残ってたんですね。
一ヶ月前、出張で浅草に泊まったのですが、地上の方は再開発が進んでいる様子でした。
とはいえ、まだまだ浅草は、地上でも昭和の香りがしました。

こんにちは、駄菓子さん

今日は i ビルの上から雷門を見下ろして「浅草も変わったなあ!」って言ってきたばかりの私です (^^ゞ

しかし、写真撮るなんで度胸いいなあって思って考えてみると、ソコを通ったのはまさしくすでに20年前でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪残る雑司が谷界隈(3) 雑二ストアー | トップページ | 久しぶりの浅草松屋屋上は狭かった »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告