« 雪残る雑司が谷界隈(1) 弦巻通り | トップページ | 雪残る雑司が谷界隈(3) 雑二ストアー »

2013-01-18

雪残る雑司が谷界隈(2) 路地裏歩き

弦巻通りから路地裏に踏み込む。
日が当たらないためか溶けずに残っている雪が、靴の裏でシャリシャリいうことに快感を覚えつつ、すべらないようにへっぴり腰で歩を進める。

雑司が谷の路地裏

この写真は、前の記事の3枚目にある「肉の大久保」を入ってすぐのところ。
手前にあるのが「肉の大久保」が入っている建物。その向こうに見えるのが、40年ほど前には都内のどこにでもあったようなアパートである。比較的大きな木造モルタル2階建てだ。

雑司が谷の路地裏

そして、2軒の建物の間に、こんな空間が。
まるで、大きな魚に飲み込まれようとしている小魚のように見える。右からも別の大魚が迫ってきて絶体絶命。木造の正体を現して、必死に逃げようとしているのか。「クレジットカードで即現金化」という怪しい広告が、危機感をいや増しにしている。

雑司が谷の路地裏

さらに路地裏を進むと、ところどころに板壁の家が現れる。
左のお宅は、きちんと手が行き届いた板壁の平屋。
なぜか、ここの前だけ道幅が広くなっていた。


正直なところ、こうした生活感あふれる路地裏は、歩くだけでも気が引けるのに、さらに写真などを撮るのは罪悪感さえ覚える。
……といいつつ、図々しく十数枚の写真を撮って、何事もなかったように表通りに戻ってきた私である。

雑司が谷の路地裏

さて、弦巻通りと交差するあたりに、昔ながらの食料品店、乾物屋、八百屋が軒を連ねる一角がある。
この店々が健在なのを見て、ちょっと安心したのであった。
何も買うわけではないのに、安心したり心配したりするのは身勝手というものだが。

(つづく)

« 雪残る雑司が谷界隈(1) 弦巻通り | トップページ | 雪残る雑司が谷界隈(3) 雑二ストアー »

東京ぶらぶら散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪残る雑司が谷界隈(1) 弦巻通り | トップページ | 雪残る雑司が谷界隈(3) 雑二ストアー »