« 勝沼ぶどう郷へ(下) おまけ----鉄道の巻 | トップページ | 京都・下京区新釜座町あたり(上) »

2012-05-08

墨田区八広・こんにゃく稲荷神社

先週の5日、墨田区京島にある親の家に立ち寄った帰り、あまりにいい天気だったので、電車にもバスにも乗らずにふらふらと歩きたくなった。
とはいっても、南に進路を取ると、今や超有名観光スポットと化した押上に至る。
そこで、へそ曲りな私は、スカイツリーに背を向けて、北方向に歩きだした。

こんにゃく稲荷

最終的には荒川までの1kmちょっとを歩いたのだが、その道すがら気になったのは、この神社である。
しばらくぶりに通りかかったのだが、やけに周囲がすっきりしていた。
高い塀があるわけでもなく、住宅地の真ん中にある広場のようにも見える。

三輪里稲荷神社、通称「こんにゃく稲荷」だ。
その名前の由来はホームページでも見て調べていただくとして、正月や初午はずいぶん賑わうそうだが、この日は連休というのに人っ子いない。
ここから2kmほど離れたところで、すさまじい人出になっているとは想像もできない静けさである。

こんにゃく稲荷

そして、社殿の裏にまわって撮ったのがこの写真。
そこに見えたのは、スカイツリーであった。
やはり、このあたりでは、どこに行ってもスカイツリーが付いてまわるようだ。

« 勝沼ぶどう郷へ(下) おまけ----鉄道の巻 | トップページ | 京都・下京区新釜座町あたり(上) »

東京ぶらぶら歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝沼ぶどう郷へ(下) おまけ----鉄道の巻 | トップページ | 京都・下京区新釜座町あたり(上) »

著書

  • 社会人に絶対必要な語彙力が身につく本[ペンネーム](だいわ文庫)
  • 『ようこそシベリア鉄道へ』(天夢人)
  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)
無料ブログはココログ

.