« 鎌倉散歩: 笛田から極楽寺へ(上) | トップページ | 「東京 -昭和の記憶-」がiPhone、iPad用アプリのアドオンに »

2012-01-21

鎌倉散歩: 笛田から極楽寺へ(下)

笛田と極楽寺を結ぶ打越トンネルは、20~30mほどの短いもので、初めから向こうの出口が見えていた。
その出口のすぐのところに人家があるから、トンネルからの眺めはどこか奇妙である。

打越トンネル

トンネルを出ると、山の谷間を狭い道が走り、その両側に家々に立ち並ぶという風景がつづく。
田舎のようでもあり、都会の周縁のようでもある。
こんなところに住んでいるのは、根っからの地元の人なのか、それとも趣味人なのか。静かに仕事に打ち込むにはいい環境だ。

打越トンネルの極楽寺側

かろうじて乗用車が通れるような狭い道をうねうねと歩いていくと、ぱっと視界が開けて、下の写真のような畑地に出た。
鎌倉というよりも、千葉か茨城あたりの農村を歩いているような気分である。
写真の左側に椿の花がちらりと見える。

極楽寺北の畑

徐々に道幅が広がっていき、道が分かれたり交差したりするうちに、左右の山がだんだんと離れていった。下の写真のような、立派な家も見かけた。
そして、「江ノ電極楽寺駅へ」という標識を信じて歩き続けるわれわれである。


極楽寺北

すると、道端に小さな祠を見つけた。
この集落の守り神であろうか。周囲には、石仏だか石像だかが何体も立っている。
南天の実の赤が目に鮮やかだったので、柄にもなくこんな写真もパチリ。

石仏と南天の実

そして、打越トンネルから約20分。大仏から約40分の散歩は終わりに近づく。
極楽寺駅北側にある棟割長屋の商店は、うれしいことに健在だった。

棟割長屋の商店

このあと、半年に1回ほど顔を出す喫茶店で一服して、夕食の場所を求めて江ノ電に乗った私たちであった。

« 鎌倉散歩: 笛田から極楽寺へ(上) | トップページ | 「東京 -昭和の記憶-」がiPhone、iPad用アプリのアドオンに »

ニッポン旅ごころ(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

コメント

ikeさん、「プチ峠越え」という感じで、なかなかの味わいでしたよ。
ぜひ、バイクでどうぞ!
確かに、ここをショートカットしたからといって、車ならたいしたメリットはないような気がします。
地図でみると、近くを山道で越えられるようなので、次回はそこにチャレンジして報告しますね。たぶん、トンネル開通前の峠道だったんでしょう。

あ、あの話題の番組ですね。中井貴一も出ている。
ちらりと画面を見たことがありますが、そんな設定だとは知りませんでした。
うーん、あんな不便で静かすぎるところに独身女性は一人で住みませんよねえ。男女問わず、よっぽどの趣味人か変人でしょう。
そもそも「古民家」なんていうものが、「はやっている」ほどあったかなあ?

そのトンネル、心惹かれます。いつ頃できたんでしょうか。
きちんと整備されているところをみると、結構往来があるのかとも思えますし、狭いままになっているところをみると、あまりトンネルを掘ってまで道を通す必要もなさそうですし・・・。
鎌倉も奥が深いですね。さすがは古都です。

お久しぶりです。
今月スタートのドラマで「東京の独身キャリア女性(キョンキョンが演じている)が鎌倉の古民家を購入し移り住む」舞台となっているのが極楽寺でした。ドラマでは「独身女性の間でそういうのがはやっている」という設定でしたが、あんな寂しいところに女性が一人で住むか?私だったら古武士のユーレイ見ちゃいそう。しかし、キョンキョンがオバサン役・・・感慨深いものがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉散歩: 笛田から極楽寺へ(上) | トップページ | 「東京 -昭和の記憶-」がiPhone、iPad用アプリのアドオンに »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告