2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

著書

  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 夏の思い出・山形県長井(上) | トップページ | 夏の思い出・山形県長井(下) »

2011-12-26

夏の思い出・山形県長井(中) & 長井の桜1980年

夏に行った長井の町のつづき。
これもまた立派な民家である。かつては何か商売をしていたのか。
それにしても、この家が建てられたときには、自家用車というものはあったのか。あまりにもちょうどいい幅である。

長井の民家

そして、われわれの自転車は市街地を離れて、最上川を渡る。
照りつける陽の光のもと、さえぎるものもないところを走るのは反対だったのだが、暑さ好きの妻に押し切られてしまった。

最上川沿い

と、そこで最上川の風景を見たとたん、暑さで沸騰した脳内にある光景がよみがえってきた。
「ここに来たことがある!」

そのとき、私はまだ大学生だった。
国鉄の周遊券を最大限に活用して、あちこちの路線を乗っていたのだった。
山形鉄道が長井線だった当時も、終点の荒砥まで乗っている。

長井の桜 1980年5月


そこまでは覚えていたのだが、長井で途中下車して桜を撮ったことは、ずっと記憶のかなたにうずもれていた。

というわけで、2回で終わる長井の話だったが、急遽予定を変更。

1980年5月4日に撮影した最上川沿いの満開の桜である。

長井の桜 1980年5月

暖かな春の日、堤防沿いに延々と桜並木がつづき、地元の人びとが桜を愛でて歩いていた。
バックに見える山は……どこでしょう?

そして、下の写真は最上川。
五月雨を集めて速かった。
ま、ホントの五月雨は、旧暦五月の雨だけどね。

長井の桜 1980年5月

それにしても、当時は写真が上手だったなあ。
体力があったからかな。

« 夏の思い出・山形県長井(上) | トップページ | 夏の思い出・山形県長井(下) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の思い出・山形県長井(上) | トップページ | 夏の思い出・山形県長井(下) »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日