2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

著書

  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 日本国、飯田橋、ラグタイム | トップページ | のどかな東急池上線・池上駅 »

2010-11-21

晩秋の廃線跡----西武安比奈線

週末に、図らずも廃線ウォークをすることになった。
行き先は、西武新宿線南大塚駅から分岐していた安比奈線である。
埼玉県の川越市内にある貨物線の廃線跡で、1960年代のなかばまで、入間川の砂利を採取するために運行されていた。
東京からも近く、マニアにはよく知られた存在だが、恥ずかしながら私は初めての訪問であった。

安比奈線廃線跡

実は、仕事の鉄道雑誌のコラムで使うために、写真が1枚必要だった。
しかも、モノクロページである。
そのためだけに、年末進行の忙しいなか、電車賃と時間をかけてやってきたわけだ。

安比奈線廃線跡

もっとも、仕事が気になって落ち着かなかったのは最初のうちだけ。
貨物線跡ということであまり期待していなかったが、思いがけない雰囲気のよさに徐々に引き込まれて行った。
30年ほど前、九州や東北の山の中まで森林鉄道の跡を追っていった私は、近ごろの廃線ブームに対しては斜に構えていたのだが、ここは悪くない。

安比奈線廃線跡

この路線のメインイベントは、雑木林を突っ切る区間である。
ただし、立入禁止になっているので、よい子は柵の外から撮ることになっている。
黄色く色づいた葉を、晩秋の夕日が鮮やかに照らし出していた。

« 日本国、飯田橋、ラグタイム | トップページ | のどかな東急池上線・池上駅 »

ニッポン旅ごころ(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

鉄道、乗り物」カテゴリの記事

コメント

期待した以上の場所でした。
季節もちょうどよかったかも。それに天気にも恵まれたし。
復活する日は来るのでしょうか。

あそこの跡地はなかなかいいですよね。
周囲の田園、畑アンド民家のバランスがまだ絶妙で。
落ち葉の季節はまた風情がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本国、飯田橋、ラグタイム | トップページ | のどかな東急池上線・池上駅 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日