2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著書

  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« スティーブ・ジョブズ『2005年スタンフォード大学卒業式祝辞』 | トップページ | 日本国、飯田橋、ラグタイム »

2010-10-30

シンガポールの中華街 1989年

寒くなってくると思い出すのが暑い国を旅行したときのこと。
行ってみると、「もう暑いのは嫌だ」と思うのだが。

シンガポールの中華街

1989年3月、タイ、スリランカ、インド、ネパールを経てシンガポールにやってきた。
前もって聞いていたとおり、よくも悪くもきれいな町だったが、そんななかで心ひかれたのが昔ながらの中華街。上の写真のように、どこか絵のなかの世界のように見えた。

シンガポールの中華街

夕方になると人通りも多くなり、勤め帰りの人が次々と食堂に吸い込まれていく。
レストランというのではなく、まさしく食堂である。
広い間口はすべてドアが開け放され、通りから丸見えだ。店内には、まさに大衆食堂でよく見かける安っぽい4人用のテーブルが数えきれないほど不揃いに並び、そのテーブルの両側では満員の客がみないっしんに箸やスプーンを動かしている。

もちろん、私もぶらぶらと夕方の散歩をしたのち、客が少なくなったころを見計らって、その店で晩飯を食べた。
いわゆるチリソースの炒め物が、実にクリアで刺激的な味だったことを覚えている。

だが、時間がとまったような中華街も、まもなく姿を消すことは予備知識のない旅行者にも容易に想像できた。
周囲には近代的なビルが迫り、そうした新しい町との境界あたりでは活発に建築工事が行われている。
最後の写真にあるような、古い町並みには不似合いな歩道橋も建設中だった。

その後の情報によれば、古い中華街が取り壊されたのち、客寄せのために外見を真似た観光施設やショッピングセンターが建設されたという。
だが、地元の人にはあまり評判がよくないそうだ。まあ、そりゃそうだろうと思う。

« スティーブ・ジョブズ『2005年スタンフォード大学卒業式祝辞』 | トップページ | 日本国、飯田橋、ラグタイム »

蔵出し旅写真(海外編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スティーブ・ジョブズ『2005年スタンフォード大学卒業式祝辞』 | トップページ | 日本国、飯田橋、ラグタイム »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日