« 石の鐘: 長野県信濃町 称名寺 | トップページ | 梅雨空の不忍池 »

2010-06-23

新幹線とキティちゃんの石像に出会った田端~尾久散歩

先日、ぶらぶらと夕方の尾久を散歩した。
仕事のついでだが。
ちなみに、尾久は北区にある町で、上野の次の駅である。
といっても、山手線でも京浜東北線でも常磐線でもなくて、高崎線や宇都宮線(東北本線)の中距離列車である。

田端駅下仲通り

山手線の田端を降りて尾久のほうに向かって歩いていくと、そこにあったのがやけにごちゃごちゃした商店街。
「田端駅下仲通り」というらしい。
いまでは珍しくなった万国旗が、あたかもナポリの下町にひるがえる洗濯物のように、道の上にはためいていた。

で、商店街のキャッチフレーズがこれ。

田端駅下仲通り

「新幹線が見える街」である。

「日本に新幹線が見える街など、いくらでもあるだろう」などと揚げ足をとってはいけない。
ここは、東北新幹線も上越新幹線も長野新幹線も見えるのだ!
……あ、どれも同じ線路か。

せっかくなら、「新幹線も在来線も都電も見える街」にすればよかったのに。

ぶらぶら歩きも尾久駅に近づいたところで、突然目に入ったのが下の写真の光景。
キティちゃんの石像である。
しかもペア。
ごく普通の家の前であった。

尾久のキティちゃん

最後に、尾久駅構内の地下通路を横断。
尾久には鉄道車両の車庫のような運転区があって、構内が広い。だから、地下通路も長いのだ。
ぼんやり歩いていると、快走する自転車に次々に抜かれていった。

尾久駅の地下通路

この通路のことは、最新刊の『鉄道を撮る』第2号に載せたので、ぜひ見てね。できれば買ってくれるとうれしいな。

« 石の鐘: 長野県信濃町 称名寺 | トップページ | 梅雨空の不忍池 »

東京ぶらぶら散歩」カテゴリの記事

コメント

たぶん、宝塚のようにタチ役なんでしょう (^^;;

ここで一言。「あーあ、PK戦で負けちゃった」
すいません。前後関係がなくて。

かわいい石像ですね。特注品でしょうか。
女の子はキティ。では男の子は?coldsweats01

うーむ、こんな結婚祝いほしくない……。
でも、奥さんが石材店に行って、「まあ、かわいい! これちょうだい」って、友人におねだりした可能性もありますね。
ないか。

友人の結婚祝いには、「いずれは家族が増えて、もっと大きな家に住めますように」との願いを込めて、できるだけ実用性がなく、かさばるものを選びます。例えば、巨大なぬいぐるみ(ペアで)とか。

このキティちゃんは、かさばるだけでなく大変に重そうで、結婚祝いには理想的と思われます。デザイン的にも不自然ではないですし。
でも、そんなプレゼントに「いずれは広い庭のある一戸建ての家に・・・」という応援メッセージが込められているとは、なかなか理解してもらえないかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石の鐘: 長野県信濃町 称名寺 | トップページ | 梅雨空の不忍池 »