« 駒込病院脇のひそやかな通路を抜ける「小さな旅」 | トップページ | 六義園の枝垂れ桜満開、ライトアップ »

2010-03-27

喜多方:蔵づくり以外の商家

先週の連休に、わけあって喜多方に行ってきた。
熱塩まで足を伸ばした……というと、何をしに行ったのか見当のつく人もいるかもしれないが、それはさておき22日は昼から喜多方市内をぶらぶら。

大和川酒造

喜多方というと、有名なのが蔵づくりの町並みとラーメンである。
もちろん、どちらも堪能したのだが、今回はまず蔵づくりではない町並みを紹介しよう。

上の写真は、大和川酒造の入口。中は見学できるようになっていて試飲もできる。
ちょうど、お坊さんが自転車に乗ってやってきたのでパチリ。
これが入っているといないとで、写真がまったく変わってくるといういい例である。

味噌・醤油醸造元

次は、味噌・醤油の醸造元である若喜商店の立派な建物。商店街の角にドンと建っている様は見事である。
タイル張りの外装に左右非対称のモダンな正面に、喜多方商人の意気込みが感じられる。

自転車屋

3枚目は商店街の駅寄りにあった富樫サイクルセンター。
「山口ベニーサイクル」の看板が懐かしい。

酒屋

それにしても、酒屋の多いこと。
もちろん、造り酒屋が多ければ、売り酒屋も多い。

洋館風日本家屋

おしまいは、大和川酒造の近くで見かけた建物。
一見すると洋館風だが、よく見ると瓦屋根になっていて純粋な日本家屋である。
ピンク色の外壁が似合っている。
「テナント募集」の看板が出ていたから、これを読んだどなたか借りてみない?

(つづく)

« 駒込病院脇のひそやかな通路を抜ける「小さな旅」 | トップページ | 六義園の枝垂れ桜満開、ライトアップ »

ニッポン旅ごころ(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駒込病院脇のひそやかな通路を抜ける「小さな旅」 | トップページ | 六義園の枝垂れ桜満開、ライトアップ »