« 鎌倉散歩 | トップページ | 北海道下川町の景観 »

2009-10-03

大田区・梅屋敷商店街の夕暮れ

 先週、仕事の都合で下車した京急の梅屋敷駅。京急蒲田の1つ品川寄りにある駅である。快特も特急も通過して、日中は10分に1本の普通列車が停まるだけだ。

 今年になって、たまたま何度か降りる機会があったが、気に入ったのは品川寄りにある商店街。大田区にはほかにも元気な商店がいくつかあるが、ここも人通りが絶えることなく賑わっているのがうれしい。

梅屋敷商店街

 魚や果物など、安くてよさそうな品が並んでいるので買って帰りたいが、家までが遠く、わざわざ持ち帰るのも億劫なので断念。
 その代わりといってはなんだが、仕事帰りの打ち合わせ場所として、以前から気になっていた喫茶店に入ることにした。

喫茶店「琵琶湖」

 それが、この「琵琶湖」。「コーヒー自慢」という看板はわかるが、左奥には「料理自慢」の文字が!
 いかにも昔ながらの落ち着く喫茶店というイメージである。だが、料理を出す喫茶店というのは、えてしてただ古いだけでコーヒーもマズいところが多い。

「はたしてここは?」と緊張して(ウソ)入店する私。

 私の不安は杞憂に終わった。
 コーヒーは、ものすご~~くウマいというわけではないが、この値段ならば(といっておきながら値段を忘れたが)十分OKである。店内も清潔でよろしい。

 しかも、ケーキやサンドイッチとのセットはもちろんのこと、半サンドイッチ、半トーストとのセットがあるというのがうれしい。小腹が空いたときに絶好である。

 夕方という時間もあってか、店内は地元の人と思われる客でいっぱい。商店街と同様活気にあふれていた。そんな雰囲気に、同行者も満足の様子。

 それにしても、なぜ「琵琶湖」なのか。
 店主が滋賀県出身なのか、それとも琵琶湖の水でコーヒーを入れているのか、はたまた琵琶湖名産の鮒ずしでも裏メニューで供しているのか?
 残念ながら、珍しく仕事のことで頭がいっぱいだったので、店の人に聞くのを忘れた。

喫茶店「琵琶湖」

 店外に出て、夕暮れの商店街を歩いていると、「居心地のよさそうな町ですね」と同行者がぽつり。
 生活に必要なものは一通り揃っているようである。500メートルほどの狭い商店街の両側には、食料品店や日用品店はもちろんのこと、銀行から葬儀屋まであった。

 そして、喫茶店もなんと4軒。ドトールや珈琲館(ここも個人経営のようだが)にまじって、琵琶湖は非常に健闘しているようである。
 池袋の東亜、秋葉原の古炉奈が閉店して個人的に寂しくなっている今、こうした喫茶店にはまだまだがんばってほしいものだ。
 あ、最後の写真に、同行の人が写ってしまった……小さいからいいよね、Oさん。顔はちょっとボカしておきました。

« 鎌倉散歩 | トップページ | 北海道下川町の景観 »

東京ぶらぶら散歩」カテゴリの記事

コメント

ウエッジウッドはわかっていたけど、松本民芸は知らなかった。
無線LANが使えて、しかも落ち着けるからよかったんだけど。

松本民芸の家具にウエッジウッドのコーヒーカップが並ぶ昔ながらの喫茶店なんて、もうアキバじゃやっていけないんですかね(涙)

古炉奈なくなりました (T_T)
昔ながらの雰囲気に、昔ながらのウエイトレスがいて落ち着いたんですがね。しかも、無線LANが使えたし。
100円引き券持っているのに……。
終わりが近くなると、行列ができていました。
もっと普段から行ってやれ!

……と思ったら、名前を変えて喫茶店になっていました。
そのうち行こうと思っていたら、なんとメイド喫茶のようです。

ええっー、古炉奈なくなっちゃったんですか−weep世知辛い世の中ですね。

ニンジンにも微妙な味わいの違いがあるんですね。産地が違うのかな。
個人商店が元気な町はうれしいですね。
珈琲館にも、実は仕事の待ち合わせの前に、一人で立ち寄りました。以前にも入ったことがあります。フランチャイズなんでしょうね。メニューは珈琲館なんですが、雰囲気は昔の喫茶店なんですよね。

たまたま今回のコーヒーはちょっと湯が多かったためか、量が多くて薄くなってしまっていました。珈琲館はペーパーフィルターだったかな。そのときの精神状態で微妙に味が変わりますよね。
飯田橋のラグタイムも、つくりおきでないストレートを頼むとマスターの精神状態がよくわかります(笑)

梅屋敷商店街! 懐かしい。ウサギを衝動買いしたのが、ここでした。ウサギって、慣れないものを食べない習性があります。

ペットショップにいる間、梅屋敷商店街の八百屋で売っている野菜を食べていたらしくて、ニンジンを買いに、よく行きました。この辺で売っているニンジンとは明らかに食べっぷりが違うんですよ。

琵琶湖も入りましたよ。私は、珈琲館のコーヒーがお気に入りでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉散歩 | トップページ | 北海道下川町の景観 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告