« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の5件の記事

2009-05-26

駒込富士神社でロレンツォ・ディ・メディチを想う

 病み上がりのまま仕事が超多忙モードになってしまったので、なかなか外を出歩く時間もない。それでも、体力を回復する必要があるから、太陽の光を浴びながら近所の散歩ぐらいはしようと心がけている。

 今日は家から5分とかからないところにある駒込富士神社に行ってきた。
 駒込というと、六義園や旧古河庭園が有名だが、スケールはくらべものにならないものの、富士神社の境内もなかなか味がある。

駒込富士神社境内

 富士神社という名前からもわかるように、江戸時代の富士講と関係しているらしい。神社の本殿は急な階段の上に建っており、この小山を富士山に見立てているのだろう。
 そこまでは勘づいていたが、駒込に20年も住んでいた初めて知った事実もあった。

 かつてはこの富士神社は本郷にあったというのだ。だが、前田家の屋敷がつくられたために、現在の土地に移転したのだと現地の看板に書かれていた。
 前田家の屋敷といえば、いまの東大の構内である。以前から、あそこに本富士町という地名があることを不思議に思っていたのだが、これで合点がいった。

本殿への階段

 がらんとした境内では、小学生が野球をして遊んでいた。野球といっても、プラスチックのバットとゴムボールのようである。
 境内には大きな木が茂り、とても山手線内側の21世紀の風景には見えない。

 本殿への階段は非常に急で、子どもや年寄には見るからに危険である。
 こんなこんもりとした塚を誰がつくったのだろうと思っていたら、それの答えも書いてあった。
 古代の前方後円墳らしいというのである。へえー。
 確かに、板橋区あたりをうろうろしているうちに、あちこちに古墳の跡があることを知ったのだが、こんなところにもあったのだ。

階段の上からの眺め

 階段を降りると、さっきまで野球をやっていた子どもたちが、サッカーボールを持ち出しているではないか。
 なんという変わり身の早さ。
 彼らはあっというまに靴で地面にラインを描いて、ボールを蹴りはじめた。
 久しく、子どもたちがこんなに伸び伸びと遊んでいる風景は見たことがなかった。

 一緒になって遊びたいところであるが、彼らとは40歳ほども年が離れている。不審者と思われるのもなんだし、さすがにやめた。
 その代わり、偽インテリである私は、彼らに一片の詩を捧げることにした。他人のつくったもんだけどね。

駒込富士神社境内

 フィレンツェのメディチ家最盛期の当主であるロレンツォ・イル・マニーフィコ(大ロレンツォ)こと、ロレンツォ・ディ・メディチがつくった有名な「Il trionfo di Bacco e Arianna」(バッカス<バッコ>とアリアドネ<アリアンナ>の凱旋)という詩の冒頭である。

Quant'è bella giovinezza,
che si fugge tuttavia!
Chi vuol esser lieto, sia:
di doman non c'è certezza.

(以下、二邑亭駄菓子による21世紀日本語訳)
若いっていいね
でも、あっという間のことなのさ
楽しくやるのがいいよ、ね
明日のことなんかわかんないし

 大学時代のイタリア文学の授業で教わった詩である。まだまだ純情だった私のセンチメンタルな心を、いたく揺さぶったものだった。
 3行目あたりが、ちょっと意訳だけど許してね。
 ちなみに、一般的な訳は、ここここをご覧あれ。

2009-05-21

イタリア・トリカーリコのネコとロバ

 長年の疲労が蓄積したか、はたまた連休の不摂生がたたったか、10年ぶりに医者にかかるハメになってしまった(歯科医を除く)。ここ20年でも、インフルエンザが2回、食あたりが1回、風邪による腹痛が1回の計4回のみだったのに、今回は治るまでに3回も通ってしまった。
 久しぶりなもので、最近急速に進んだ医薬分業にも慣れておらず、医院の受付で無知な質問をしてしまったのも恥ずかしい。

トリカーリコのネコ

 そんなわけで、たいして外出もせず、せいぜいうちの近所を散歩していた2週間であった。その間に、下界ではいろいろな事件や騒動が起きているものだ、と感じる今日この頃である。

 外出をしないのでたいしたブログのネタもない。とはいえ、放置したままでは寂しいので、手持ちの未発表写真を公開してみようと思い立った。

トリカーリコのネコ

 鉄道のネタにしようか、ネコのネタにしようか迷ったが、もう見ればわかるようにネコにした。
 南イタリア、バジリカータ州の町 トリカーリコ に棲息するネコである。2002年に訪問した町で、そのときの様子は、上のリンクをクリックすると私がつくったホームページが表示されるので見ていただきたい。

トリカーリコのネコ

 かつてはアラブの支配下に置かれたこともあり、旧市街はカスバのように路地が入り組んでいる。車も入ってこないので、ネコにとっては天国のようなところなのである。
 ところで、イタリアに行くと、上の写真のようにクルマの車体の下、それもタイヤのすぐそばで日射しを避けているネコをよく見かけるのだが、これで車に轢かれないものなのか。少し心配である。

 ちなみに、この赤いクルマの名前を見ると、フィアットの「Tempra」というプレートがついている。アクセントが語頭にあるとはいえ、「テンプラ」かあ……。
 イタリア語の辞書を見ると、「(金属の)焼き入れ」「筋金入り」といった訳語がついていた。イタリア人にはいい語感なのかもしれないけれど、日本じゃこのままの名前じゃ売れないであろう。

トリカーリコのロバ

 最後の写真は、生き物つながりでロバである。
 ぶらぶらと散歩していたら、ロバに乗った老人が目の前を横切って行った。今や、イタリアでも田舎の奥地でさえ見かけないロバであるが、小さいとはいえ街中の舗装道路の上を歩いていたのには驚いた。
 野良仕事の帰りなのだろうか。それとも道楽?

2009-05-05

「大阪ほんわかテレビ」に出演することに……

 恥ずかしながら、読売テレビ制作による「大阪ほんわかテレビ」という番組に出演することになりました。
 「情報喫茶店」というコーナーで、素人さんがいろいろ登場するなかの一人だそう。テーマは「時代を超えて、今なお」ということで、拙著『国鉄風景の30年』に目をとめてくださったディレクターのおかげで出演することになったというわけです。
(本の詳しい内容は、ここここ にあります)

京都・七条大橋から見た鴨川

 すでにロケは終わって、放映日は5月10日(日曜日)、22時30分から関西地区のみで放映されます。
 軽い気持ちで受けたのですが、関西の友人たちに聞いてみたところ、誰一人知らない人がいないという人気番組だと知ってびっくり。確かに、スタジオに出るメンバーがすごい。詳しくは、上のリンクで見てくださいませ。

 まあ、自分の住んでいるところで放映されないのは気が楽ですね。そうじゃなければ、引っ込み思案の私とすれば、しばらくは恥ずかしくて外を歩けないし、なにしろ悪いことができなくなるから……。

京都・七条大橋

 ロケ地は京都と餘部。もちろん、拙著のテーマである定点写真が基本です。京都については、上の七条大橋から撮った写真を見れば、鉄道ファンならば「ああ、昔の写真なら、あれが出てくるんだろう」と想像がつくでしょう。
 でも、ハイライトは餘部。もちろん餘部鉄橋も関係あるのですが、そこでちょっとした人間ドラマが待ち受けています。詳しくは、放映をお楽しみに!

餘部鉄橋

 私としては、その番組を見たことがなかったので、どんな雰囲気なのかもわからず、最初はちょっと緊張気味でした。しかも、朝早くからロケが始まったもんだから頭が回らなくて、レポーターの容赦ない突っ込みにたじろぐばかり。今思い出すと赤面ものです。
 
 でも、しだいに、ゆる~い雰囲気の番組と知って途中からはリラックス。最後にはちょっと悪のり気味だったのではないかと反省しております。

 現在、編集作業が進行中とのことで、いい場面だけをうまく残して、恥ずかしいところはみんなカットしてもらえればうれしいのですが。

2009-05-03

西ヶ原には緑が多かった

 連休、といってもフリーの仕事にはあまり関係ないのだが、それでも周囲の人たちが遊んでいるのを見ると、あくせく仕事をする気もなくなる。
 そんな気分の連休前半、家の近くでありながら、ここ久しく足を運んでいなかった北区西ヶ原近辺を散歩しようと思い立った。もっとも、昼間までたっぷり寝ていたものだから、歩きはじめたのは夕方といってもいい時刻である。

平塚神社

 駒込から裏道を通って、旧古河庭園近くの本郷通りに出ると、まず目の前に入ったのは、上の写真にある平塚神社。
 前から何か神社らしきものがあるとは思っていたが、じっくり見たのはこれが初めてである。敷地が広くてなかなか雰囲気のある神社である。平安末期には、豊島氏によってここに平塚城が築かれたそうだ。
 神社もいいのだが、入口にある和菓子処「平塚亭」の建物が趣深い。

西ヶ原の町並み

 そして、横断歩道を渡って振り返ると、上の写真のような、これまた趣深い建物があった。
 今回の散歩では、まだまだ古い家屋がところどころ残っているのを目にした。

西ヶ原一里塚

 さらに本郷通りを王子方面に歩いていくと、道の中央に見えてくるのが一里塚。この通りはもともと日光御成道として整備されたもので、ここは日本橋から数えて2里目に当たる。

 そういえば、今から30年以上前にここを歩いたことを思い出した。そのときは、まだ本郷通りに都電が走っていたっけ。広い道のまんなかに、こんもりとした木々が繁っているのを見て驚いた覚えがある。
 たぶん、アルバイトの帰りだったのだろう。もし、カメラを持っていたら、一里塚を背景に写真を撮っていただろうに。

七社神社

 地図も持っていない適当な散歩だったので、いいかげんな気分で道を右に曲がると、そこにあったのが七社神社。住宅地のなかに、うっそうとした林が忽然と現われるのが幻想的である。
 ここまで来れば飛鳥山は目の前だったのだが、ちょっと用事があったので散歩はこれでおしまい。地下鉄南北線の西ヶ原駅から都心に向かうことにした。


花盛りの岡山と路面電車

 間が抜けてしまったが、4月中旬の旅行の続きである。
 上郡から普通列車で1時間弱。昼過ぎに岡山に到着した。
 岡山市は4月1日から政令指定都市になったとのことで、あちこちにそれを祝うのぼりやら垂れ幕やらがあった。

岡山の路面電車

 岡山に用件があったといっても、要するに路面電車に乗ることであった。
 路面電車としては日本で一番路線が短く、西日本のなかでは地味な存在である電車だ。
 それでも、早くから路面電車をはじめとする公共交通を大切にしようという市民運動が盛り上がり、会社(両備グループの中核企業である岡山電気軌道)や行政、警察を巻き込んで近代化が進められた路線である。これで3度目の訪問である。

 残念ながら、超低床車の「MOMO」は定期検査のために走っていなかったが、運転士のユニフォームには、この通り、しっかりとMOMOのロゴが縫いつけてあった。

路面電車の車内

 まずは岡山駅前から桃太郎大通りを城下まで歩いたのだが、ここ何年も来ないうちに、すっかり様子が変わってしまった。道が広くなって、左右には近代的なビルが林立。よくも悪くも垢抜けてしまった。
 城下で目立つのは円筒形をしたシンフォニーホール。高層階にコンサート会場があるのだが、低層階は商業施設となっており、この1階で讃岐うどんを食い、たまたまやっていた古本市で大枚3200円も使ってしまった。

禁酒会館

 城下で目立つこの建物は「禁酒会館」。大正ロマンあふれる登録有形文化財の建物である。1階にキリスト教関係の書店があるところからして、ここはキリスト教会の施設なのだろう。前述の公共交通を見直そうとうい市民団体の事務所もここにあるそうだ。
 でも、名前からして私には近づきがたいオーラが放たれているようなので、このあたりから写真を撮るにとどめた。

岡山の路面電車

 そして、上の写真は岡山の路面電車の撮影名所、中納言電停。バックの建物は、右が廣榮堂本店、左が広栄堂武田である。ともに、きびだんごや和菓子で知られている。ルーツは同じなのだそうだが、いろいろと経緯があって別の店になっているそうで、なかなか微妙な関係のようだ。

京橋のたもと

 最後の写真は、京橋のたもと。旭川がこのあたりで中州をつくっているために、電車は連続して京橋、中橋、小橋という3つの橋をわたる。八重桜か山桜か、しかと見るのを忘れてしまったが、花盛りであった。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »