« ミラノ空港大追跡(下) --大団円 | トップページ | 雑司ヶ谷鬼子母神の初詣 »

2008-12-28

チンクエチェントのカラーバリエーション

 今回の旅において、チンクエチェントはまずまずの豊作であったといえよう。
 ちなみに、チンクエチェントとは、フィアット社の500(イタリア語でチンクエチェント)という小さな車の名前である。
 全般的に車体の色は白が多いのだが、今回はさまざまな色のチンクエチェントを写すことができたのは、この上ない喜びである。

 最初の写真は、旅先からのブログでも紹介したサッサリの旧市街。鮮やかな青のチンクエチェントは、たぶん青いバラほどではないが、かなり珍しいと思う。

サッサリの青いチンクエチェント

 写真を撮っていたら、やってきたのがこの男性。この家の住人であり、かつまたこの車の持ち主のようである。
 自分の車を撮っているおかしな東洋人がいるぞ、と思ったに違いない。なにしろ、このときは妻も義母もいた。
 私は不審者に間違えられないように(とっくに不審者だが)、とっさに叫んだ。
「きれいなチンクエチェントですね!」
 すると、かの男性はこちらを見て、にっこり笑って手を挙げてくれた。

 さて次は、アグローポリの新市街で見た、渋い赤のチンクエチェント2台である。

アグローポリの赤いチンクエチェント、その1

アグローポリの赤いチンクエチェント、その2

 じつは、この2台、10数メートルをへだてて狭い通りの同じ側に駐車していた。
 残念ながら、あいだにほかの車が停まっていたので、同じフレームに入れて撮ることができなかった。
 正面のバンパーがちょっと違うが、色も同じこの2台。どんないわれがあるのか、はたまたないのか。興味深いところである……?

 次のチンクエチェントは、サッサリの新市街で見たチャコールグレーの1台。
 これほど濃いグレーというのもあまり見ない色である。写真にするとなかなか再現が難しい。

サッサリのグレーのチンクエチェント

 これもまた、わざわざ通りの中央分離帯から撮っていたら、正面の店から出てきたおじさんに見つかった。
「この車が好きなのかい?」
 ありゃ、また所有者に鉢合わせしたか……と思って、「ええ、チンクエチェントが大好きで」と答えた私。
 だが、その人は車に乗り込むのでもなく、そのまま去っていってしまった。
 単なるおせっかいな通行人だった。

 最後は、レッチェで見た赤いチンクエチェント。アグローポリのものよりも、かなり鮮やかな赤である。
 正面からも撮ったが、この後ろからのアングルもまたよろしい。

レッチェの赤いチンクエチェント

 というわけで、今回は走行写真を撮ることはできなかったが、それなりに収穫はあった。
 別に、チンクエチェントを撮るのが目的ではないので、これで十分であろう。

 ところで、あちこちのブログを拝見すると、この「チンクエチェント」のことを「チンクエ」あるいは「チンクェ」と略している方が少なくない。
 まあ、他人がなんと呼ぼうが構わないが、チンクエチェントだから500なのであって、チンクエでは5になってしまう。スバル360のことをスバル3と呼ばないように、チンクエだけではどうも寂しいのである。

« ミラノ空港大追跡(下) --大団円 | トップページ | 雑司ヶ谷鬼子母神の初詣 »

イタリアの旅 北から南まで」カテゴリの記事

鉄道、乗り物」カテゴリの記事

コメント

ええーっ、ちっちゃいから「チンケ」だってぇ。
ウソッ、ホントッ? 信じられなぁ~い。(失礼)

でも、「チンチェン」ですかあ。それだと、所有欲も減退しそうだなあ。
それはともかく、みんなよく乗っているもんだと思って震撼します……じゃなくて感心します。

ちっちゃいから、「チンケ」って言うのかと思ってましたぁ(すいません)。

略すなら「チンチェン」ですかね。
かなり古い車ばかりだと思いますが、みんな修理したりしながら、大事に乗ってるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミラノ空港大追跡(下) --大団円 | トップページ | 雑司ヶ谷鬼子母神の初詣 »