2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著書

  • 『定点写真でめぐる東京と日本の町並み』(青春出版社)
  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 浅草:ちょっと怖い「被官稲荷神社」 | トップページ | 神保町「ミロンガ」のケーキセット »

2008-11-03

羽田:大師橋の豪快な眺め

 羽田から多摩川に沿って六郷土手のほうに歩いていくと、目の前に大きな橋が見えてくる。
 手前の橋が首都高横羽線の橋(写真左側)、その向こうが産業道路の大師橋(写真右側)である。
 この2本の橋(大師橋は上り下りの2本があるから計3本だが)が多摩川上でV字を描き、川崎側の岸辺で交わっているという光景は、なかなかに豪快である。
 この写真は、そのV字の股の真下から撮ったもの。、

大師橋

 その豪快な光景のもと、川岸ではのんびりと釣りを楽しむ人たちがいるのもいい。
「写真の本質は記録である」と常日頃うそぶいているのだが、こんな風景のなかでは、ちょっと気取った写真を撮りたくなってくる。
 ……え、こんなんじゃ全然気取っているうちに入らないって?

« 浅草:ちょっと怖い「被官稲荷神社」 | トップページ | 神保町「ミロンガ」のケーキセット »

コメント

ikeさん、恐縮します。
ちょうどいい具合に陽が傾きました。

この写真、すごく好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅草:ちょっと怖い「被官稲荷神社」 | トップページ | 神保町「ミロンガ」のケーキセット »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日