« 八丁堀:亀島川の夜景 | トップページ | 羽田:大師橋の豪快な眺め »

2008-10-28

浅草:ちょっと怖い「被官稲荷神社」

 先週末は浅草ビューホテルで小学校の同期会があった。
 3年ぶりに開かれたもので、ついつい盛り上がって三次会まで出席。メインの会が夕方5時に始まり、家路についたのが11時だから6時間飲み続けたわけだ。最後のあたりはほとんど記憶がないのだが、みんなに迷惑をかけなかったか心配である。

被官稲荷神社遠景

 さて、その同期会の前に、観光客で賑わう観音様(浅草寺)にお参り……をせずに、その脇にある浅草神社を訪問。実は、観音様は戦災(空襲)で焼けたのだが、浅草神社は奇跡的に焼け残り、こちらが重文となっているのだ。
 三社様こと浅草神社は、観音様の御本尊を隅田川で網にかけたという漁師の兄弟と、それが観音菩薩像だとして安置することを決めた人の3人を祀ったものである……と小学校で習った。
 いまではきれいなウェブサイトもあり、「巫女の独り言」というブログまであるから驚きである。

 実はこの日、それなりに人が集まっている浅草神社もまた素通りして、境内の片隅にある被官稲荷神社にお参りしたのであった。ここは、知る人ぞ知る、不思議な雰囲気の神社なのである。

被官稲荷神社

 京都にある伏見稲荷神社から分社したとのことで、いまは浅草神社の末社であると、浅草神社のサイトに説明があった。
 被官という名前なので、出世や就職にご利益があるということは、以前から知っていた。どちらも、わたしには縁もなく、必要もないものだが、ちょっとひいきにしているっていう感じかな。

 稲荷神社だから当たり前かもしれないが、狐の石像が何体もあって、初めて見たときには不気味に思われた。
 その日は先客が2人いたが、手ぶらで来ているところを見ると、やっぱり近所の人なのだろう。
 そして、ここに来るたびに見入ってしまうのが、この狐の「お姿」である。

お姿

 神社に奉納されているのだが、この「お姿」が何百体も並べられているのを見ると、ちょっとドキッとする。
 夜中にこんなものが目の前に現われたら怖いなあ。

« 八丁堀:亀島川の夜景 | トップページ | 羽田:大師橋の豪快な眺め »

東京ぶらぶら散歩」カテゴリの記事

コメント

みゅこさん、はじめまして。
お返事が遅くなってしまいました。
それは奇妙な体験でしたね。
この神社に行くと、「そんなばかな」と笑うことができない雰囲気を感じます。

私は、昔知人に言われた通り、ここに来ると神社のなかを一周して、全部のきつねの額をなでてきます。
といっても、たぶん見落としたきつねもあると思いますが。
かなり連れ帰ってきているかも。

6年も前の書き込みですが、この神社で不思議なことがあったので書かせていただきます。
先日ここで就職祈願して就職先が決まったのでお礼参りへ行きました。
お狐様の扉はしまっていて、お参りする人も私しかおらず雨も降っていたので暗い感じでした。帰りにとても気持ちが悪くなり、寒気と吐き気がすごく、途中で何か連れて帰って来てしまったのではないかと思いました。
でも「そういう痛い話をするおばさんじゃないし(笑)ははは」と気のせいと思いこむことにしてなんとか家に戻りました。念のため玄関前で自分に粗塩を振りかけ、玄関に盛り塩をして家に入ったんですが、後ろでチリリ…と鈴の音がしたんです。
外に誰かいるのかと思いチェックしたんですが誰もいませんでした。
これはいよいよヤバいと思い、地元の氏神様にお参りへご祈願したら、スッと心臓あたりから冷たいものが出ていき事なきを得ました。
でもお礼参りへ行ったのになんで呪われるの?!と納得いきませんでした。

あれは何だったんですかね?
結局決まった会社も1カ月でクビでしたw

「渡来」だと、ただ渡ってきたという事実を示すだけの感じだけど、「帰化」となると、何か価値観が込められているように聞こえますよね。そもそも「帰化」といってもピンとこない若い人が増えているからかもしれないし。最近では新聞でも使わなくなったように思います。
パンダ目の人は、徹夜明けで目に隈ができたとか、殴られて青あざができたのとは違うんでしょうね、やっぱり。

「喰うかい?」は笑笑。

無粋ですが、帰化も調べました。「帰」には「回って適したところに落ち着く」って意味があるみたいで、帰化は君主の徳化に服従する、ってことらしいです。

自主的に日本に来たのかどうか解らない人を帰化人と呼ぶのはおかしい、ということで渡来人なんですかね。

今日、電車で、目の周りがうっすら丸く黒くなった人を見ました。昨日、ハロウィンでパンダの変装をして、落とし切れなかったのでしょうか? 本人は気付いてないのか、普通の顔でいるのが可笑しくて。周りの人も首に力入れて俯いてました。

なるほど、紙の史料でもそういう記述があるんですね。
そういえば、今の教科書では「帰化人」じゃなくて「渡来人」と表現するんでしたっけ。よく考えると、「帰化」って不思議なことばだなあ。何か特別な由来があるんですかね。
それにしても、いけにえは嫌だなあ。もし海に投げ込まれたら、サメに「食うかい?」なんて尋ねたのでしょうか。

駄菓子さん、確かに常連は悪霊の気配あり。

私も帰化人が漁師って、何だかなぁって思ったけれど、漁師に名字があるってのもねぇ。網を作る技術に優れていたとか、お偉いさんにくっついて来て、海に捨てられたとか… 昔は海が荒れた時に、神様に捧げる為のいけにえ用の人間も連れて来ていたみたいだから。

空海もいけにえ用に遣唐使船に乗せられいたみたいですね。若くて優秀だったのかと思ったら… 坊さんを投げ込むのは、普通の人より威力があると思われていたんですって。

因みに、私は調べ物には紙の史料しか使いません。

角之進殿、そんなことのようです。
ということは、世の中には出世したり、就職がうまくいった人が、そんなにいるということなんでしょうか。
ちなみに、お狐様の「お姿」は今戸焼の素焼きで、一体1300円だそうです。
飯田橋の某喫茶店に飾っておきましょうかね。
悪霊退散! なんていって、さらに客が少なくなりそう。

風さん、♪マコ、甘えてばかりでごめんね……ですね。
現在の医学なら、ミコは助かったのかなあ?

三社様の件ですが、朝鮮からの帰化人という話を、私もネットで目にしたことがあります。でも本当なのかなあ。わざわざ、当時の浅草くんだりまでやって来て漁師をしているというのが解せないのですが……。
関西で文化人や技術者をやっていれば引っ張りだこだったろうし。関東でも狛江とか高麗川あたりには集団で移住したといいますが。

いずれにしても、川で見つけた話自体が、年代を考えると伝説の域をでないようですね。

願いが叶ったら、お狐さんを一体ご奉納する・・・ということなんでしょうかね・・・もしそうなら、ご利益の証明みたいなものなんでしょうが。

駄菓子さん、こんばんは。マコがすぐに解っちゃった風です。あの映画、映画館で見て泣きましたよ。中学の時だったから、すでにリバイバルだったかも。

いやはや三人の漁師と記憶していたので、気になって調べました。三社だから三人と勝手に決めていたみたいです。駄菓子さんが最初に書いている通り、二人の漁師と、お堂を建てた村長さんで三人でした。因みに漁師は檜熊浜成(ひのくまのはまなり)、竹成(たけなり)の兄弟で、村長は土師真中知(はじのまなかち)ですって。三人とも朝鮮半島からの帰化人と言われているようです。

どうでもいいことを調べてる時の、心のゆとりや、解った時の達成感がとても好きです。

keiさんも浅草出身でしたっけ!?
被官稲荷神社は境内の北東隅にあります。
私の生まれは向島なので幼稚園はそちらですが、小学校時代に浅草にやって来て富士小学校に通いました。

浅草寺幼稚園は、園児が年中行事をやっている場面がニュースで放映されていましたね。keiさんもあのかわいい園児の一人だったんでしょうか。

田原小学校というと、ビューホテルには比較的近いですよね。
でも、われわれの時代はビューホテルよりも国際劇場のほうが通りがいいかな。
あの道は、いまでも国際通りという呼び名しか知らないんですが……。

風さん、こんばんは
狐の「お姿」をもっとアップで写したかったのですが、ちょっと怖かった。

「ミコのブログ」もあるならば、「マコのブログ」も欲しいなあ……って、ちょっと古いネタですいません (^^;;
「愛と死をみつめて」でした。

観音様のご本尊はとっても小さいんですよね。はたして寺のお偉いさんも見たことがあるんでしょうか。ちなみに、これを見つけた漁師はたしか2人だと聞きましたよ。

雷門のほぼ真ん前(真ん前だと都電の電車道になってしまいますが角から3軒目ぐらい)が生誕の地なので浅草寺幼稚園~田原小学校なんですが不覚にもこの神社は知りませんでした。ちなみに小学校の時のあだ名が「狐」でした。

私も神社が好きなのですが、お稲荷様は怖いですね。写真を見てゾワッとしました。狐は動物としては好きなんですけどね。

巫女さんのブロクって心惹かれますねぇ。

浅草寺のご本尊は、三人の漁師が見つけたという観音様ですよね。でも、これ完全非公開の秘仏。誰も見たことがないって神秘的、と思うか、本当はないんだろ、と疑うかは個人の自由ですが…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八丁堀:亀島川の夜景 | トップページ | 羽田:大師橋の豪快な眺め »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告