2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著書

  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 八重洲の路地と猫 | トップページ | 高田一丁目あたり »

2008-09-14

銀座ライオン

 久しぶりに銀座のライオンでビールを飲んだ。
 戦前からのホールは健在。もちろん、モザイクも昔のままであった。
 こうした雰囲気のなかで飲む生ビールはまた格別。
 ガイドブックらしきものを手にした欧米人の姿もちらほら、ここも有名スポットの一つなのだろうか。

銀座ライオン

 失敗したのは名物のローストビーフ。初めて注文したのだが、あんなぶ厚いとは思わなかった。
 薄っぺらなローストビーフしか知らない私は、1枚980円という値段を聞いて、「ずいぶん高いなあ」とは思ったのだが、酔った勢いもあって、2人で3枚も頼んでしまった。
 まあ、いいか、ウマかったし。

« 八重洲の路地と猫 | トップページ | 高田一丁目あたり »

東京ぶらぶら散歩」カテゴリの記事

コメント

おお、あまりに完璧な笑い話ですね!
でも、三越のライオン像を横目に、ずっと待っていた人がいじらしい。
7時ごろに到着したときは満員だったけど、広いし客の回転もいいのですぐに座れました。

大昔、銀座のライオン前で待ち合わせ、待ちぼうけ。相手は銀座三越のライオン像前にいたらしい。ケータイがなかった頃の話です。
今では観光スポットなんですね。隔世の観。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重洲の路地と猫 | トップページ | 高田一丁目あたり »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日