« 池袋・東亜珈琲館閉店 | トップページ | 銀座ライオン »

2008-08-28

八重洲の路地と猫

 東京駅八重洲口から徒歩3分、まだこんな路地がある。
 20年くらい前は、日本橋や京橋にも、こうした路地がいくつもあって、飲み屋や小料理屋が軒を連ねていたものだった。道の中央には、かつてどぶが流れていたのだろうか。

八重洲の路地

 なんでも昔がよかったというつもりはないが、どこもかしこも隅から隅まで明るくなって、陰影が乏しくなったのは確かである。
 この路地もいつまでこの姿で残るだろうか。数年後には、おしゃれなビルが建っているかもしれない。

八重洲の猫

 その路地で見かけた猫。ちょっと緊張させてしまった。目をまん丸にしている。
 まるで梅雨のような今日このごろ、あまり散歩には向いていない日々である。

« 池袋・東亜珈琲館閉店 | トップページ | 銀座ライオン »

東京ぶらぶら散歩」カテゴリの記事

コメント

風さん、こんにちは。
ちょびっと、ごぶさたしています。
ここ2週間ほど多忙を極めていて、某喫茶店にも顔をほとんど出さない状態です。
でも、たまにブログ更新しますのでコメントしてくださいね。お手柔らかに。

こんばんは。風です。ケータイから入れるじゃん。MIXIから入れないだけでした。これからはちょくちょくお邪魔します。まずはご挨拶まで。

なるほど。
まあ、多国籍料理店の味は別として、外側をそのまま残して、中を新しくするというのはイタリアと同じ手法ですね。
ただ、木造家屋を残すというのは、ずいぶん手間と費用がかかるんでしょうね。

そうですよね、京都はまだある方なのかも・・

でも、やっぱり観光都市なので、町屋風が流行なのか
若い人が町屋でお店してるとこが多いのです。

せっかく昭和を味わいたくても、町屋で変な多国籍料理
みたいな店が増えてるのですよ。
だいたいそういう所は、まずい。
自分の料理よりもまずいものにお金出すの嫌でしょ?

昔ながらの京風のおばんざいの店がなかなかないのですよ。

うちの近くの路地は外人も沢山住んでますよ。

minaさん、こんばんは
意外と東京の中心部には、戦災で焼け残った地域に、昔の雰囲気を残す場所があるんですよね。
そんなところも、少しずつ少なくなってきました。
谷中や雑司ヶ谷あたりは、その最後の牙城かも。

でも、minaさんは京都にお住まいじゃないですか。
こんないい路地はたくさんありそうですが。

東京の真ん中にもこんな所があったのですね。
若い頃は、東京へ買い物に行ったり、大都会大好きだったのに、今ではこういう雰囲気大好きです。

TVで谷中とか見て、行ってみたいなと思ってました。
路地の一杯飲み屋、帰りに猫に残り物をあげて・・

あーーいいなあ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池袋・東亜珈琲館閉店 | トップページ | 銀座ライオン »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告