« 膳所:旧東海道その1 | トップページ | 『国鉄風景の30年』から(その1) »

2008-04-19

膳所:旧東海道その2

 膳所の旧東海道(変換したら「給湯街道」と出てきた)は、古い家がほどほどに残っていること、静かなこと、車のとおりが少ないこと、ほどよくうらぶれていること(住人の方々、すみません)など、実に味わいの深い道であった。

膳所の旧東海道

 膳所本町から旧東海道を歩いていたら、知らない間に隣の中ノ庄駅まで一駅分歩いてしまった。
 もっとも、京阪の石山坂本線は、軌道線だけあって駅の間隔が比較的短いところが多いのだ。

 それにしても、なぜか滋賀県にやってくるときは、いつも雨である。
 私は、かなりレベルの高い晴れ男を自認しているのだが、相性がわるいのかなあ。
 次は、からっと晴れ渡った空のもとで、琵琶湖を望みたいものだ。

中ノ庄駅

 上の写真は中ノ庄駅。
 この日は、夕方に東京で用事があるため、膳所の情緒にひたりつつも、あわただしく町をあとにしたのであった。

« 膳所:旧東海道その1 | トップページ | 『国鉄風景の30年』から(その1) »

ニッポン旅ごころ(東京、沖縄以外)」カテゴリの記事

鉄道、乗り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 膳所:旧東海道その1 | トップページ | 『国鉄風景の30年』から(その1) »