2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著書

  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 泡瀬への気まぐれバス旅 | トップページ | 那覇散歩・与儀から寄宮あたり »

2007-09-22

ゆいレールの自動券売機にビックリ

 ゆいレールは、那覇市内を走るモノレールである。2003年に那覇空港~首里が開通したおかげで、市内の移動はずいぶん便利になった。
 さて、これは駅に設置されている自動券売機。今年の春に訪れたときに撮ったものだが、何の変哲もない販売機に見えるだろう。

ゆいレールの自動券売機

 だが、上のほうにある表示を見てビックリ。
「他社鉄道線」とあるではないか。
 つまり、ほかの鉄道への連絡切符が買えるというわけだ。

「他社鉄道線」に注目

「そんなばかな」と私はつぶやく。
 ゆいレールに接続する鉄道線なんてあるわけがない。
「またまた沖縄の人はいいかげんなんだからー」と思った。

 しかし、押しボタンの部分を見て二度ビックリ。
「京浜急行」というボタンがある。
 はて、沖縄に京浜急行は走っていないのだが……と思いつつ、好奇心に駆られて、ふらふらとボタンを押してみた。
(賢明な読者諸氏は、すでにこの時点でお気づきであろう)

京浜急行の押しボタン

 すると、画面に「横浜」「品川」までの切符が買えるボタンが表示された。
「ええっ、いったいいくらかかるんだ?」と誰もが思うに違いない。
 しかし、そこに記されているのは羽田空港駅からの運賃であった。そりゃそうだ、航空券を含んでいたらとんでもない額になってしまう。
 よく見ると、そのうえに「東京モノレール」という表示もあるが、運賃を示すボタンは表示されていない。

 羽田空港利用客をめぐる京浜急行と東京モノレールの熾烈な競争は、那覇空港に向かうゆいレールにも反映されているのか……、「いやあ、キビしい世の中だな」と私は思ったのであった。

« 泡瀬への気まぐれバス旅 | トップページ | 那覇散歩・与儀から寄宮あたり »

沖縄あちらこちら」カテゴリの記事

コメント

もたっちさん、はじめまして!
千葉にお住まいなんですね。
ホント、今の時期は花粉症のない沖縄に行っていたい!
こちらからもトラックバックを飛ばしておきますね。
今後ともよろしく。

はじめまして、お邪魔します。
うちのブロガーで同じような疑問をお持ちの方がいて、
「ゆいレール 京急 連絡きっぷ」という形で
調べていましたらこちらにたどり着きました。

参考リンクとして紹介させていただきますね!

amiさん、はじめまして。
沖縄にお住まいの方でしょうか。
ぜひ、京急の切符を買ってみてください (^^;;
私は結局買わずに帰ってきてしまいました。

始めまして ☆
明日から、旅行で東京に行ってくるんですが、
こちらのblogのおかげでゆいレールの自動改札機から
京急の切符が購入出来ると知りました 笑
ども、ありがとうございます (*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泡瀬への気まぐれバス旅 | トップページ | 那覇散歩・与儀から寄宮あたり »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日