« 那覇・農連市場あたり | トップページ | ゆいレールの自動券売機にビックリ »

2007-09-21

泡瀬への気まぐれバス旅

 16日の昼間は、同行の3人がダイビングに出かけたので、のんびりとバス旅を楽しむことにした。
 まあ、ホテルか那覇市内の喫茶店で仕事をやるべきなのだが、前日の酒が残っているので、ちょっと気分転換である。

泡瀬営業所

 よく考えると、沖縄本島のバス路線は、恐ろしいことに7割がた乗ってしまっている。そこで、今回は未乗路線の1つである東陽バスの泡瀬行きに乗車することにした。泡瀬沖には南西諸島随一の干潟もあるので、それを見たいということもあった。

 那覇バスターミナルから約1時間半。あまり観光客やレンタカーの姿を見ない本島東海岸に沿って北上するのだが、肝心の泡瀬付近で海が見えない。しかも、終点の泡瀬営業所は町外れにあった。近くに大きなイオンのショッピングモールはあるのだが……。

泡瀬漁港にて

 そこから約2キロ、遠くに見える市街地に向けて、歩く私であった。持ってきた折り畳み傘が、10分おきに雨傘と日傘に変わるという天気のもと、汗びっしょりになってひたすら歩くしかなかった。途中で、うまい沖縄そば屋をみつけたけどね。
 それにしても、地図も持ってきていない無謀な旅ゆえ、結局干潟を目にすることはできなかったが、それでも漁港まではたどりついた。さらに進むと干潟があったらしい。

 ふと見ると、港の中で「船こぎ」の練習をしているではないか。最初はハーリー船かと思ったが、ちょっと形が違うので、普通のカヌーかもしれない。

那覇のネコ

 帰りはコザでお気に入りの喫茶店「珈琲美学 やま」で一休みしようとしたら、あいにく日曜日で休み。それにしても、すごいネーミングである。しかも、店は広々とした昔ながらの純喫茶の雰囲気でくつろげる。それでいて、コーヒーがうまいから、コザを訪れるたびに立ち寄っているのだ。

 しかたがないので、高速バスで那覇に帰還。
 まあ、たいした収穫もない日だったが、これでいいのだ。あてのない散歩だからね。

« 那覇・農連市場あたり | トップページ | ゆいレールの自動券売機にビックリ »

沖縄あちらこちら」カテゴリの記事

コメント

なんと16日もニアミスですか。海中道路を通っていらっしゃったんですね。そのあたりの島々は、前回いくつもりだったのですが、二日酔いで断念したという情けないいきさつが……。
次回はぜひ早起きしてぜひ行きたいなあ。村営(いまは市営)のミニバスも走っているようですし。

お近くにいましたね。この日はアタシもコザを抜けて、浜比嘉島、平安座島、伊計島なぞに行ってました。

沖縄は殆ど行き尽くしてらっしゃるようですね。また、楽しい日記お待ちしています。

では・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那覇・農連市場あたり | トップページ | ゆいレールの自動券売機にビックリ »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告