« 酔っぱらいで「抑止」 | トップページ | 徳山に日帰り »

2006-08-31

『がんばれ! 路面電車』の不思議な縁

 あえて自分の本(宮田さんとの共著)をここで紹介するのは訳がある。
 単に図々しいからだと言われれば、返すことばはないのだが、もう一つ、8月30日に経験した摩訶不思議な縁がきっかけなのである。

 午後3時半、池袋の南側にある会社で、仕事の顔合わせをした。明治通りに面したビルで、初めて行く会社だったのだが、散歩道としてたまに通っていた場所である。
 顔合わせが終わり、「さてどこに行くか」と20秒ほど考えた末、近くにある古本屋に向かった。
 ここもまた、半年に1回くらいは訪れる店で、なかなか品揃えが充実しているので気にいっている。

 店に入ったとたん、ビックリ。
 いきなり私の目に飛び込んできたのが、この『がんばれ! 路面電車』だったのである。

『がんばれ! 路面電車』

「あっ」という声が、喉の奥あたりまで出かかった。
 どうやら、小さな「都電特集コーナー」となっているらしく、都電に関連した資料や模型などが、かわいらしく並んでいた。見るからに、店主は都電ファンに違いない。
 そして、そのなかでも、この本が中心に据えてあるのだ。しかも立て掛けて。
 それだけではない。見本の1冊のほかに、2冊が並んでいた(どうやら、もっと在庫があるらしい)。
 
 かつて、「ベストセラーもいいけど、古本屋で人気のある本を書きたいよね」などと、カッコいいことを言っていた私である。まさに理想的な姿ではないか。
 ちなみに、ここ数年の私の心境は、「なんでもいいから売れる本を出したい」に変わっているが。
 名刺でも出して、「これボクの本なんです」と言ったらどうかとも思ったが、それは野暮というものである。にやにやしながら都電コーナーを眺めていた客を、店の人はどう思ったか。

 まあ、そこまでだったら、十分ありうる話だ。ところがである。
 夜、家に帰ってパソコンを開き、きょうの拙ホームページのアクセス解析の結果を見た。すると、見慣れないURLからのリンクをたどって来た訪問者がいる。
 ほほう、どんなページなのかなと思い、開けてビックリ玉手箱。
 数時間前に訪れた古本屋のブログではないか。しかも、きょう(8月30日)のブログの記事として、この本のことが表紙の画像とともにデカデカと取り上げられている。
 あの都電コーナーは始まったばかりなのだ。それにしても、まさにきょうである。偶然というものはあるものなんだなあ。
 しかも、楽しく紹介してくれて感激。
 トラックバックも送ってしまおうかなっと。ビックリするかな。
 そうそう、価格は600円だとか。

(発行:山海堂、著者:二村高史、宮田幸治、定価:1500円+税、初版発行:2000年7月、ISBN4-381-10379-3)

« 酔っぱらいで「抑止」 | トップページ | 徳山に日帰り »

本棚の肥やし」カテゴリの記事

コメント

cricripieroさん、こんにちは
アルベロベッロも涼しくなってきたようですね。
東京もちょっと過ごしやすくなりました。
ikeさんのブログ(きょうの書き込み)で知ったのですが、sud-est線が日曜運休になったのは最近のことなんですね。
どうりで、でたらめに行っても、これまで運休の日に当たらなかったんだと納得しました。

kojiさん、ホームページも更新されたようで何よりです。
そりゃあ、話だけ聞いていればかなりうさんくさい話ですよね (^^;;
でも、おかげで旦那の鉄道狂いが再発したとなると、やっぱり悪い誘いだったと思われているか……。

ホントに素敵な偶然ですね!!私も本屋での仕事が長かったので、こういったお話は本屋冥利に尽きるというか…。こっちまで思わず笑みを浮かべてしまう嬉しいエピソードとして読ませていただきました♪
私も愛を込めて一言。「がんばれ!SUD-EST線」!!!!!

著者の片割れのKojiです。
本当に不思議な縁ですね。驚きました。
まるで、一編の小説を読んだような気分です。

この本は、駄菓子さんにそそのかされて、もといお誘いを受けて初めて書いたものなので、とても愛着があります。
お誘いのきっかけはインターネットで、これも現代ならではのご縁ですね。
実を言うと、カミさんからは「うさんくさいから絶対会っては駄目」と釘を刺されていたんですけどね(^^;
今となってはそれもある意味なつかしい・・・。

往来座さん、こんばんは。
いえいえ、紹介とリンク、ありがとうございます。
それにしても、まさにその当日、行ったというのは不思議な縁ですね。
打ち合わせをした会社を出てから、いったん反対方向に歩きはじめたのですが、「そうだ、あの古本屋に寄っていこう」と思い返して、途中でUターンしたんです。何かが呼んでいたのかも。
今後ともよろしくお願いいたします。次回行ったときはあいさつするかもしれませんが、よろしく。
差し支えなければ、そちらからもトラックバックを送ってみてください。

二邑亭駄菓子様。南池袋の古書往来座と申します。勝手に御著書を紹介、リンクまでさせていただきまして、申し訳ありません。誠にありがとうございます。何と申しましょうか、駅から離れた決して商業的に有利とは言い難い立地な店でございまして、地元の地域性を大事にしていくことで少しでも特色が出せるといいな、と思い、荒川線や雑司ヶ谷霊園をピックアップしております。もちろん個人的にも大好きです。荒川線コーナーは以前からあったのですが、『がんばれ!路面電車』は二邑亭様がご来店くださった日に並べたものです。ほんと偶然に驚きです。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酔っぱらいで「抑止」 | トップページ | 徳山に日帰り »