« 神田・昌平橋の夕暮れ | トップページ | 三田を散歩 »

2006-04-13

『ウルトラマン万葉集』

 去年、鎌倉の古本屋で見つけた本。「ウルトラマン」と「万葉集」という奇妙な取り合わせのタイトルを見て、思わず手にとった。
 ページを開くと、これはまた期待にたがわぬものであった。
 内容は、「巻之壱 ウルトラQ」「巻之弐 ウルトラマン」「巻之参 ウルトラセブン」に分かれており、全放映作品ごとに、数首の歌が詠まれているのである。

ウルトラマン万葉集

 たとえば、ウルトラマン 第27話「怪獣殿下(後編)」では、怪獣のゴモラがこう詠む。

  ふと見れば 我が尾切られて 既になし
   ここが最後か 大阪の城

 さらに解説として、「ウルトラマンにまた尻尾の一撃をお見舞いしてやろうと思ったら、尻尾がねえんだよ。こりゃ驚いたねえ」。

 この調子で、作者が登場人物、登場怪獣に成り代わって詠む500首。
 何かにとりつかれたとしか思えない“怪”挙であり、“異”業である。
 脚注には、各回の脚本、監督の名前と、簡単なストーリーがついているので、歌を味わう参考になる……わけないか。

 短歌としてはけっしてウマくなく、下手なダジャレや無理のある本歌取り、古典文法の間違いもあるのだが、そんな細かいことはどうでもいいと思わせる、稀有な一冊である。

(発行:朝日ソノラマ、著者:椛沢雅哉、定価:1400円<税込>、初版発行:1993年3月30日、ISBN4-257-03351-7)

« 神田・昌平橋の夕暮れ | トップページ | 三田を散歩 »

本棚の肥やし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神田・昌平橋の夕暮れ | トップページ | 三田を散歩 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告