« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の6件の記事

2006-04-29

名古屋・あおなみ線の小さな旅

 28日は名古屋での仕事が昼すぎに終了。同行の2人のうち、1人は昼食後に東京へ会議のためにとんぼ返り、もう1人は京都で次の取材とのこと。そんな働き者たちを見送った私は、「はて、何をしよう」と考えた末、開業して間もない「あおなみ線」に乗ることにした。
 けっして私は鉄道マニアではないのだが、時間があまっていたのである。

金城ふ頭駅

 あおなみ線は名古屋駅と名古屋港の金城ふ頭駅を結ぶ第三セクターの路線である。
 名古屋といえば、新交通システム初の廃止決定路線「ピーチライナー」や、ガイドウェイバス、リニモと、変わった交通機関を作っては大赤字にする例が多い(ピーチライナーは小牧市だけど)。

 そんなわけで、開通早々赤字で先行きが心配されている「あおなみ線」に、なくならないうちに乗っておこうという算段である。

 よほど客が少ないのかと思っていたら、名古屋発の電車には、平日の日中の割には人がいた。以前乗ったピーチライナーの悲惨さにくらべれば、ずっとマシである。
 だが、わずかな賑わいも荒子山公園駅あたりまで。
 港らしい広漠とした車窓が広がるとともに、車内から人影が消えていった。
 そして、終点の金城ふ頭駅で降りたのは、私をふくめて4人であった。

ささしまライブ駅

 埠頭には、船積みを待つ何百台という自動車が見える。だが、駅を出たものの、行く場所がない。
 しかたがないので、改札にUターン。ホームに出て15分おきに出る電車を待つことにした。
 ヒマなので、電車の到着シーンを写そうとしたのだが、最近の駅によくあるように、ホームがガラスでおおわれているのだ。
 ガラスに汚れはついているし、反射した明かりが写り込んでしまうし、あまりよろしくない。
 私はいいのだが、鉄道マニアだったら憤慨するところだろう。

 さて、帰りは名古屋駅の1つ手前「ささしまライブ」駅で下車。
 この駅の英字表記は、「Sasashima-live」かと思いきや、「Sasashima-raibu」である! あくまでも日本語に忠実でありたいという姿勢に感激した。
 天王洲アイルを「Tennouzu-isle」などと英字表記して、しかも車内の英語放送で「アイル」の「ル」を、わざとらしく舌先を上顎につけている東京モノレールに爪の垢を煎じて飲ませたいものだ。
 ちなみに、あおなみ線でも英語放送があったのだが、「ライブ」の「ラ」はRだかLだかわからない微妙な発音。しかも「ブ」の最後に、きちんと母音の「u」を入れていたのは、これまた感動的であった。

近鉄・米野駅

 もっとも、本当に「Sasashima-live」ときっちり英語で発音したら、英語圏の人間はこの駅名に、かなり奇妙な印象を抱くことであろう。

 それはさておき、ささしまライブ駅の南には、JR東海名古屋工場を越える橋がある。橋の上からは、ディーゼルカーの車庫が見えて、鉄道マニアならばさぞかし楽しい光景であろう。

 そして、橋を渡ると近鉄の米野(こめの)駅はほど近い。このあたりには、古い民家も点在しており、バックの超高層ビルと対照的な光景が広がる。
 米野駅は名古屋ターミナルの隣駅とは思えないこぢんまりとした駅。小さな旅の終点にはぴったりの雰囲気であった。

2006-04-28

三田を散歩

 白金にて仕事の打ち合わせのあと、高輪、三田あたりを徘徊……じゃなくて散歩した。
 このあたりは、山手線の内側では私がもっとも不得意とする場所である。
 わかやすくいえば、単にあまり歩いたことのない土地ということだが。

三田五丁目あたり

 さぞかし豪壮な邸宅ばかりなのかと思っていると、意外と下町と変わらない庶民的な家が建ち並んでいたりする。
 それでも、マンションが林立しており、地元の商店街もほとんどが壊滅状態であった。

三田四丁目

 それにしても、田町の駅のあたりが三田かと思うと、高台になったところもある。それをすべて三田という住居表示にしてしまったのは無理があるなあ。
 昔の地図を見ると、三田台町、北寺町、南寺町、三田功運町なんて名前が並んでいて、こちらのほうがよっぽどわかりやすいと思う。

幽霊坂

 ところで、港区は、沖積平野と洪積台地の境目にあるために、文京区と並んで坂の多い区である。
 そんな坂めぐりもまた楽しからずや。
 幽霊坂というおどろおどろしい名の坂道も発見。
 そして、魚籃坂、伊皿子坂なんて、何十年ぶりに歩いただろうか。

2006-04-13

『ウルトラマン万葉集』

 去年、鎌倉の古本屋で見つけた本。「ウルトラマン」と「万葉集」という奇妙な取り合わせのタイトルを見て、思わず手にとった。
 ページを開くと、これはまた期待にたがわぬものであった。
 内容は、「巻之壱 ウルトラQ」「巻之弐 ウルトラマン」「巻之参 ウルトラセブン」に分かれており、全放映作品ごとに、数首の歌が詠まれているのである。

ウルトラマン万葉集

 たとえば、ウルトラマン 第27話「怪獣殿下(後編)」では、怪獣のゴモラがこう詠む。

  ふと見れば 我が尾切られて 既になし
   ここが最後か 大阪の城

 さらに解説として、「ウルトラマンにまた尻尾の一撃をお見舞いしてやろうと思ったら、尻尾がねえんだよ。こりゃ驚いたねえ」。

 この調子で、作者が登場人物、登場怪獣に成り代わって詠む500首。
 何かにとりつかれたとしか思えない“怪”挙であり、“異”業である。
 脚注には、各回の脚本、監督の名前と、簡単なストーリーがついているので、歌を味わう参考になる……わけないか。

 短歌としてはけっしてウマくなく、下手なダジャレや無理のある本歌取り、古典文法の間違いもあるのだが、そんな細かいことはどうでもいいと思わせる、稀有な一冊である。

(発行:朝日ソノラマ、著者:椛沢雅哉、定価:1400円<税込>、初版発行:1993年3月30日、ISBN4-257-03351-7)

2006-04-12

神田・昌平橋の夕暮れ

 夕暮れというのは、いつも見慣れた景色を、まるで違った姿に変えてしまうことがある。
 先週見た、この風景もそうだった。

昌平橋からの眺め

 ここ神田昌平橋の上は、もう何十回、いや何百回通ったかもしれないが、このときほど美しいと感じたことは初めてだった。
 神田川沿いに立つ、お世辞にも美しいとは言い難い建物を見て、20年ほど前に訪れた岡山県の平福を思い出した私である。
 奥に見える地下鉄丸ノ内線の鉄橋近く、桜の木が見える。ここに桜があることも、このとき初めて知った。

2006-04-04

夕刻の竹富島

 3泊目は竹富島。私にとっては2度目なのだが、前回は2時間ほど島をめぐっただけ。
 今回は、ここで1泊することになった。
 石垣島から高速船が30分おきに出ているのは昔のまま。安永観光のライバルは、以前は新里だったが、いまは八重山観光フェリーとなっていた。
 なにも、同時に出航しなくてもいいと思うのだが、やはり石垣島を0分と30分に出るというわかりやすいダイヤは譲れないのだろうか。

竹富島夕景

「きょうは、ずいぶん観光客が多いんですねえ。飛び石連休だから?」
 こう尋ねると、出迎えに来てくれた宿の人は、「最近は、いつもこうですよ」と答える。

 もう、沖縄広しといえども、これだけの赤瓦の家が残っているところは、竹富島だけになってしまった。
 それというのも、昔ながらの町並みを守ろうという島の人の活動があったればこそである。

 確かに、戦前の沖縄は、どこもこうだったのかなと思わせる雰囲気が、この島には残っている。だからこそ、それを見に訪れる人が多いわけだ。

 散歩しているうちに陽も傾き、町には人影が少なくなってきた。
 観光客のほとんどは石垣島に帰ってしまったようだ。

草を食む水牛

 町はずれで、無心に草を食んでいる水牛に出会った。どうやら、観光用の水牛車を引いていた牛らしい。
 何十人という客を乗せて、何時間も(たぶん)歩いていたのだから、さぞかし腹が減ったのだろう。

 珊瑚のかけらを踏みしめながら歩いていると、自宅の珊瑚の石垣を手入れしているおじさんに出会った。
「石垣の間にハブが住んでいるって本当ですか?」
「昔はいたけどねえ……よく手入れをするようになってから、あまり出なくなったねえ」

 こちらの同行者に年寄りがいたこともあってか、会話もはずんだ。
「こっちのハブは本島のやつとは違って、そんなに毒が強くないんだよ。本島でも最近はハブに襲われる人も減っているようだしね」
 そして、うちの弟が北海道に住んでいることを知ると、こう付け加えた。
「北海道でクマに襲われるよりも、ずっと少ないよ。ハッハッハ」

竹富島の黒ネコ

 これほど観光客がやってくるのだから、観光客にはうんざりしているのではないかと思ったが、それも杞憂であった。
 竹富島は日帰りじゃもったいない、ぜひ1泊しろとよく言われるが、確かにそんな気分になった夕方の散策であった。

 そして、もう一つ。車のほとんど通らない町内の道は、ネコの天国であった。
 夕方になると、あちこちでネコの集会や散歩を見ることができた。

2006-04-03

石垣空港と石垣港

 那覇の空港から1時間弱で石垣島の空港に到着。
 新石垣空港はいまだ建設されず、滑走路の短い石垣空港は、ボーイング737でも着陸するともう滑走路の端という感じだ。

 とはいえ、この空港は私の好みである。とくに、出発ロビーが田舎のバスターミナルみたいなのが魅力。
 八重山かまぼこやアオサなど、気取りのない地元の土産物が買えるのがいい。
 ANA系の出発ターミナルは新しい建物になっているが、JTA系は10年以上前に来たときのままであった。

石垣空港

 宮古空港は数年前に新しくなったが、石垣空港は新しい案が浮かんでは消えていく。
「宮古島は古くからの住民が多いから、新空港を作るときも問題はなかったんよ。でも、石垣島は本島や本土から来ている人も多いからね、利害が対立しやすいわけ」
 とは、東京在住の宮古島出身者の分析である。

 さて、石垣島のもう一つの玄関は、島の南端、石垣市中心部にある石垣港である。
 実は、十数年前、はじめて石垣島に来たときは、那覇から夜行の船を利用した。
 だから、この港は私にとって、思い出深い場所である。

石垣港

 この写真は、竹富島、西表島などに行く高速船の発着所。
 大型のフェリーはもう少し外に着くことになっている。
 港の前には大きなホテルも建ち、多少垢抜けた感じもするが、雰囲気は昔のままであった。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »