2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著書

  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 雪の六義園 | トップページ | 南イタリアの路線バス »

2006-01-24

『京都・滋賀 かくれ里を行く』

 新しいコーナーを作ってみました。
 ただでさえ冬は出かける機会が少なくなる上に、今年の寒さは尋常じゃないので、なかなか「旅ブログ」が更新できない。

 そこで思いついたのが、気に入った本を紹介するコーナー。
 手持ちの本を紹介するというのは、頭の中身を見透かされることにつながるので、極めて危険だとも思ったが、まあいいか。
 見透かされて困ることもないしね……。

『京都・滋賀 かくれ里を行く』

 というわけで記念すべき第1回は、きょう買ったばかりの本。
 実は、すでに昨年の秋に近くの書店で目をつけていたのだが、買う決心がつかないうちに店頭から消滅。
 題名もわからないのでネットで注文することもできず、新宿の紀伊国屋で見つけてきたのである。

 文字通り、京都と滋賀の小さな里、約40か所を写真と文で紹介したムック。
 たぶん、日本人の多くが心を奪われるに違いない里山の風景が満載である。

 とはいえ、安っぽいガイド本とは、まるで違うところがいい。
 執筆陣は博物館の学芸員、大学教授、役所の文化財担当者など、その道の一人者だから、読みごたえがあるのだ。
 ちょっと辛気臭いと感じる人もいるかもしれないけれど、現地で自分の目で見ればわかることなど、書いてあってもしかたがないからね。
 その点、歴史的な背景や知られざるエピソードは、にわか旅人にはうかがい知れないものなので、読んでいてワクワクしてくる。
 この春は、琵琶湖周辺の散策で決まりかな……などと早くも影響される私であった。

(発行:淡交社、定価:1800円+税、初版発行:2005年3月9日、ISBN4-473-02094-0) 

« 雪の六義園 | トップページ | 南イタリアの路線バス »

本棚の肥やし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の六義園 | トップページ | 南イタリアの路線バス »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日