« 銀座ゲレンデ | トップページ | 神楽坂のバー »

2005-02-06

大津波遭遇記9 -蛇足-

 妻の大津波遭遇記は終わったのですが、「終わり方がそっけなさすぎる」「まだ何か書け」というリクエストが相次いだため、蛇足としてもう1回書くことにしました--

 さて、この下手くそな写真は、妻がカオラックにあるレストランで12月25日の夜に撮ったうちの1枚。
 つまり、大津波がやってくる約10時間前の写真である。
 ほかの写真には料理しか写っていないのだが、この1枚だけは料理の向こう側に、西洋人の客の姿が見える。
 はたして、この人たちは翌日の朝、どういう運命を迎えたのだろう。そして、この料理を運んできたタイ人たちはどうなったのだろう。
 そんなことを思うと、どうということのないこの写真が、突然意味ありげに見えてくるから不思議である。

最後の晩餐
←クリスマスの夜の“最後の晩餐”

 さて、妻とM嬢は、12月30日の夜に成田空港に戻ってきた。
 機内では、「空港でインタビューを受けたらどうしよう」とドキドキしていたという。なにしろ、日に焼けて、いかにも南の島から帰ってきましたという様子をしていたからである。
 ところが、税関を過ぎてゲートを出ても、誰も声をかけてくれない。マスコミ関係者らしき人間が何人も目につくのに……である。
 どうやら、彼らは体に傷を負った人を探して、インタビューをしていたらしい。二人はほっとして、しかしちょっぴりがっかりして荷物を押していった。
 だが、その直後に、いきなり男性に声をかけられた。
「すみません、NHKの者ですが、ちょっとお聞きしてよろしいでしょうか」
 さすが天下のNHK。彼女らが持っていた、プーケットのデパートの袋を見逃さなかったのだ。
「プーケットあたりからお帰りになったのではないですか」
 妻はドキドキしながら答えた。
「ええ、カオラックにいたんですよ……」

 カオラックはプーケットよりも被害が大きかったので、ここで大きな反応が返ってくると期待した彼女である。ところが、相手の男の表情は変化しない。
 実は、この段階で日本に入ってきたニュースは、プーケットの被害ばかりであった。スリランカ、アチェの被災はもちろん、この時点ではカオラックという名前すらも、ほとんど話題にのぼっていなかったのだ。

「ちょうど津波があったときは、たまたま沖に出ていて助かったんです。船の上では、津波があったことも気がつかなかったんですよー」
 正直に彼女が答えると、そのNHKの男性は無表情に言った。
「ああ、そうですか。ありがとうございました」
 そして、すたすたと去っていったのだった。

 うまく聞き出せば、このブログに収録したくらいのネタは仕入れることができただろうに。
 もっとも、短時間になるべく“悲惨”な話を効率よく聞き出すには、妻とM嬢は不適当だったに違いない。
 こうして、ニュースになるかもしれなかった大津波体験記は、その夫の手によって世の中に公開されたというわけである。

(こんどこそ完)

« 銀座ゲレンデ | トップページ | 神楽坂のバー »

スマトラ地震大津波(2004年)遭遇記」カテゴリの記事

コメント

のっちさん、コメントとトラックバックありがとうございます。

それにして、ピピ島での被災、よくご無事でした。のっちさんのブログで、そのせっぱつまった状況がわかりました。生死が、ほんの数秒で分かれたんですね。
私の妻は、危険が目に見えたわけではなく、カオラックに戻ってから、あまりのことにビックリしたようです。

緊張感のない「大津波遭遇記」ですが、ご紹介ありがとうございます。

奥様とご友人がカオラックで被災されたとのこと、ご無事で何よりです。
私もピピ島で被災し難を逃れて帰ってきました。
ブログ内で手記を公開するととともに、同じ体験をされたかたの、手記も紹介させていただいております。
トラックバックさせていただくとともに、ご紹介もさせていただきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座ゲレンデ | トップページ | 神楽坂のバー »