« 大津波遭遇記4 -カオラック帰港- | トップページ | 大津波遭遇記6 -プーケット到着- »

2005-01-11

大津波遭遇記5 -カオラック脱出-

 カオラックにもどると、前日(26日)、状況確認にもどった日本人女性ガイドが待っていた。
「プーケットのほうがここより安全なので、とにかく移動します。宿泊はゲストハウスかアパートメントしか空いていませんが、いま探しているところです」

 だが、心配なのは、カオラックのホテルに置いたままの荷物やパスポートである。
 客が思い思いの場所で機材をまとめていると、そのガイドが個々の事情を伝えにまわってきた。
「○○さん、××ホテルですね。ホテルは流されてしまいました。荷物はあきらめてください」
「△△さん、□□ホテルは壊滅的という情報が入っています。荷物はあきらめてください」

 彼女は、妻とM嬢の前に来たところで、やや考えこんだ。
「うーん、いま確認しているから、ちょっと待ってください」
 もし、荷物が残っていれば、あとで取りにきてくれるとのことであった。

カオラック港に戻る船
入港禁止が解除され、一斉にカオラック港に戻る船

 前々日、妻とM嬢が泊まったカオラックのホテルには、鉄筋3階建ての建物と、木造のコテージの両方があった。
 そのうち、二人が案内された部屋は、鉄筋の建物の3階。これには、少々不満だったという。
「マンションのような建物じゃなくて、コテージがよかったのに……」
 だが、そのおかげで、のちに荷物がそのまま戻ってくることになるのだから、世の中わからないものである。

傾いた建物
津波で傾いた建物。自動車が飛び込んでいる  

 結局、カオラックにとどまったのは15分ほど。
 着替えもなく、水着の上にTシャツと短パンを着けたまま、文字通り、着の身着のままでカオラックを出ることになった。
 港にいたタイ人スタッフは、「Phuket is safer than here」と言って送り出してくれたという。
 ダイビングショップでチャーターしたバスが止めてあるというので、重い機材を持ち、足元の悪いなかを歩くこと数分。
 用意されていたのは、ニモの絵が描かれた大型バス3台だった。
 そこからプーケットまで約2時間。途中の道に、とくに問題はなかったようだ。
 だが、カオラックの町外れの公園を通りかかったとき、白いシートに覆われた、おびただしい数の遺体が置かれているのが見えたという。

« 大津波遭遇記4 -カオラック帰港- | トップページ | 大津波遭遇記6 -プーケット到着- »

スマトラ地震大津波(2004年)遭遇記」カテゴリの記事

コメント

アトムズさん、こんばんは
あと一息なのですが、ちょっと仕事が大変なので大団円までたどりつけません……。
文字コードをUTF-8にすること自体は悪くないと思うので、MacのIEのほうに問題があるんでしょうね。

駄菓子さん、こもさん。こんばんは。
Macユーザーは皆同じ事を訴えていますね。
私も御同様で、niftyに質問したのですが、
やはり、MacのIEには対応していないという冷たいお答え。
今、一番、オーソドックスなソフトなのに、なんで対応してないかな。
私は自分のブログのコメントはネスケを起動して書いていますが、
その為だけに使い慣れていないネスケを使うのも、面倒くさいです(^^;)。
これは職場のWinで書いています。

こもさん、こんにちは。
いやいや、いくら東京で心配していても、しかたがありま
せんからね (^^;;
文字コードの問題は厄介ですね。
読めるのに、書くときはダメだとは。

こんばんは、駄菓子さん
津波遭遇記、読み進む毎にゾッとしています。広尾でピザなんか食べてる場合じゃなかったんですよ。きっと。それにしても奥様は強運な方ですね。一緒に生活してるだけで生き残れそう、、、
ところで、私はMacOSXを使ってるんですけど、Explolerだとコメント本文の入力が文字化けしちゃいます。きっとココログのテキストエンコーディングがUTF-8のせいだと思うけど。今は別のブラウザから書いてます。解消する方法あるのかなぁ、、、ブラウザの環境設定変えても化けるのでどうしたらいいのか、、、私もブログ検討中ですが、文字コードが引っかかっています。

マミィさん、はじめまして。
先日は、「プーケット津波情報総合 (スマトラ沖地震)」
(http://blog.goo.ne.jp/with_hope_1226)を見て、
トラックバックさせていただきました。

ピピ島にいらっしゃったんですね。しかも、お子さんも。
マミィさんもご無事で何よりでした。
うちの妻の場合、直接怖い思いをしたわけではないの
で、いまだにピンと来ないようです……いやはや。

初めまして。カオラックで津波に遭われた奥様と
ご友人、無事帰国できて何よりですね。
私はピピ島で津波に遭いましたが、こうして無事帰国し、
その時の様子をブログに綴りながら気持ちの整理を
しているところです。
あまりにも多くの犠牲者を目の当たりにしてきた私たちには
こうして「無事でした!」という記事を見るだけで救われます。
どうか、これ以上犠牲者の数が増えませんように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大津波遭遇記4 -カオラック帰港- | トップページ | 大津波遭遇記6 -プーケット到着- »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告