2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

著書

  • 『ひたすら眺めていたシベリア鉄道』(私家版)
  • 『日本懐かし駅舎大全』(辰巳出版)
  • 『鉄道黄金時代 1970s──ディスカバージャパン・メモリーズ』(日経BP社)
  • 『国鉄風景の30年―写真で比べる昭和と今』(技報堂出版)
  • 『全国フシギ乗り物ツアー』(山海堂)

« 東京タワーを眺めつつ、津波と石垣りんを思う | トップページ | スリランカの心 »

2004-12-29

借景・六義園の初雪

 けさ起きてびっくり……じゃなくて、昼すぎに起きてびっくり!
 仕事部屋から望む六義園(ただし、ほとんど雑木林)も、緑の葉にうっすらと雪がかかっていい雰囲気。

雪の六義園

 津波のあったタイ・ブーケットから、あすの夜に帰ってくる妻は、大の寒がり。
 しかも、現地では、ほとんど潜らずに終わってしまったはず。
 ストレス解消できずに帰って、さらにこの寒さでは、どうなることやら。
 とばっちりがふりかからないことを祈るのみである。

« 東京タワーを眺めつつ、津波と石垣りんを思う | トップページ | スリランカの心 »

日々の思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京タワーを眺めつつ、津波と石垣りんを思う | トップページ | スリランカの心 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

広告


訪問者数(重複なし)


  • 累計
    今日
    昨日