2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

訪問者数


  • 累計
    今日
    昨日

2015-04-17

秋田・阿仁合ぶらぶら散歩

また更新が滞ってしまったけれど、3月の東北旅行の続き。
青森から奥羽本線で県境を越えて鷹ノ巣へ。
この日の目的は、秋田内陸縦貫鉄道に乗ることであった。
国鉄時代は、北部が阿仁合線、南部が角館線で、第三セクターになってから全線が開通した路線である。
いずれも、まだ乗ったことがなく、今回が初乗車となった。

阿仁合駅の「こぐま亭」

ただ乗っているだけではおもしろくないので、途中の阿仁合で下車することにした。
1時間待つと、角館行きの急行がやってくる。
阿仁合駅でまずやったことは、駅構内にある食堂「こぐま亭」で、馬肉シチュー+黄金ライスを食べること。
ここに来るまで知らなかったのだが、列車のなかに広告があったので試してみたら、実に美味であった。
上の写真がそれである。
こんな小さな店ではあるが、阿仁合出身のシェフは都会の有名店で修業をして帰って来たのだそうだ。

阿仁合駅前

腹がいっぱいになったので、残る時間でぶらぶら散歩である。
駅前はあちこちに更地があって、やけにさっぱりしている。国鉄時代に来ていたら、ずいぶん楽しかっただろうにと後悔をする私であった。

阿仁銀山の街並み

駅周辺の地名は「阿仁銀山」。まさに、鉱山で栄えた阿仁合ならではの地名である。
もっとも、現在は鉱山の名残はほとんどなく、鉄道に並行して走る羽州街道沿いの商店街も、活気があまり見られない。
そんななかで見かけた不思議な家が上の写真。普通の民家の上に、帽子をかぶったような形をしている。
雪が積もったときに、これで大丈夫なのだろうか。なぜか、似たような家がほかにもあったところを見ると、これが流行だったのかもしれない。

阿仁銀山の街並み

もう少し、羽州街道を南下。じつは、阿仁合の中心である銀山地区は大火があったために、古い家は残っていない。
それでも、どことなく情緒ある不思議な家々を見ることができた。

阿仁川あたり

鉄道路線をへだてて、羽州街道とは反対側には阿仁川が流れている。
秋田内陸縦貫鉄道の北半分(旧・阿仁合線)は、この阿仁川に沿って走っているわけだ。
今では町外れとなっているこのあたりも、古い地図を見ると銅山の採掘所があったようで、ずいぶん賑わっていたことだろう。まさに、つわものどもが夢の跡である。

阿仁水無地区


こちらは、羽州街道の北側。銀山地区の外れから坂を登った水無地区から、銀山地区を見たところである。
1日に2本しか走っていないバスが、ちょうどやってきて、交差点を駅に向かって左折しているのが見える。

旧・宮越商店


そして、これが水無地区に残っている旧・宮越商店。かつての呉服屋であり、,幕末には豪商として栄えたと書かれていた。現在でも人が住んでいるので、美しく保たれているのは喜ばしい限りである。
とくに、このガラスは写真でも波うっているのがわかるように、昔ながらの製法でつくられたものではないかと思う。割れてしまったら、はたして元通りに再現できるのかどうか。

阿仁合駅


というわけで、小一時間の阿仁合の町めぐりであった。
そうそう、駅前にある内陸縦貫線資料館は、鉄道ファン必見である。前身である阿仁合線、角館線の歴史はもちろん、沿線を走っていた森林鉄道や鉱山鉄道の写真や資料も満載。ぜひとも、本にまとめてほしいところである。

阿仁合からは、急行「もりよし」で角館へ。アテンダントの女性は、さきほど鷹巣から阿仁合まで同乗していた人であった。地元愛に満ちた丁寧な説明を聞いていると、ぜひ近々再訪してみたいものだと思ったのである。

2015-03-16

龍飛岬から三厩駅まで

津軽線の終点、三厩(みんまや)駅に降り立った人のほとんどは、大人の休日倶楽部パスの利用者だった。
さらにそのほとんどが駅前の外ヶ浜町営バスに乗り換えて、龍飛岬に向かう。

大人の休日倶楽部パスがなければ、大枚を払ってここまで来る人はそう多くないだろうから、これで多少なりとも地元がうるおえば喜ばしいことである。

三厩駅

満員のバスで龍飛岬まで約30分。
まだまだ冬景色のはずだと思っていた津軽海峡は、からりと晴れてやけに明るかった。
しかも、展望台に据えられた「津軽海峡冬景色」の歌碑からは、エンドレスであの歌が流れてくる。けっして嫌いな歌ではないのだが、ただでさえ前日から頭のなかで曲がめぐりつづけているので、さすがにもう満腹になってしまった。

三厩梹榔

次の帰りのバスまでは約1時間半。さてどうしようかと2秒間ほど考えた末に、「バスで来た道を途中まで戻ってやろう」と考えた。
じつは、行きのバスの車窓で、次から次へと現れる沿道の集落に心を奪われていたのだ。

上の写真は、龍飛岬から歩いて10分ほどのところにある梹榔という、比較的大きな集落。
「梹榔」は「ひょうろう」と読むらしい。旧字で「檳榔」と書けば、「びんろう」のこと。
台湾や東南アジアで薬用や染料に用いる赤い実である。
はたして、どういういわれがあるのか。なかなか興味深い地名である。
ここだけでもずいぶん写真を撮ったのだが、とりあえずはこの1枚で。

三厩鳴神

次の写真は「鳴神」集落。
ここを走る道路は国道339号線だが、とても国道には見えない狭い道。しかも、龍飛岬では最後の部分が階段になっていて、車は通れない。いわゆる階段国道になっているのだ。
残念ながら龍飛岬の階段国道は、凍結の恐れがあるということで通行禁止になっていた。

三厩尻神

鳴神を越えると、次は「尻神」。地名に神様が続いている。
鳴神はよく聞くが、尻神はどんな神様なのか。それともたまたまそういう語呂になったのかは知るよしもない。
いずれにしても、道路は海岸線に沿ってていねいにカーブを繰り返し、その道の両側にへばりつくように集落が点在するのが、この龍飛~三厩駅の区間である。

三厩川柱

龍飛から2km地点を越えたあたりにあるのが、この「川柱」集落。
ここから南は、道幅が広くなって、センターライン入りの完全な2車線になる。
水平線の向こうに見えるのは北海道だ。
もちろん、龍飛岬からも手にとるように見えていた。

三厩元宇鉄

さて、三厩駅と龍飛岬の中間にあって、比較的大きな集落が「宇鉄」(うてつ)。
宇鉄は、さらにいくつかの小さな集落に分かれていて、なかでもバスの車窓からおもしろそうだと感じたのが、この元宇鉄である。
だから、残り時間と距離を確かめながら、ここまではたどりつこうと早足で必死に歩いてきたのであった。

三厩元宇鉄

ここまでの沿道には商店も2、3軒で、自動販売機もやはり2、3台。
だが、ここ元宇鉄には酒屋もあり、小さいながらも造船所があった。
集落のはずれには保育園や高齢者施設もあって、小さな集落を見てきた目には、ちょっとした町に感じられた。

三厩元宇鉄

この沿道には、山が海近くまで迫っていて、ほとんど耕地は見当たらない。
産業といえば、ほとんどが漁業のようである。かつては林業も盛んだったと聞くが、今は製材所も目につかなかった。

そういえば、この日の夜に行った青森駅前の鮨屋のおやじさんの話によると、「あのあたりの人たちは長生きなんだよ。漁師で朝早く起きて、夜は早く寝るからだろうね。新鮮な魚を食べているし」とのことであった。

時間があれば、さらに三厩駅まで歩きたかったが、まあ旅の初日でもあるし、ここ元宇鉄で14時33分発の町営バス三厩駅行きを待つことにした。

2015-03-12

津軽半島「ニューヨーク・ローマとむすぶ蟹田」の今昔写真

8日から10日までの3日間、JR東日本の「大人の休日倶楽部パス」を使って東北を訪ねてきた。
初日は津軽半島。
上野から6時38分発の「はやぶさ1号」に乗ると、9時50分に新青森駅に着くというのは、昔を知る人間としては何度驚いてもきりがないほどである。
1975年の旅では、上野発19時10分の急行「八甲田」に乗って、青森駅に6時15分に着いている。

それはさておき、新青森から目指すは龍飛岬。函館行きの「スーパー白鳥1号」に乗り、蟹田で津軽線の三厩行きに乗り換えることになる。

津軽線三厩駅

これが蟹田駅。写真右端の木製の看板には、「北緯41°ニューヨーク ローマと結ぶ かにた」という大胆なキャッチコピーが書かれていた。

蟹田駅では30分ほどの待ち合わせ時間があったので、町中をぶらぶらすることに。
用意していた1977年撮影の町なかの写真と照らし合わせて、定点写真を撮ろうという魂胆である。

蟹田1977年10月

蟹田2015年3月

まずは、駅前を直進して、海岸に沿って走る松前街道との交差点。
1977年には洋館づくりのような味わい深い木造の建物があったのだが、もちろんそれは姿を消していた。

蟹田1977年10月

蟹田2015年3月

交差点を左折(北上)して100mほど進んだところにあった、これまた味わい深い消防団の倉庫。
左は火の見櫓だろうか。木造の火の見櫓は、ここ以外に見たことがない。
今でも同じ場所に、消防団(分団)の消防車格納庫があった。

蟹田1977年10月

蟹田2015年3月

さらに、300mほど直線。このあたりの松前街道沿いは、かつては商店街を構成していたところ。現在でも、かろうじて、商店が残っている。
手前から2軒目の安田薬店は、建て替えていまでも営業中。奥の信号の先にある家は、昔のまま残っていた。

おわかりのように、最後の写真だけはカラーで撮っている。当時の旅行は、カメラを2台持って、1台にモノクロフィルム、もう1台にカラーポジフィルムを入れていたのである。
カラーは高いので、ここぞというときにしか撮っていなかった。

1977年、津軽半島に残る森林鉄道の跡を探る旅だった。

2015-02-18

長良川鉄道 美濃市駅

先週末は、岐阜県の美濃市へ。
名古屋からは、高速バスなら乗り換えなしだが、高山本線の特急「ひだ」に乗って美濃太田乗り換え、長良川鉄道を利用すれば、接続のいい便を選ぶと高速バスよりもかなり速い。

美濃市訪問は以前にも書いたことがあるが、今回も小坂酒造の蔵開き訪問をメインにした旅である。

美濃市駅のホーム

美濃市の様子を紹介する前に、欠かせないのが長良川鉄道の美濃市駅である。
長良川鉄道は、かつて国鉄の越美南線(えつみなんせん)だったが、赤字ローカル線廃止の対象となってしまい、第三セクターの鉄道として再出発した。

美濃市駅のホーム

越美というのは、越前と美濃を結ぶ路線という意味。
だが、岐阜側にある越美南線と、福井側にある越美北線はついにつながることはなく終わってしまった。
昔は、越美北線の終点である九頭竜湖と越美南線の終点である北濃を結ぶバスが通っていたが、いつのまにか廃止になってしまったようだ。

昔ながらの美濃市駅出札口と改札口

私は、1982年に福井駅から越美北線、バス、越美南線と乗り継いで、ここ美濃市駅で降りた……はずなのだが、記憶がかなりあやふやである。
なにしろ、例によって夜行続きの強行軍の旅だったもので、半分寝ている状態だったに違いない。

美濃市駅前

今の長良川鉄道は、もちろん車両も国鉄時代とはことなり、駅もずいぶん改良されている。
だが、ここ美濃市駅は昔のまま……だと思う。あまり記憶にないのだが。

木造のホームの出入口、改札口に続く通路、昔ながらの駅舎などなど、今ではどれも珍しい存在だ。
しかも、有人駅である。きちんと手入れされているところがよい。
そして、駅員さん(当然駅長さんだろうが)が出札口で発行してくれる切符は硬券だった!

名鉄美濃駅跡


美濃市といえば、1999年までは名鉄美濃町線が通じていた。
長良川鉄道の美濃市駅から、名鉄の美濃駅までは歩いて5分ほど。
1982年の旅では、ここで乗り換えたことになっている。
確かに、名鉄の駅舎はクラシックでいい雰囲気だったのは、かすかに記憶にあるが、あとは駅に停まっていた電車の写真を1枚撮っただけなのが残念である。

名鉄美濃駅跡


でも、廃止後もうれしいことに、駅舎が保存され、駅の跡には車両もきれいに保存されている。
左端の電車(旧・札幌市電→名鉄美濃町線)は、正面部分だけのカットなのだが、連接車のために車体が長すぎてホーム跡には収まらなかったのかもしれない。

2015-02-12

見事な蔵造りの町並み: 宮城県村田町

2月2日の月曜日に、岩手県北上市で仕事があったので、せっかくだからと前日の日曜日から東北入りをすることにした。
同行の人たちは東京から日帰りなのだが、それじゃもったいない。
しかも、2日まではJR東日本の「大人の休日倶楽部パス」の有効期間に入っている。
交通費も安くなるわけで、仕事を依頼してくれた人にも偉そうにできるというわけだ。

宿泊地として決めたのは仙台。どうせ乗り放題の切符なのだから、青森か盛岡まで行きたかったのだが、翌日に雪で鉄道がストップしたら目もあてられない。というわけで、北上より東京側にある仙台に決めた。

村田町の蔵造りの町並み

せっかく1日まるまる空いているのだから、仙台市内から少し足を伸ばしてみようと思って選んだのが、20kmほど南東にある宮城県柴田郡の村田町。
蔵造りの町並みがあるというので、仙台駅前から約1時間おきに出ている高速バスに乗った。

バスは東北自動車道経由で約30分ほど。村田町役場のバス停で下車すると、広い県道に並行して、1本入ったところに蔵の町並みがあった。
村田町の蔵造りの町並み「田島屋酒店」

まったく知らなかったのだが、この町並みは、昨年秋に宮城県初の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されたのだそうだ。だが、真冬のためなのか、日曜日なのに観光客の姿は見えない。
日陰の凍りついた道を慎重に歩きながら、なまこ壁を配した見事な蔵づくりの商家の数々を写真に収めた。
トップの写真は、乾坤一(けんこんいち)で知られている(らしい)、造り酒屋「田島屋酒店」の建物である。

東北地方には、現在の東北本線にほぼ並行する奥州街道と、奥羽本線にほぼ並行する羽州街道という2本の大きな街道があるのだが、この村田町はその2本を結ぶ街道沿いに発達し、交通の要衝として栄えたのである。完全な受け売りだけど。

村田町の蔵造りの町並み

ところが、明治以降の村田町は鉄道の線路から外れてしまったために、よくも悪くも昔の姿を残したまま、いままで残ったというわけである。

でも、あと20年くらい前に来ていれば、さらに町並みも見事だったんだろうなあ。
今では、あちこちに櫛の歯が抜けたように更地が残っているのが痛々しい。
商店街だったようなのだが、ほとんど歩いている人を見かけなかったのも寂しいところである。
とはいえ、蔵造り以外の商店にも、町歩き好きの人間には興味深い建物が並んでいて楽しかった。

村田町


中心部のメインストリートは1km弱なのだが、そのうち蔵づくりが集中しているのは500mほどか。
私が勝手に名付けた、この「村田シャンゼリゼ」を1往復半ほどぶらぶらして、町並みめぐりは終えることにした。

近所に有名なお寺もあるらしいのだが、風が冷たくて体がすっかり冷えてしまった。
しかも、歩道がない道の端は凍結しているうえに、車が次々にやってくるのだから、のんきに写真なんぞを撮っているつもりでも、ときに身の危険を感じる。

村田町


本来だと、町並みを探訪するときは、必ず喫茶店か食堂か資料館に入って、地元でカネを使うことを旨としているのだが、開いている店もほとんどなく、次の帰りのバスの時刻が迫っていたので、申し訳ないけれど、写真だけ撮って仙台に戻ることにした。
その代わりといってはなんだが、こうしてブログで取り上げて、多少なりとも宣伝をしたつもりでいる。

ところで、町への交通は、仙台からの高速バスのほか、東北本線大河原駅と結ぶバスの便もある。
本当はこれに乗って帰りたかったのだが、日曜日は本数が少ないので断念した。

2015-02-11

トークショー御礼

2月8日、秋葉原の書泉ブックタワーにて、『鉄道黄金時代 1970's』のトークショー(トークイベント)をやってきました。
小雨降るなか、約40人の方に来ていただきました。
私のホームページ、ブログを読んでいらっしゃった方もあり、感謝いたします。
恥ずかしながら、そのときの写真も掲載。ただし、小さく。

トークショー

東京の古い町、イタリアの小さな町(2人)はやったことがあるのですが、鉄道関係ははじめて。
みなさんが、あまりにも真剣に聞いてくれるので、最初のうちはかえって緊張してしまいました。

当日は、たくさんの写真を見せようとするあまり、いろいろと用意したエピソードを明かすのを忘れていました。
急行八甲田や十和田に乗ると、盛岡を過ぎたあたりで青函連絡船の乗船名簿が配られたとかなんとか。
もっとも、予期せぬところで笑いが出たりして、いろいろと勉強になりました。

最後に、偉そうにサイン会まで。

トークショーサイン会

当日は、編集者、営業担当がいる前で、続編を期待する声が多く出たのは有意義でした。

そうそう、会場には、本にも登場する中学鉄道研究会の1年先輩(高崎第一機関区に連れていってくれた人)が来てくれました。卒業以来、なんと40年ぶり!
昔のことがいろいろと思い出されて、しみじみとしたひとときでもありました。

2015-01-20

鉄道本トークショーのお知らせ

恥ずかしながら、昨年末に出した鉄道本『鉄道黄金時代 1970's ディスカバー・ジャパン・メモリーズ』についてのトークショーをすることになりました。

日時:2月8日(日)15時~
場所:書泉ブックタワー(東京・秋葉原)
https://www.shosen.co.jp/event/8930/

参加はもちろん無料です。定員は50人ほど。
まだまだ席は残っているそうなので、お時間のある方は暇つぶしにどうぞ。

名寄本線沙留付近

何を話すかはまだ決まっていませんが、スライドを使い、本に掲載しなかった写真も含めて、撮影裏話、当時の昔話をすることになると思います。
お聞きになりたいという奇特な方は、上記リンクから書泉に予約をしてくださいませ。

2015-01-01

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

大分・杵築

昨年後半は、新しい本の出版などで多忙となってしまい、なかなか更新できずに失礼しました。
イタリア旅行記も途中で、しかも昨年行った四国や九州の写真も紹介できていない状況ですが、気長にお付き合いくださいませ。

写真は、昨年訪れた大分県の杵築市です。

2014-12-20

『鉄道黄金時代 1970's』発売!!

イタリア旅行の報告の途中ですが、新刊のお知らせをいたします。
12月19日、拙著『鉄道黄金時代 1970's ディスカバー・ジャパン・メモリーズ』が発売になりました。

『鉄道黄金時代 1970's』表紙

────────
1970年。
大阪で万国博覧会が開催され、
それに続いて国鉄のキャンペーン「ディスカバー・ジャパン」が始まった。
駅には人びとを旅へ誘う新鮮なイメージのポスターが飾られ、
テレビでは「遠くへ行きたい」という番組が人気となった。

あのころ、私たちは何を見ていたのか。
本書は、まだ見ぬ「美しい日本と鉄道」を求めて日本中をさまよい歩いた鉄道探検記。
蒸気機関車を追い、ローカル線を乗りつぶし、森林鉄道やトロッコを発見。
当時の雰囲気をありのままに切り取った写真とともに、さまざまなエピソードか語られ、
過酷だけど楽しかった当時の旅が、いきいきとよみがえる。
ディスカバー・ジャパン時代の鉄道風景を1冊に。

いつでも撮れそうで、結局、撮り損なってしまった光景が、ここにあります。
模型にしたくなるような車両と駅の写真も豊富。

●目次
序章 鉄道趣味人の1970年代
第1章 国鉄
第2章 私鉄ローカル線
第3章 路面電車
第4章 森林鉄道・トロッコ・専用鉄道
終章 あの向こうには何があるんだろう?
────────
288ページの分厚い本に、数百枚もの写真と当時のエピソードをつづる文章があれこれ。
鉄道本に名を借りた一人の少年の成長物語でもあり、写真論でもあり、もしかすると思想書でもある、と本人は真剣に思っています。

安くはないのですが、重さは600グラム近くあるので、読後はダンベル代わりになります。
ぜひ、お手にとってご覧ください。

『鉄道黄金時代 1970's』カバー

発売を記念して、「日経ビジネスオンライン」に関連コラムを短期連載しています。
タイトルは、「高倉健の名作×鉄道マニア」。
健さんの映画を4本取り上げて、そこに出てくる鉄道の話題について書いています。
周囲の固い記事のなかにあって、完全に異彩を放っています。
合わせてごらんください。

第1回は「『駅 STATION』 衝撃のラストシーン
ラストシーンが衝撃だと感じるのは、一部の鉄道マニアだけかもしれませんが……。

2014-12-09

アオスタ: フェニスの古城と不思議なフランス語表記

また、間が空いてしまったけれど、イタリア旅行の続き。
でも今回は、前の記事でバールの城砦を紹介したついでに、2012年に訪ねたフェニス(Fènis)の城の話。
フェニスはアオスタから東へ10km強の距離にあり、アオスタとバールの中間くらいに位置している。

ここには14~15世紀ごろに原型ができたという城がある。
古い城の原型を保っているために、観光客にも人気が高い。

フェニスの城

アオスタとトリノを結ぶ鉄道からは少し外れているが、アオスタのバスターミナルからは直通のバスが走っている。
ここは、とくに地理的にも近いフランスからの観光客が多く、私が訪ねた2012年6月には、フランス人の団体客と遭遇した。

フェニスの城

写真でもわかるように、まるでおとぎの国にでも来たような外観が楽しい。
フェニスの村自体は、新しい家が建ち並んでいるだけの、なんの変哲もないところだが、そのなかにあって、ここだけが異次元の空間のように見える。

フェニスの城

残念ながら城の内部は撮影禁止だったのだが、予想に反して質素なものだった。
きらびやかなお城のイメージはまったくなく、どの部屋も素朴な感じで、ヨーロッパの田舎の庄屋さんの家という印象であった。
もっとも、昔はもう少し意匠を凝らした家具や絵画などが置かれていたのかもしれないが。
城のいわれについて、そのときにいろいろ学んだのだが、2年もたったら忘れてしまった……。

フェニスの教会

城は小さいので30分もあれば十分に回れる。
あとは、ぶらぶらと村のなかを散歩。すると、こんな教会があった。外面に壁画が大胆に描かれている。

フェニスで見た看板

そして、なによりも印象に残ったのがこれ。
村の施設を記した看板なのだが、この地方では当然のようにイタリア語とフランス語が併記されている。
ところが、なかにはどう見てもフランス語とは思えないものが交じっている。
下から3つ目、「area attrezzata」というイタリア語はあまり見たことがなかったが、「テラスのある区域」ということで、キャンプ場のことなのか。
それに対して、「tsantè de bouva」とは、全然フランス語っぽくない。

フェニスからヌスへ

いくら時間をつぶしても、次の帰りのバスまでには1時間以上あるので、鉄道駅のあるヌス(Nus)の町まで歩くことにした。
直線距離で1kmあまりだと思って、「軽いぜ」と思っていたら、遠回りの道しかなく、結局2km以上を歩くことに。
しかも、真夏の日差しが真上から照りつける時間帯だったので、かなり体力を消耗してしまった。

Nusは、イタリア語風に「ヌス」と発音するのも聞いたし、フランス語風に「ニュ」と発音するのも聞いた。
どちらにしても、地名にしては短すぎるので、文章のなかで埋もれてしまって聞き取りにくそうである。

駅は、前回のバールと同じく普通列車も半数以上が通過。
結局、いい列車がなく、30分おきに国道を走るバスに乗ってアオスタに帰って来た。

ヌスの町のなか

最後の写真は、ヌスの町で見かけた街路の標識である。
少なくとも、イタリア語でも標準フランス語でもなさそう。
アオスタのフランス語は、南フランスのオック語系(プロバンス語系)のものだと聞いたが、それなのだろうか。
語頭に「L」が重なるのは、バルセロナ近辺のカタルーニャ語やイギリスのウェールズ語で見たことはあったが、ここにもあるとは知らなかった。「Hopeutaill」は病院なのだろうか。
こんな発見もあるから、ぶらぶら旅は楽しい。

«フォトジェニックなバールの城砦

フォト

広告

最近のトラックバック


無料ブログはココログ